S-MAX

Pixel7

Google ストアで5Gスマホ「Pixel 7」や「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」を購入すると紹介した人とされた人に7千5百円割引クーポンをプレゼント


紹介コードを使ってGoogleスマホ「Pixel 7・6 Pro・5a (5G)」を購入すると紹介者と被紹介者に5,000円割引プロモーションコードがプレゼント!

グーグル(以下、Google Japan)が運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com/ )にて紹介コードを受け取った人が家族や友人などに紹介コードを共有し、紹介された人がその紹介コードを使って対象製品を購入すると、紹介した人と紹介された人がそれぞれGoogle ストアで使える7,500円割引クーポンが後日もらえる「紹介キャンペーン」を実施しています。

対象製品は5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」(ともにGoogle製)となっており、紹介コードの配布条件は明らかにされていませんが、これまでにPixel 7やPixel 7 Pro、Pixel 6aを購入した人だと見られ、対象者には「Google ストアで使える 7,500 円分の紹介特典をお友だちにプレゼント」というタイトルのメールで紹介コードが送られています。

紹介する人は1つの紹介コードで10回まで紹介でき、紹介コードの有効期限は2023年6月30日(金)までとなっており、5,000円割引クーポンはキャンペーン終了後10週間以内にメールにて送付されるとのこと。また届いたクーポンの有効期限は2023年9月30日(土)までとなっています。Google ストアでは今年2月にも同じようなキャンペーンを実施していましたが、新たに対象製品と割引額が変更された開始されました。

なお、現時点のGoogle ストアにおける価格(金額はすべて税込)はPixel 7の128GBが82,500円、256GBが97,900円、Pixel 7 Proの128GBが124,300円、256GBが139,700円、Pixel 6aが53,900円で、すでに紹介しているようにGoogle ストアでは11月18日(金)から「ブラック フライデー セール」が実施されます。なお、紹介してもらう人がいない場合は紹介コード「W0XAZOKXTONT9NW315SMUBW」をご利用ください。

続きを読む

Androidセキュリティーパッチ2022年11月分が案内!Googleスマホ「Pixel 4a」以降はソフトウェア更新が提供開始。7・6シリーズは不具合修正も


GoogleがPixelスマホ向け月次アップデート2022年11月分を提供開始!

Googleは7日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2022年11月分を告示しています。合わせて同社が開発・販売するスマホ「Pixel」シリーズにおいて2022年11月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、来週にかけて順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」、「Pixel 4a」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号はPixel 7とPixel 7 ProのVerizon(US)向けのみがブランチしていて「TD1A.221105.003」となっており、それ以外のPixel 7およびPixel 7 Proは「TD1A.221105.001」、他の機種は共通して「TP1A.221105.002」。またAndroid 13へのOSバージョンアップの対象となっている「Pixel 4」および「Pixel 4 XL」についてはセキュリティー更新のサポート期限が2022年10月までのため、少なくとも今回の2022年11月分については提供されていません。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、不具合修正や機能改善が含まれており、特にPixel 7シリーズでは特定の条件下で緑色のディスプレイがちらつくことがある問題および特定の写真編集機能を使うとアプリが強制終了することがある問題を修正や熱性能を改善するためのディスプレイ消費電力の最適化がされているほか、Pixel 6シリーズは特定のアプリのインストール中に消費電力が増加する問題を修正を修理しているということです。

続きを読む

Googleの新フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」を開封して外観や同梱品、基本機能などを写真や動画を交えて紹介【レビュー】


5G対応の新グーグルスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」をファーストインプレッション!

既報通り、Googleが5G対応の新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」を正式発表し、日本を含む1次販売国・地域では2022年10月13日(木)に発売しました。日本ではグーグル(以下、Google Japan)が運営する公式Webショップ「Google ストア」のほか、両機種ともにKDDI・沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」から販売されています。

販路はauショップやソフトバンクショップ、量販店、公式Webストア「au Online Shop」および「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアではPixel 7の128GBモデルが82,500円、256GBモデルが97,900円、Pixel 7 Proの128GBモデルが124,300円、256GBモデルが139,700円、auの直営店ではPixel 7の128GBが87,310円、Pixel 7 Proの128GBが134,900円、SoftBankの直営店ではPixel 7の128GBが88,560円、256GBが102,960円、Pixel 7 Proの128GBが131,760円、256GBが146,160円です。

なお、本体色はPixel 7がLemongrassおよびSnow、Obsidianの3色、Pixel 7 ProがHazelおよびSnow、Obsidianの3色がラインナップされており、各販路ともに各色が取り扱われていますが、Google ストアではPixel 7の256GBはObsidianのみ、Pixel 7 Proの256GBはSnowとObsidianのみ、auでは各色の128GBのみが販売されており、SoftBankでは各色ともに128GBと256GBが取り扱われています。

