2f7dbe34.png

ドコモの公衆無線LANサービスは通信品質の高さが魅力

携帯電話各キャリアの公衆無線LANサービス比較企画の第3回はNTTドコモの「公衆無線LANサービス」を実際に設定してみます。

NTTドコモの「公衆無線LANサービス」が10月からはキャンペーンで無料で使えて、パソコンやスマートフォン等様々な方法で申し込みが出来ることを前回紹介しましたが、今回は設定の方法と、実際の使い心地について紹介します。

●ID・パスワードの確認

「公衆無線LANサービス」を申し込むと、SSID(docomo)とWEPキーを知ることができます。ただし、使用するためにはID・パスワードが必要なので、それを確認する必要があります。ここではspモードの公衆無線LANオプション契約の場合のID・パスワード確認方法を紹介します。

313219e6.png


まずはドコモマーケットの画面で「お客様サポート」を選択し(画面左)、「spモード」の「spモードに関する設定内容の変更・確認はこちら」の「こちら」をタッチします(画面右)。なお、この手順はWi-Fiを切ってFOMA回線の3G通信で行って下さい。

97cb8c95.png


spモードの設定画面が現れます(画面左)。画面の下へと移動すると「公衆無線LAN設定」が表示されるので(画面右)、そこをタッチします。

4eaaf471.png


公衆無線LAN設定画面で「確認」をタッチします(画面左)。すると公衆無線LAN IDとパスワードを確認できます(画面右)。spモードのIDは「xxxxxxxx-spmode@docomo(xx…は英数字8文字)」で、パスワードは英数字8文字です。また、設定画面ではID・パスワードの変更や、サービスの利用停止もできます。

●WEPキーの設定

d09f3131.png


では、実際に使ってみましょう。街で「Mzone」のマークがあるエリアに入ったらスマートフォンのWi-FiをONにしてみましょう。SSID「docomo」が検出されますので、WEPキーを入力します。

●公衆無線LAN ID・パスワードの設定

8b480c23.png


このままではまだ公衆無線LANを使えません。まずブラウザを立ち上げると、公衆無線LAN ID・パスワードの入力画面が出てきます(画面左)。まずは「選択して下さい」で「spモード」を選択します(moperaUの人はmoperaUを選択して下さい)(画面右)。

aaf5d4a2.png


先程確認した公衆無線LAN ID・パスワードを入力すると(画面左)、中央の画面になって公衆無線LANが使えるようになります。なお、左の画面で「次回からユーザID/パスワードの入力を省略」にチェックを入れると、次回から最大30日間ユーザID・パスワードの入力無しで、ワンタッチでログイン可能になります(画面右)

以上がドコモの「公衆無線LANサービス」の設定方法ですが、いちいちブラウザを立ち上げないとログインできないので若干手間がかかります。ユーザID・パスワードも30日ごとに入力し直さねばならないのは非常に不便です。auはウィジェット化してログインを簡単にできるようにするなど工夫をしていますが、ドコモは気軽に使うにはまだ敷居が高いように思えます。ユーザID・パスワードの確認方法も若干煩雑です。また、ブラックベリーに関しては端末での申し込みやユーザID・パスワードの確認ができないという問題もあります。設定・ログイン方法に関してはまだ改善の余地があると言えそうです。

●使い心地は?

ドコモの公衆無線LANサービス最大の魅力は、通信品質と言えるでしょう。速度的にも大きな不満無く使えますし、駅のホームの端や柱の陰などでなければ、ほぼ途切れずに通信することが出来ます。筆者は仙台市内在住で、仙台市営地下鉄の駅ホームや、スターバックスコーヒー、タリーズコーヒー、ロッテリアなどでよく利用していますが、途切れずに高速通信を使えるのは非常にありがたいです。ソフトバンクは途切れやすいアクセスポイントも散見されるだけに、ドコモの通信品質の安定ぶりは素晴らしいと言えるでしょう。

ドコモの公衆無線LANサービスは、アクセスポイント数が少ない、設定・ログイン方法がやや煩雑という問題点がありますが、繋がる場所では途切れずに安定性の高い通信が出来ることが大きな魅力です。ただ、その魅力が伝わりきっていないようにも思えます。「au Wi-Fiスポット」「ソフトバンクWi-Fiスポット」のような分かりやすいサービス名が付いておらず、「Mzone」というマークがあっても、それがドコモの公衆無線LANスポットであると認識できない人もいるかと思います。

今後はアクセスポイントを増やすと共に、より分かりやすいサービス名称に変更し、設定やログインの方法を簡単にして、より多くの人に「公衆無線LANサービス」を使ってもらえるような改善が必要であると思います。

次回以降はau、ソフトバンクの公衆無線LANサービスを詳しく取り上げます。




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter