S-MAX

Pixel7Pro

Googleの新しい5G対応フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」が正式発表!10月13日発売で予約販売開始。価格は8万2500円から



Googleは6日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークのウィリアムズバーグにて新製品発表会「Made by Google Event '22」を開催し、同社が展開する「Made by Google」の新製品として独自開発したチップセット(SoC)「Tensor G2」を搭載する新しい5G対応のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」を正式発表しています。

日本を含む1次販売国・地域では2022年10月13日(木)に発売され、すでに同社の公式Webショップ「Google ストア」では予約注文が開始されており、価格(金額はすべて税込)はPixel 7の128GBモデルが82,500円、256GBモデル(Obsidianのみ)が97,900円、Pixel 7 Proの128GBモデルが124,300円、256GBモデル(SnowとObsidianのみ)が139,700円となっています。

また2022年10月16日(日)までに購入するとPixel 7は21,000円分、Pixel 7 Proは35,000円分のGoogle ストア クレジットがプレゼントされます。さらに対象スマホが最大61,500円で下取りできるとのこと。なお、アメリカでの価格Pixel 7が599ドル(約86,800円) から、Pixel 7 Proが899ドル(約130,300円)からとなっています。

日本で販売されるモデルはPixel 7が「G03Z5」、Pixel 7 Proが「GFE4J」となっており、ともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、G03Z5は5GのSub6のみ、GFE4Jは5GのSub6およびミリ波(mmWave)に対応しています。SIMはnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMで、Google ストアで販売されるのはメーカー版でいわゆる「SIMフリー」となります。

本体カラーはPixel 7がLemongrassおよびSnow、Obsidianの3色、Pixel 7 ProがHazelおよびSnow、Obsidianの3色で、純正ケースとして「Case-Mate Tough Clear Case」(2,899円)や「Bellroy Leather Case」(6,800円)も販売されます。なお、充電ケーブルやSIMピン、クイック スイッチ アダプターが付属しているとのこと。

新たに最低5年間のセキュリティーアップデートが実施されることが案内されました。その他、日本ではGoogle ストア以外にもPixel 7はKDDIとソフトバンクから、Pixel 7 Proはソフトバンクからも販売され、純正ケースなどのアクセサリーもKDDIとSB C&Sから販売される予定となっています。KDDIおよびソフトバンクにおける価格などについては各社から発表される見込みです。

続きを読む

グーグルがオリジナルポテトチップスが抽選で当たる「Google Original Chips キャンペーン」を実施!次期スマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」に合わせ


Google Original Chips が抽選で当たるキャンペーンが実施中!応募は9月23日まで

グーグル(以下、Google Japan)は13日、同社が展開する「Made by Google」の新製品として日本でも販売予定の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」(Google製)の登場を記念してオリジナルポテトチップス「Google Original Chips」が抽選で2000人に当たるキャンペーン( https://store.google.com/intl/ja/chips/ )を実施しています。

応募期間は2022年9月13日(火)から9月23日(金)まで。当選した場合には9月末に一次発送、10月上旬に二次発送が予定されているとのこと。昨年の「Pixel 6」および「Pixel 6 Pro」のときにも同様にGoogle Original Chipsがプレゼントされるキャンペーンが実施されていましたが、今年も実施されることになり、今年はPixel 7とPixel 7 Proの本体色に合わせて4つの味がまとめてもらえます。

味はクリーミーなカマンベール味「Snow Cheese flavor」とコク深いローストオニオン味「Hazel Onion flavor」、爽やかな塩レモン味「Salty Lemon flavor」、スパイシーなブラックペッパー味「Obsidian Pepper flavor」となっており、昨年と同様に松浦食品のOEM商品となっているということです。

応募時に「ニックネーム」を入力しますが、昨年はGoogle Original Chipsの袋に印刷されていましたが、今年は同梱されるメッセージカードに印字されるとのことで、ニックネームは大文字・小文字は問わない半角アルファベットのみ(ひらがな、漢字、カタカナ、数字、記号、 絵文字などは使えません)で最大20文字までとなっています。

なお、Pixel 7およびPixel 7 Proはすでに紹介しているように日本時間(JST)の2022年10月6日(木)23時から開催されるイベント「Made by Google Event」にて正式発表される予定で、Pixel 7やPixel 7 Pro以外にも同社初のスマートウォッチ「Pixel Watch」なども発表される予定となっており、それぞれ日本でも発売されることが明らかにされています。

続きを読む

Googleが新製品発表会を日本時間10月6日23時より開催!ライブ中継し、Pixel 7やPixel 7 Pro、Pixel Watchなどを正式発表。日本でも発売


Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 7・7 Pro」などが10月6日に正式発表に!

