ab811467.jpg

Windows 7ケータイ FMV LOOX F-07Cをムービーで紹介!

既報の通り、NTTドコモは16日、「2011年夏モデル 新商品・新サービス発表会」を行い、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のWindows 7 Home Premium (32bit)と通常の富士通製ケータイ同様のMOAP(S)をデュアル搭載した「Windows 7ケータイ FMV LOOX F-07C」(以下、Windows 7ケータイ)を発表した。

通常の富士通製ケータイと同じSymbianOSベースのMOAP(S)によるケータイモードと、パソコンと同じWindows 7 Home Premium (32bit)によるWindows 7モード(パソコンモード)というデュアルOSを搭載した機種となる。普段は、ケータイモードでメールや通話などを行い、必要に応じてパソコンモードを起動して利用するというスタイルを採用し、ケータイとパソコンの中間の存在として人気となっているスマートフォンとは、まったく別路線のモデルといえよう。

今回は、このWindows 7ケータイの動作ムービーを紹介していく。

では、早速、動画で動作状況を見ていこう。



今回は、Windows 7ケータイの展示機が3台と少なく、同時に非常に注目度の高い機種だったこともあり、かなり並んでタッチ&トライをするという状況だったこともあって、動作ムービーとしては短めとなっているが、切り替えは、4~5秒程度とそれほど待つといった印象ではなかった。

トラックボールによるポインタ操作も快適で、標準の表示サイズでは、動きが追いきれないほど。重い処理をするともたつくところもあったが、ある程度は、操作できそうだ。

この辺りは搭載CPUがAtom 1GHzを採用しているのだが、常時半分以下の600MHzで動作させていることにも起因しているだろう。これは放熱やバッテリーの持ちなどに鑑みて、クロック数を下げて動作させているそうだ。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では別途、Windows編にてWindowsエクスペリエンスなども紹介していく予定だ。

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
NTTドコモ、スマートフォン9機種やWindows 7ケータイを含む「2011年夏モデル」24機種を発表 - S-MAX - ライブドアブログ
NTTドコモ、Windows 7とケータイをデュアル搭載した「Window 7ケータイ F-07C」を発表 - S-MAX - ライブドアブログ
フルPC「Windows 7」を搭載したNTTドコモ「Windows 7ケータイ FMV LOOX F-07C」を写真で速攻チェック!【外観編】 - S-MAX - ライブドアブログ