S-MAX

SH-53A

NTTドコモ、iPhone 12シリーズやGalaxy Note20 Ultra 5G、AQUOS sense5Gなどを3月19日から契約変更(Xi→5G)で1万1000円OFFに


docomoの5Gスマホ12機種が3月19日から契約変更(Xi→5G)で1.1万円割引に!

NTTドコモは16日、5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」、「iPhone 12」、「iPhone 12 mini」、「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」、「arrows NX9 F-52A」、「LG VELVET L-52A」(デュアルスクリーン付き含む)、「AQUOS sense5G SH-53A」、「Xperia 5 II SO-52A」、「AQUOS R5G SH-51A」、「Galaxy S20+ 5G SC-52A」、「arrows 5G F-51A」の12機種を契約変更(Xi→5G)で2021年3月19日(金)より「5G WELCOME割」にて11,000円(金額はすべて税込)割り引くとお知らせしています。

現在も契約変更(Xi→5G)にてXperia 5 II SO-52Aは6,600円割引、AQUOS R5G SH-51AおよびGalaxy S20+ 5G SC-52A、arrows 5G F-51Aでは5,500円割引となっていますが、これらの機種では割引額が増額され、他の機種では新たに対象となってともに11,000円割引となります。なお、ドコモショップや量販店などのNTTドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ともに同額の割引となるとのこと。

ドコモオンラインショップでは契約事務手数料は無料。同社ではこれらの変更に伴ってドコモオンラインショップにてこれらの機種の契約変更(Xi→5G)における購入手続きが3月19日0〜10時までできないとのことですのでご注意ください。

続きを読む

NTTドコモ、5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」を2月5日より順次発売!価格は3万9600円で、MNPなら2万2千円OFF


docomo 5Gスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」が2月5日より順次発売!

NTTドコモは1日、昨年11月に発表した5Gに対応しつつも価格を抑えたミッドレンジスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense5G SH-53A」(シャープ製)を2021年2月5日(金)より順次発売すると発表しています。販路はドコモショップや量販店などの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など。

AQUOS sense5G SH-53Aは通常カラー(4色)に加えてドコモオンラインショップ限定カラー(3色)が販売されますが、通常カラーが2月12日(金)に発売され、ドコモオンラインショップ限定カラーが2月5日に発売され、発売に先立って通常カラーについてはドコモオンラインショップでは2月5日10時から、店頭では2月5日開店時から事前予約受付が実施されます。

ドコモオンラインショップ限定カラーは事前予約受付は実施されず、販売が開始される2月5日10時から購入手続きが行え、お届けは2月7日(日)から順次となっています。また通常カラーについてはドコモオンラインショップでは2月9日(火)10時から購入手続きが開始され、お届けは発売日以降順次となるとのこと。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では本体価格が39,600円(分割なら1,100円/月×36回)で、他社から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELLCOME割」によって22,000円割り引かれて17,600円(分割なら488円/月×36回)となっています。

さらに「AQUOS sense5G SH-53A 購入キャンペーン」が実施され、全販路で発売日から2月28日(日)までに購入して3月14日(日)までに専用Webページ( https://k-tai.sharp.co.jp/campaign/sense5gcp/docomo/index.html )にて応募した人全員にもれなくdポイント3,000円相当がプレゼントされるほか、購入した人全員に「AQUOS sense5G SH-53A使いこなしガイドブック」(なくなり次第終了)がプレゼントされます。

その他、NTTドコモでは購入時の注意事項として再起動や電源OFF後に起動中の画面でフリーズする可能性があるとし、購入後にソフトウェア更新を実施するよう案内しています。

続きを読む

NTTドコモの5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」を写真と動画で紹介!大容量電池や限定色含む7色展開【レポート】


ペールカラーが特徴の「AQUOS sense5G SH-53A」をチェック!

既報通り、NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、5Gに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)として「AQUOS sense5G SH-53A」(シャープ製)を発表した。発売時期は来春の予定となっている。

同社では今回から5Gに対応しながらもコストパフォーマンスの高い“スタンダードモデル”をラインアップしており、そのひとつにこのAQUOS sense5G SH-53Aも入っている。現時点では価格は未定だが、ハイスペックモデルではないため、およそ3万円~4万円台になる見込み。またスマホおかえしプログラムは対象外になる予定だ。

本記事では発表会同日にメディア向けに開催されたタッチ&トライ会場にてAQUOS sense5G SH-53Aの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。

続きを読む

NTTドコモ、5Gに対応したスタンダードスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」を発表!来春発売で、公式Webストア限定カラーも販売


docomo 5Gスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」が登場!

NTTドコモは5日、オンラインにて「2020-2021冬春 新サービス・新商品発表会 docomo collection 2020-21」を開催し、5Gに対応しつつも価格を抑えたミッドレンジスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense5G SH-53A」(シャープ製)を発表しています。

シャープから今年9月に発表されたスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの最新モデル「AQUOS sense5G」のNTTドコモ版で、昨年発売されて人気機種となった「AQUOS sense3」の後継機種のうちの5G対応製品となっています。また5Gスマホとしては価格を抑えているとされていますが、現時点では価格は未定となっており、5Gに非対応の「AQUOS sense4 SH-41A」や「AQUOS sense3 SH-02M」よりも若干高めになる見込みとのこと。

発売時期は来春を計画しており、2021年3月頃の発売予定となっているされ、発売が近くなった場合にドコモショップなどの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始される予定です。

続きを読む

シャープが9月11日10時から5Gスマホ発表会を開催!YouTubeにてライブ配信。S690搭載で低価格な5G対応AQUOSシリーズなどを発表か


SHARPが9月11日に新しい5Gスマホを発表へ!写真は今年2月のもの

シャープは3日、同社の公式Twitterアカウント( @SHARP_JP )にて2020年9月11日(金)10:00から「AQUOS新製品オンライン発表会」を開催すると告知しています。5G対応スマートフォン(スマホ)を発表するとし、発表会の模様は同社の公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/AQUOSPHONESharp )にてライブ中継され、奉読関係者向けの内容ではあるものの、一般の人でも閲覧できるようにするとしています。

Qualcommが今年6月に発表した5G対応チップセット(SoC)「Snapdragon 690」を採用するメーカーとしてシャープの名前を挙げており、シャープではここ数年はその年の後半にスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズを投入していることもあり、価格を抑えた5Gスマホなどを発表するのではないかと予想されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。