Androidで節電するには?

Android端末を使用している方もほんの少しの設定変更やこまめに「オン」「オフ」をすることでバッテリー消費を抑えることができます。

バッテリーの消費を最小限に抑えることは充電の節約にもなりますし、バッテリーを長持ちさせることにもつながるので今まであまり気にしていなかった細かいことからバッテリーの消費を少なくして節電してみましょう。

『ディスプレイ』
ディスプレイの明るさを調整します。
明るさを自動調整での設定にすると暗い場所で明るくなり見やすくはなりますが、その分バッテリー消費は多くなります。

『省電力・自動ロック』
端末によって名称や設定時間が異なる場合がありますが、短い時間の設定にすればバッテリー消費は少なくなります。
使い終わったら常に手動でロックをするようにすることが一番よいと思います。

『インフォメーションライト』
不在着信、メールなどのLEDライトでのお知らせ設定を最小限のものだけにするだけでも効果的です。
お知らせライトに気がつくまでの間、バッテリーは消費し続けます・・・。

『GPS』
使用しないときは「オフ」にしましょう。

『Wi-Fi』
Wi-Fiを使用しないときは「オフ」にしましょう。

『Bluetooth』
起動したままの状態の方も多いですが、使用しないときは「オフ」にしましょう。
「オフ」にしないと常に接続する相手の端末を探し続けるのでバッテリー消費は多くなります。

『同期』
カレンダーやメールなどをバックグラウンドで更新しています。
必要な物を必要なときに同期や更新することでバッテリー消費を抑えることができます。

『起動中アプリの確認』
使用していないアプリを終了させることもバッテリー消費を抑えることができます。

端末の設定機能から「オン」「オフ」もできますが、面倒な場合はワンタッチで「オン」「オフ」できるアプリを使って使用しない機能はワンタッチで「オフ」にすることでバッテリー消費の多いAndroid端末もバッテリーを節約することができます。
端末に明るさ、GPS、Wi-Fi、Bluetoothなどのウィジェットがある場合はホーム画面に配置して使用したり、AndroidマーケットでGPS、Wi-Fiなどの単語で検索することもできます。

バッテリーへの負担を軽減することでバッテリーを長く使用することもでき、節電にもなるので今まで気にしていなかった方も使うときに「オン」、使わないときには「オフ」という使い方に切り替えてみませんか。

記事執筆:にゃんこ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter