2585a1f9.jpg

iPhone 4をドコモ網で使いたい人には朗報。ついに正式発表!

日本通信は、アップルのSIMロックフリー版「iPhone 4」向けのmicroSIMカード「talking b-microSIM プラチナサービス」および「b-microSIM U300を2010年8月23日(月)に発表しています。

海外で販売されている“SIMロックフリー版”の「iPhone 4」に装着することで、NTTドコモのFOMA網を使って通話やデータ通信などが行えます。販売時期などについては、8月26日(木)から予約登録した人から順次案内するとのこと。
talking b-microSIM プラチナサービスは、定額データ通信サービスが月額5,280円で、無料通話分1050円をセットにしたプランが月額6,260(5,280+980)円となっています。通話料金は、21円/30秒。

また、b-microSIM U300は、1ヶ月版2,980円、6か月版14,900円、1年版29,800円のプリペイドサービスとなっており、通話はできないものです。

ともに、パソコンに接続して、パソコンでデータ通信を行う“テザリング”もサポートしています。通信速度は、b-microSIM U300は、上下最大300Kbps、talking microSIMは、無制限となるためiPhone 4の製品仕様から下り最大7.2Mbps/上り最大5.8Mbps(ただし、アプリごとに最適化した通信速度したもので、テザリングについては上下最大300Kbpsとなる)。UstremaやYoutubeなどのストリーミングにも対応しており、App Storeからのアプリのダウンロードなど、一通りの機能が利用できるということです。

SIMロックフリー版「iPhone 4」でも国内の電波法をクリアする認定を通しており、認定を受けたことを示す“技適マーク”がソフトウェアで表示できるため、利用可能となっていることから販売することになったとのことです。

ただし、ソフトバンクモバイルの「iPhone 4」はロックがかかっているのでそのままでは使えないので注意しましょう。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
iPhone 4やiPadをドコモ回線で使える!日本通信が「microSIM」を今月中に発売 - S-MAX - ライブドアブログ
アナタのiPhone 4は初期ロット?技適マークで分かる生産ロットの違い【コラム】 - S-MAX - ライブドアブログ
talking b-microSIM(トーキング・ビーマイクロ・シム)プラチナサービス」
talking b-microSIM | これからのケータイは端末から選ぶ時代。(iPhone専用プラチナサービス)
b-microSIM U300 | これからのケータイは端末から選ぶ時代。
アップル - iPhone - 携帯電話、iPod、インターネットデバイスがひとつに。