S-MAX

iOS

秋吉 健のArcaic Singularity:個性とプライバシーの狭間で揺れるロック画面。スマホの歴史からカスタマイズへのニーズやセキュリティーを考える【コラム】


スマホのロック画面について考えてみた!

みなさんはスマートフォン(スマホ)のロック画面を1日に何回見るでしょうか。ロック画面を見る回数≒スマホを操作する回数かもしれませんが、時にはロック画面に表示されるSNSやメールの通知のみを軽く確認して再び画面を消灯してしまうこともあるでしょう。

既報通り、Appleは6日(現地時間)、開発者向けイベント「WWDC 2022(Worldwide Developers Conference 2022)」を開催し、その基調講演においてスマホ向けOSの新バージョン「iOS 16」を発表しましたが、そのiOS 16の特徴の1つとして最初に紹介されたのがロック画面の仕様強化でした。

ロック画面のカスタマイズできる幅が広がり、より自分らしくデコレーションすることが可能になったほか、各種通知の表示方法なども選択できるようになる予定です。Androidスマホではすでにアプリでさまざまにカスタマイズが可能ですが、iPhoneではなかなか新鮮な機能です。

しかしながら、ロック画面をそこまでカスタマイズするメリットはあるのでしょうか。もしくはロック画面をカスタマイズしたいという需要が多かったということなのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はロック画面の歴史からカスタマイズの必要性やセキュリティについて考察します。

続きを読む

Apple、スマホ向け次期プラットフォーム「iOS 16」を発表!iPhone 8以降が対象で正式版が今秋登場。6s・7・初代SEやiPod touchは対象外


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 16」を発表!

Appleは6日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社にて開発者向けイベント「WWDC 2022(Worldwide Developers Conference 2022)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2021は現地時間(PDT)の2022年6月6日(月)から6月10日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 16」を発表し、まったく新しい方法でロック画面をカスタマイズできるほか、より安全かつ簡単なサインイン方法として「パスキー」が追加されたり、顔認証「Face ID」が横向きに対応したり、集中モードやファミリー共有などが機能拡張されたりするということです。

開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種はiOS 15とは異なり、iPhone 8シリーズ以降の19機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっており、iPhone 6sやiPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)、iPod touch(第7世代)は対象外となりました。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 15.5」や「iPadOS 15.5」を提供開始!Podcastなどの強化と不具合・脆弱性の修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 15.5とiPadOS 15.5をリリース!

Appleは16日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 15.5(19F77)」および「iPadOS 15.5(19F77)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 15およびiPadOS 15の対象機種である最新の「iPhone SE(第3世代)」や「iPhone 13」シリーズ、「iPad Air(第5世代)」を含むiPhone 6s以降およびiPod touch(第7世代)、iPad(第5世代)・iPad Air 2・iPad mini 4・iPad Pro以降の各製品にて無料で更新可能です。

変更点は「Apple Podcast」アプリやその他の機能が強化されているほか、様々な不具合の改善やセキュリティーの修正が行われており、脆弱性では「CVE-2022-26702」や「CVE-2022-26751」、「CVE-2022-26736〜26740」、「CVE-2022-26763」、「CVE-2022-26744」、「CVE-2022-26711」などの27項目の修正が行われています。

その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向け「watchOS」の最新バージョン「watchOS 8.6(19T572)」やスマートテレビ「Apple TV」向け「tvOS」の最新バージョン「tvOS 15.5(19L570)、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 12.4(21F79)」なども提供開始されています。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:モバイルOSウォーズ~iOSの逆襲~。世界的なiOSシェア上昇の背景や転機となったAppleの戦略を考える【コラム】


iOSのシェア復活について考えてみた!

仕事柄、筆者が常に心がけていることの1つに「知識のアップデートを怠らない」というものがあります。これまで常識だとか当たり前だと思っていたことが、いつの間にか古い情報になっていたり、陳腐化した技術になっていることが多々あるからです。

そしてここ数年、その信念であり教訓であることを感じさせる情報のアップデートがありました。iPhoneなどに搭載されている「iOS」のシェアが大きく伸び始めているのです。

「そうは言ってもどうせ国内の話だろう?」と思う人も多いかもしれません。しかしながら、これは世界規模で起きています。しかも今年や昨年に始まったことではなく4~5年前からの動きであり、いよいよその流れが確定的になってきたという段階なのです。

数年前までの「常識」からは理解しがたいiOSの逆襲は何がきっかけで始まったのでしょうか。そして今後はどのように推移していくと考えられるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は大きく回復し始めたiOSシェアとその回復理由などを考察します。

続きを読む

Apple、開発者向けイベント「WWDC22」をオンラインで6月6〜10日に開催!iPhone向け次期プラットフォーム「iOS 16」などを発表へ


Appleの年次イベント「WWDC22」が6月6日より開催!昨年に続いてオンライン開催に

Appleは5日(現地時間)、開発者向けイベント「Worldwide Developers Conference 2022(以下、WWDC22)」( https://developer.apple.com/wwdc22/ )を現地時間の2022年6月6日(月)から6月10日(金)までオンラインで開催すると発表しています。すべての開発者を対象に参加費無料で実施されます。

同社では引き続いて年次イベントであるWWDCを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響で今年もオンラインで開催することになったとしつつ、初日は開発者と学生のためのスペシャルデーとして人数を限定して基調講演とState of the Unionの動画をApple Parkで閲覧するイベントを実施するとのこと。

参加申込の方法などの詳細は近日中に公式Webサイトやアプリなどを通して案内されるということです。WWDC2022では過去2年間のオンライン開催の成功に基づき、iOSやiPadOS、macOS、watchOS、tvOSにおける最新のイノベーションを紹介すると同時に、開発者がAppleのエンジニアやテクノロジーを通して画期的なアプリなどを開発する方法を学べるとしています。

また世界中で開発に取り組んでいる学生を対象に「Swift Student Challenge」の今年度の応募受付も開始し、太平洋夏時間4月25日(月)23時59分(日本時間4月26日15時59分)までに「Swift Playground」の提出を受け付け、受賞者にはWWDC22のオリジナルウェアとピンバッジを贈呈するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。