S-MAX

iPhone14Plus

Appleが「iOS 16.1.2」を提供開始!iOS 16対応のiPhone 8以降の全機種が対象。iPhone 14シリーズの衝突事故検出最適化や脆弱性の修正など


AppleがiPhone向けiOS 16.1.2をリリース!

Appleは30日(現地時間)、iPhone向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 16.1.2(20B110)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は発売されたばかりの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」のほか、iOS 16へのOSアップグレードに対応しているiPhone 8以降やiPhone SE(第2世代)以降となっています。

変更点はワイヤレス通信事業者との互換性の改善やiPhone 14シリーズにおける衝突事故検出の最適化が行われているほか、重要なセキュリティー更新が含まれているということです。なお、CVEに登録されている脆弱性についても修正されていますが、詳細は近く公開する予定とされています。なお、現時点ではiPad向けプラットフォーム「iPadOS」における「iPadOS 16.1.2」はリリースされていません。

続きを読む

楽天モバイル、iPhone 14・14 PlusやAQUOS sense6s、OPPO Reno5 Aを最大1万6900円値下げ!UN-LIMIT VIIとセットで最大2万4千円相当お得に


楽天モバイルがiPhone 14やiPhone 14 Plus、AQUOS sense6s、OPPO Reno5 Aを値下げ!

楽天モバイルは29日、同社が販売している5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」(ともにApple製)や「AQUOS sense6s(型番:SH-RM19s)」(Sharp製)、「OPPO Reno5 A(型番:CPH2199)」(OPPO Mobile Telecommunications製)の価格(金額はすべて税込)を2022年11月29日(水)より改定したとお知らせしています。

改定は同社の公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )および公式Webストア「楽天モバイル公式 楽天市場店」、楽天モバイルショップなどで実施されており、改定後の価格は単体購入を含めたすべての購入方法でiPhone 14の128GBが120,910円、256GBが135,900円、512GBが165,900円、iPhone 14 Plusの128GBが135,900円、256GBが150,900円、512GBが180,900円、AQUOS sense6sが33,700円、OPPO Reno5 Aが30,780円に値下げされています。

なお、同社ではiPhone 14およびiPhone 14 Plusは「iPhoneアップグレードプログラム適用で5,000ポイント還元キャンペーン」によって5,000ポイントが楽天ポイントで還元されるほか、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」とセットで購入する場合にiPhone 14およびiPhone 14 Plusは「iPhone 14 全機種発売記念キャンペーン」で16,000ポイントが還元され、さらに初めてRakuten UN-LIMIT VIIを契約する場合は3,000ポイントが還元されます。

またAQUOS sense6sおよびOPPO Reno5 AについてはRakuten UN-LIMIT VIIとセットで購入する場合には「Androidスマホ/Wi-Fiルーター割引キャンペーン」で16,000円割引となるほか、初めてRakuten UN-LIMIT VIIを契約する場合は3,000ポイントが還元されます。なお、初めてRakuten UN-LIMIT VIIを契約する場合の3,000ポイント還元はRakuten UN-LIMIT VIIの利用開始とRakuten Linkアプリから発信で10秒以上通話が必要となります。

続きを読む

NTTドコモ、iPhone 14シリーズからの音声通話で相手の声が聞こえない場合があると案内!ahamoやMVNOを含む3Gや非VoLTEなどが条件


docomo回線同士にてiPhone 14シリーズからの発信で相手の声が聞こえない問題が発生中!

NTTドコモは14日、5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」(ともにApple製)といったiPhone 14シリーズにおいてか特定の相手に発信した際に相手の声が聞こえない場合がある事象を確認したとお知らせしています。

特定の相手は3G(FOMA)対応機種を利用している場合や3Gエリアで3Gネットワークをご利用されている4G(Xi)対応機種を利用している場合、4G対応機種でVoLTE設定をOFFにしている場合、4G・5G対応機種で月額サービス「メロディコール」設定中の場合となっています。

また「留守番電話」と「転送でんわ」のガイダンスが聞こえない場合があるとのこと。なお、同社ではこの事象はiPhone 14シリーズの問題(不具合)によって生じているものではなく、音声発信の際に同社のネットワークとiPhone 14シリーズの間で正しく音声処理できない場合があるために発生するとしています。

なお、緊急通報には影響はなく、事象が発生した際は再度、通話をかけ直すように案内しているほか、NTTドコモのネットワーク側を修正することによって対応予定だということですが、修正時期などの詳細については現在検討中だということです。合わせて同社では対象の利用者には大変迷惑を掛けているとし、深く謝罪しています。

続きを読む

iPhone 14シリーズの動作確認がahamoやpovo、LINEMO、UQ mobile、Y!mobileで完了!eSIM含めて利用可能。各MVNOでは順次確認予定


ahamoやpovo、UQ mobile、LINEMO、Y!mobileなどのサブブランドやMVNOでiPhone 14シリーズは使える?

NTTドコモが昨年3月より提供しているオンライン専用の料金プラン「ahamo」の対応端末一覧を更新してAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」を追加しています。物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能だとのこと。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、携帯電話サービス「UQ mobile」および「povo」(povo 1.0およびpovo 2.0)におけるiPhone 14シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

さらにソフトバンクは9日、携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINMO」におけるにおけるiPhone 14シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

その他、携帯電話サービス「IIJmio」を提供しているインターネットイニシアティブ(以下、IIJ)などの仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社でも9月16日に発売されるiPhone 14およびiPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxの動作確認を発売日より順次行うとしています。

とはいえ、iPhone 14シリーズはすでに紹介している「eSIM クイック転送」に対応したという新しいトピックはあるものの、携帯電話ネットワークとしては特に大きな変更はないものと見られ、問題なく使えると思われます。また実際にすでに各メディアにて先行してiPhone 14シリーズの実機レビューが掲載され、特に特定の携帯電話サービスで使えないといった話もないですが、心配な人は各社の動作確認を待つことをオススメします。

続きを読む

AppleCare+の修理回数が無制限に改定!iPhone 14シリーズやApple Watch Ultra・Series 8・SE(第2世代)などの保証対象外修理料金を案内


iPhone 14やiPhone 14 Plus、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pr o Maxなどの保証対象外修理料金をまとめて紹介

既報通り、Appleが新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 14」および「iPhone 14 Plus」、「iPhone 14 Pro」、「iPhone 14 Pro Max」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 8」および「Apple Watch SE(第2世代)」、「Apple Watch Ultra」、完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro(第2世代)」を発表し、日本を含む1次販売国・地域では2022年9月16日(金)より順次発売されます。

またすでに[[紹介]]しているように発売に先立ってすでにAppleや量販店、NTTドコモやau、SoftBank、楽天モバイルなどにて予約受付が実施されており、各販路における価格をまとめて紹介しました。一方、Appleでは今回の新製品発表に合わせて有償保証サービス「AppleCare+」を改定し、これまで過失や事故による損傷に対してのサポートは12カ月間で2回まででしたが、これが無制限となりました。

さらにAppleではAppleCare+に加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。そこで、今回は保証対象外修理価格をAppleCare+の料金とともに紹介したいと思います。なお、金額はすべて税込となります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。