Googleは6日(現地時間)、同社が展開する「Made by Google」の新製品を発表するイベント「Made by Google Event」をアメリカ・ニューヨークのウィリアムズバーグにて現地時間(PDT)の2022年10月6日(木)10時より開催すると発表しています。イベントは同社が招待した一部のメディア関係者のみが参加でき、その他の人はオンラインによるライブ中継を視聴するように案内しています。

日本時間(JST)では10月6日23時から。イベントでは今年5月に開催した開発者向けイベント「Google I/O 2022」にてチラ見せした次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」や「Pixel 7 Pro」、スマートウォッチ「Pixel Watch」を正式発表するほか、スマートデバイス「Google Nest」からも新製品が発表されるということです。

ライブ中継はアメリカやイギリス、オーストラリアからは公式Webショップ「Google ストア」内( https://store.google.com/magazine/events )で視聴できるほか、日本などからは同社のハードウェア製品「Made by Google」の公式YouTubeチャンネル( https://youtu.be/v=2NGjNQVbydc )にて視聴でき、すでにGoogleカレンダーにイベントを追加できるようになっています。

なお、Pixel 7とPixel 7 Pro、Pixel Watchは日本でも販売される予定で、すでにGoogle ストアでは特設Webページも掲載されており、Pixel 7とPixel 7 Proについてはすでに紹介しているように米連邦通信委員会(FCC)による認証によると、恐らく日本向けはPixel 7が「G03Z5」、Pixel 7 Proが「GFE4J」でProのみがミリ波とUWBに対応しているものと予想されます。

続きを読む

Googleの次期スマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」と見られるGVU6CやG03Z5、GQML3、GE2AE、GFE4J、GP4BCの6型番がFCC通過


次期フラッグシップスマホ「Google Pixel 7・7 Pro」と見られる製品型番がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は16日(現地時間)、Googleの未発表な5G対応スマートフォン(スマホ)「GVU6C」および「G03Z5」、「GQML3」、「GE2AE」、「GFE4J」、「GP4BC」が2022年6月6日より順次認証を取得していることを公開しています。

FCC IDはGVU6CおよびG03Z5が「A4RGVU6C」、GQML3が「A4RGQML3」、GE2AEおよびGFE4Jが「A4RGE2AE」、GP4BCが「A4RGP4BC」。それぞれ未発表な製品ですが、恐らくGoogleが5月にチラ見せした次期フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」の各モデルとなると見られます。

また昨年のフラッグシップスマホ「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」でもPixel 6 ProのみがUWBに対応していることもあり、このうちのGE2AEおよびGFE4J、GP4BCの3モデル(型番)はUWBに対応してため、これらの3型番がPixel 7 Pro、残りのGVU6CおよびG03Z5、GQML3がPixel 7になるのではないかと予想されます。

さらに各モデルともにBluetoothやWi-Fi 6E(ax準拠のHE160)、NFC、ワイヤレス充電(WPT)に加え、2G(GSM方式)や3G(W-CDMA方式)、4G(LTE方式)、5G(NR方式)の携帯電話ネットワークにて認証を取得しており、Pixel 7のうちのGQML3とPixel 7 ProのうちのGE2AEやGFE4Jについては5Gのミリ波にも対応しています。

そのため、過去のPixel 6やPixel 6 ProのときのFCCなどから推測すると、G03Z5が日本向けPixel 7、GFE4Jが日本向けPixel 7 Pro、GQML3が北米など向けPixel 7、GE2AEが北米など向けPixel 7 Pro、残るGVU6CがPixel 7のグローバル向け、GP4BCがPixel 7 Proのグローバル向けになるのではないかと考え、日本向けは従来通りにおサイフケータイ(FeliCa)にも対応するのだろうと思われます。

続きを読む

Google、次期フラッグシップスマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」を予告!今秋発売予定で次世代Tensor搭載。外観や本体色を公開


グーグルが次期スマホ「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」をチラ見せ!

Googleは11日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州マウンテンビューのGoogle本社近くにあるショアライン・アンフィシアターにて2022年5月11日(水)から12日(木)までの2日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2022」( https://io.google/2022/ )の基調講演を行い、次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 7」および「Pixel 7 Pro」(ともにGoogle製)を開発していることを明らかにしました。

基調講演ではPixel 7およびPixel 7 Proを今秋に発売すると予告し、外観が紹介されたほか、同社が独自開発するチップセット(SoC)「Tensor」の次世代版が搭載され、スマホなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 13」がプリインストールされていることが説明されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。