docomoスマホ「Xperia 1 IV SO-51C」や「Xperia 10 IV SO-52C」、「Xperia Ace III SO-53C」が登場!

NTTドコモは11日、同社の「2022年夏モデル」として新たにソニーの「Xperia」ブランドにおける最新機種であるフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV SO-51C」およびスタンダードスマホ「Xperia 10 IV SO-52C」、エントリースマホ「Xperia Ace III SO-53C」の3機種を発表しています。

発売時期はXperia 1 IV SO-51Cが2022年6月上旬以降、Xperia 10 IV SO-52Cが2022年7月上旬以降、Xperia Ace III SO-53Cが2022年6月中旬以降を予定し、発売に先立って各機種ともに5月12日(木)10時より事前予約受付を開始します。販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店ではXperia 1 IV SO-51Cが190,872円、Xperia 10 IV SO-52Cが64,152円、Xperia Ace III SO-53Cが34,408円で、各機種ともに残価設定方式の購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額はXperia 1 IV SO-51Cが110,352円、Xperia 10 IV SO-52Cが41,712円、Xperia Ace III SO-53Cが26,488円。

また発売を記念して各機種ともにキャンペーンが実施され、Xperia 1 IV SO-51Cと対象ソニー製イヤホン(WF-1000XM4またはLinkBuds)を対象期間内に購入・応募でdポイント10,000ポイントプレゼント、Xperia 10 IV SO-52Cとソニー製純正ケースを買ってdポイント3,000ポイントプレゼント、Xperia Ace III SO-53Cと対象ソニー製純正ケースを対象期間内に購入・応募でdポイント3,000ポイントプレゼントされます。

なお、Xperia 10 IV SO-52Cのラベンダーはドコモオンラインショップのみの取り扱いとなり、NTTドコモとソニーでは共同でXperia 10 IV SO-52Cのラベンダーを購入した機種代金の1%相当を新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応や命を救うさまざまな活動を行う日本赤十字社の活動資金として寄付するということです。

続きを読む