S-MAX

京セラも話題のAndroid搭載スマートフォンを出展!「Zio」やコンセプトモデルを揃えた京セラブースを振り返る

新たなコミュニケーションスタイルを提案するコンセプトモック

2010年10月5日(火)~10月9日(土)まで千葉県の幕張メッセで開催された「CEATEC JAPAN 2010」において、京セラのブースでは新たなコミュニケーションスタイルを提案するコンセプトモックや、北米向けのAndroid搭載スマートフォン「Zio(ザイオ)」、WiMAXやLTEの基地局などの展示が行われていた。画像を中心に京セラブースを振り返ってみる。
続きを読む

Windows Live HotmailのExchange対応で、iPhoneでプッシュメールが可能に【ハウツー】

Exchange対応などHotmailが大幅アップデート

S-MAXでは、iPhoneのExchange対応機能によって、GmailのメールをiPhoneでリアルタイムに受信する方法を紹介してきました。一方MicrosoftのWebメール「Windows Live Hotmail」も、機能拡張でExchangeによるメール受信に対応したため同じ方法が利用可能になりました。続きでは設定方法と使い勝手などを紹介します。

続きを読む

【初のおサイフケータイ搭載Androidスマートフォン「IS03」特集】


初のおサイフケータイ搭載Androidスマートフォン「IS03」特集

KDDIが2010年10月4日(月)に世界初のおサイフケータイ搭載シャープ製Androidスマートフォン「IS03(型番:SHI03)」を発表しました。おサイフケータイだけでなく、ワンセグや赤外線通信機能、EZwebと同じ@ezweb.ne.jpのメールアドレスなど一般的な携帯電話が備えた機能を多数搭載し、1台目としても使えるような製品となっています。本特集では、“Android au”と銘打った日本市場に適応させた「IS03」について紹介していきます。
続きを読む

CEATEC JAPAN 2010:会場を彩ったコンパニオンさん特集

20
CEATEC JAPAN 2010 この綺麗な人は誰なの?

2010年10月5日(火)~10月9日(土)まで千葉県 幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2010は、総来場者数181,417、最終日の土曜日は雨にも関わらず32,576人の来場があったようです(CEATEC JAPAN 2010ニュースリリース)。

今回は、CEATEC JAPAN 2010の会場を華やかに彩ったコンパニオンさん特集をお届けします。

続きを読む

スマートフォンも充電OK!「FOMA 補助充電アダプタ 02」を試す【レビュー】


純正の周辺機器は、やっぱり安心!


NTTドコモは、ドコモショップなどで「FOMA 補助充電アダプタ 02」(以下、本製品)という純正オプション品を発売開始しています。従来から販売されていた「FOMA 補助充電アダプタ 01」(以下従来品)の後継製品で、外出先などのACアダプタが使えない環境におけるFOMA端末のバッテリーを充電するための機器です。

本製品は従来品と比べて、一体、何が変わったのでしょうか?変わらない点も含めて、詳しく紹介していきたいと思います。続きを読む

「LG Optimus GT540」にAndroid 2.1ファームウェアを導入してみた【レビュー】

GT540_top
なぜかGT540のEclairファームウェアが流出?

先日、LGエレクトロニクスのAndroidスマートフォン「Optimus GT540」を紹介しました。そんな中、TwitterにてGT540のAndroid 2.1に対応したファームウェアが出回っているという話を見つけました。

早速調べてみたところ、それらしき物を発見したので、さっそく導入してみました。

今回はAndroid 2.1版ファームで変更されたポイントを紹介していきます。

続きを読む

東芝がアップルに対抗!?10.1インチのディスプレイとAndroidを搭載したタブレットPCを動画で紹介

Androidを採用した東芝製のスレート型タブレットPC

10/9まで千葉県の幕張メッセで開催している「CEATEC JAPAN 2010」の東芝ブースでは「スレート型のタブレットPC」として、ヨーロッパや中東を中心に発売する予定のタブレットPC「FOLIO 100」を参考出品している。
続きを読む

すぐに商品化できる!?ドコモ、「イオン発生機能」を搭載した携帯電話と充電台をデモ

イオン発生機能ケータイとはどんなものなのか?

10/5より千葉県の幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2010」のNTTドコモブースでは、イオンを発生する機能を搭載した携帯電話機と携帯電話用の充電台を参考出品し、デモンストレーションを行っている。GALAXYや3D、ARなどの展示コーナーに比べ地味ではあるが、製品の見た目や機能が分かりやすいため年齢や業種を問わず来場者が思わず足を止め体験していく様子が多く見受けられ、密かに注目を集めている。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。