またauでは機種変更では「5G機種変更おトク割」で2022年11月30日(水)まで16,500円割引(通常は5,500円割引)、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)なら22,000円割引となります。なお、携帯電話サービス「UQ mobile」や「povo2.0」からの番号移行はMNPの割引額が適用されますが、「povo1.0」からの番号移行は機種変更となります。

さらに残価設定方式の販売方式「スマホトクするプログラム」の対象となっており、23ヶ月目に返却して特典を利用すると24回目の残価(Pixel 7:42,000円、Pixel 7 Pro:60,840円)が免除されて実施仏龕額はPixel 7が1,970円/月×23回(総額45,310円)、Pixel 7 Proが3,220円/月×23回(総額74,060円)となります。

一方、SoftBankではPixel 7 Proはソフトバンクオンラインショップなどでは「【オンライン限定】web割」によってMNPなら21,600円割引となるほか、販売方式「新トクするサポート」の対象で25カ月目以降に返却して特典を利用した場合の実質負担額はPixel 7の128GBが44,280円、256GBが51,480円、Pixel 7 Proの128GBが65,880円、256GBが73,080円、Pixel Watchが27,840円からとなっています。

その他、auでは2023年5月31日(水)までに購入して専用のキャンペーンWebページ( https://ponta-receipt.jp/article/14300 )から応募するともれなく「YouTube Premium」の6カ月分に相当する7,080ポイントをPontaポイントで還元します。またSoftBankでは購入して専用のキャンペーンWebページ( https://vdpro.jp/googlepixel7_7Pro_softbank.lp/ )から応募すると5,000円分の Google Play ギフトコードがもれなくもらえる特典を提供します。

なお、各販路ともにYouTube Premiumが3カ月無料となる特典( https://www.au.com/entertainment/youtubepremium/ )も提供しているほか、2023年5月31日までクラウドストレージサービス「Google One」を9カ月間無料で利用できるキャンペーン( https://www.au.com/mobile/campaign/googleone2022/ )も実施しています。

今回はPixel 7 Proを購入したのですが、まずはGoogle JapanよりPixel 7とPixel 7 Proの日本向け製品をお借りしたので、まずは両機種を開封して外観や同梱品、基本機能を写真や画像、動画を交えて紹介します。日本向け製品はGoogle ストアおよびau、SoftBankで共通となっており、Pixel 7が型番「G03Z5」、Pixel 7 Proが型番「GFE4J」でともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

続きを読む

Google、新フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」に最初のソフトウェア更新を提供開始!セキュリティー更新と不具合改善など


最新スマホ「Google Pixel 7&7 Pro」に最初のソフトウェア更新が提供開始!

Googleは13日(現地時間)、同社が「Made by Google」として展開する「Pixel」ブランドにおける新しい5G対応スマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」に対して最初のソフトウェア更新を2022年10月13日(木)より順次提供開始したとお知らせしています。

変更点は両機種を販売するauおよびSoftBankではセキュリティーアップデートとしているほか、それ以外にもより快適に利用するための改善内容が含まれているとしています。Androidセキュリティパッチレベルは発売時には「2022年9月5日」でしたが、更新後は「2022年10月5日」となります。

またビルド番号はGoogleの案内によると、日本向け製品では発売時に「TD1A.220804.009.A5」となっていますが、更新後は「TD1A.220804.031」となります。なお、更新ファイルサイズは71.60MBと小さめで、ソフトバンクでは更新にかかる通信料は無料となっているものの、できれば無線LAN(Wi-Fi)を利用したいところです。

続きを読む

グーグルの新スマホ「Pixel 7」や「Pixel 7 Pro」と初スマートウォッチ「Pixel Watch」をauとSoftBankも取り扱い!10月13日発売で価格も案内



既報通り、Googleは6日(現地時間)、同社が展開する「Made by Google」の新製品として5G対応のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」やスマートウォッチ「Pixel Watch」を正式発表しました。各製品ともに日本を含む1次販売国・地域では2022年10月13日(木)に発売され、すでに公式Webショップ「Google ストア」などにて10月7日(金)より予約注文が開始されています。

一方、これらの製品についてはGoogleからKDDI・沖縄セルラー電話やソフトバンクも取り扱うことが案内されていましたが、合わせてKDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、携帯電話サービス「au」においてPixel 7とPixel 7 Pro、アクセサリーブランド「au +1 collection」においてPixel Watch(Wi-Fi+Cellularモデル)、ソフトバンクは7日、携帯電話サービス「SoftBank」においてPixel 7とPixel 7 Pro、Pixel Watch(Wi-Fi+Cellularモデル)を取り扱うと発表しています。

ともにGoogle ストアと同じく10月13日に発売され、発売に先立って10月7日より予約受付を開始しています。本記事ではGoogle ストアやau、SoftBankにおける価格(金額はすべて税込)やキャンペーンなどによる割引・特典などについてまとめて紹介します。なお、Pixel Watchは他にもAmazon.co.jpやエディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、楽天ブックス、ヨドバシカメラ、ヤマダデンキといった量販店やECサイトでも販売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。