S-MAX

iOS16

Appleが「iOS 16.1.2」を提供開始!iOS 16対応のiPhone 8以降の全機種が対象。iPhone 14シリーズの衝突事故検出最適化や脆弱性の修正など


AppleがiPhone向けiOS 16.1.2をリリース!

Appleは30日(現地時間)、iPhone向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 16.1.2(20B110)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は発売されたばかりの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」のほか、iOS 16へのOSアップグレードに対応しているiPhone 8以降やiPhone SE(第2世代)以降となっています。

変更点はワイヤレス通信事業者との互換性の改善やiPhone 14シリーズにおける衝突事故検出の最適化が行われているほか、重要なセキュリティー更新が含まれているということです。なお、CVEに登録されている脆弱性についても修正されていますが、詳細は近く公開する予定とされています。なお、現時点ではiPad向けプラットフォーム「iPadOS」における「iPadOS 16.1.2」はリリースされていません。

続きを読む

AppleがiPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 16.1.1」や「iPadOS 16.1.1」を提供開始!libxml2の脆弱性や不具合を修正など


AppleがiPhoneなど向けiOS 16.1.1とiPadOS 16.1.1をリリース!

Appleは9日(現地時間)、iPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」とiPad向けプラットフォーム「iPadOS」の最新バージョン「iOS 16.1.1(20B101)」および「iPadOS 16.1.1(20B101)」を提供開始したとお知らせしています。

対象機種はiOS 16およびiPadOS 16の対象機種である最新の「iPhone 14」シリーズや「iPad(第10世代)」、「12.9インチiPad Pro(第6世代)」、「11インチiPad Pro(第4世代)」を含むiPhone 8以降およびiPhone SE(第2世代)以降、iPad(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Pro(全モデル)の各製品にて無料で更新可能です。

変更点は不具合の修正およびセキュリティーアップデートとなっており、セキュリティーではリモートでアプリが突然終了されたり、任意のコードが実行されたりする可能性があるXMLのソフトウェアライブラリー「libxml2」における「CVE-2022-40303」とCVE-2022-40304」という2つの脆弱性に対処していることが案内されています。

なお、手元のiPhone 14 Pro Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。その他、パソコン「Mac」向け「macOS」の最新バージョン「macOS 13.0.1(22A400)」なども提供開始されており、同様に不具合の修正やセキュリティーアップデートが行われているということです。

続きを読む

Appleが「iOS 16.1」を提供開始!iOS 16対応のiPhone 8以降の全機種が対象。iCloud共有写真ライブラリなどの機能追加や不具合・脆弱性修正


AppleがiPhone向けiOS 16.1をリリース!

Appleは24日(現地時間)、iPhone向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 16.1(20B82)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は発売されたばかりの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」のほか、iOS 16へのOSアップグレードに対応しているiPhone 8以降やiPhone SE(第2世代)以降となっています。

変更点はiCloud共有写真ライブラリが導入されたほか、ライブアクティビティがサードパーティー製アプリに対応するようになっており、他にもさまざまな不具合の修正や重要なセキュリティー修正も含まれるとしており、CVEに登録されている多数の脆弱性に対応しています。なお、iOS 16.1以外にもスマートウォッチ向け「watchOS 9.1」やスマートテレビ向け「tvOS 16.1」、タブレット向け「iPadOS 16.1」、パソコン向け「macOS 13」も配信開始されています。

続きを読む

Appleが「iOS 16.0.3」を提供開始!iOS 16対応のiPhone 8以降の全機種が対象。不正メール受信後にアプリがクラッシュする問題などが修正


AppleがiPhone向けiOS 16.0.3をリリース!

Appleは10日(現地時間)、iPhone向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 16.0.3(20A392)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は発売されたばかりの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」のほか、iOS 16へのOSアップグレードに対応しているiPhone 8以降やiPhone SE(第2世代)以降となっています。

変更点は不正なメールの受信後にメールアプリが起動時にクラッシュする問題のほか、iPhone 14シリーズにおいてCarPlayでの通話中にマイクの音量が下がることがある問題、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで着信やアプリの通知が遅延または届かないことがある問題やカメラの起動やモード間の切り替えに時間がかかることがある問題が修正されています。

他にも重要なセキュリティー修正も含まれるとしていますが、CVEに登録されている脆弱性は上述のメールアプリの問題となる「CVE-2022-22658」のみが掲載されています。なお、iOS 16.0.3以外にもスマートウォッチ「Apple Watch」向けプラットフォーム「watchOS」の最新バージョン「watchOS 9.0.2(20R383)」も配信開始されています。

続きを読む

Appleが「iOS 16.0.2」を提供開始!iOS 16対応のiPhone 8以降の全機種が対象。コピー&ペーストのプロンプト表示問題や重要な脆弱性などが修正


AppleがiPhone向けiOS 16.0.2をリリース!

Appleは22日(現地時間)、iPhone向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 16.0.2(20A380)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は発売されたばかりの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」のほか、iOS 16へのOSアップグレードに対応しているiPhone 8以降やiPhone SE(第2世代)以降となっています。

変更点はアプリ間でコピー&ペーストした場合に許可を求めるプロンプトが想定より多く表示されることがある問題、初期設定中に画面全体が黒くなることがある問題、再起動後にVoiceOverが使用できないことがある問題、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで一部のサードパーティー製アプリを使用して撮影するとカメラが振動して写真がぼやけることがある問題などが修正されているとのこと。

また一部の修理済みのiPhone XやiPhone XR、iPhone 11の画面でタッチ入力が反応しなかった問題に対処しているほか、重要なセキュリティー修正も含まれるとしています。ただし、CVEに登録されている脆弱性は含まれていないとのこと。その他、スマートウォッチ「Apple Watch」向けプラットフォーム「watchOS」の最新バージョン「watchOS 9.0.1(20R8380)」も配信開始されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。