29e73c94.jpg

新しいiPadで利用可能になるのか?次世代iPhoneも対応!?

ソフトバンクモバイルは2日、現在提供中のTDD-LTE規格に互換性にあるAXPG規格によるデータ通信サービス「SoftBank 4G」に加え、FDD-LTE規格による次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始すると発表しています。

また、次世代高速データ通信サービス対応のスマートフォン向けに月額5,985円のパケット定額サービスを提供予定ということです。

ただし、毎月の利用データ量が7GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信最大128Kbpsに制限する予定とのこと。別途申し込みすることで、7GB超過後も2GBごとに2,625円を支払うことで制限なく利用することも可能となる予定です。
次世代の高速データ通信サービスは、AXGP(Advanced eXtended Global Platform)に加え、新たにFDD-LTE(Frequency Division Duplex Long Term Evolution)を展開するとのこと。FDD-LTEを利用した高速データ通信サービスは、2012年秋以降にネットワークの稼働を予定し、対応エリアは全国の主要都市から順次拡大していくそうです。

FDD-LTEサービスは、開始当初、2.1GHz帯の5MHz幅を利用して、最大通信速度が下り37.5Mbps/上り12.5Mbpsになる予定だという。

ソフトバンクでは、今後、次世代の高速データ通信サービスに対応するスマートフォンのラインアップを充実させていく予定とし、すでに発売済みのLTE対応デバイス「新しいiPad(第3世代iPad)」についても周波数帯の問題もあり、ソフトバンクのFDD-LTEに対応するかどうかは未定で、対応する新機種なども含め詳細については今後あらためて発表する予定。

FDD-LTEサービスでは、タブレット端末などにも同額の定額月額5985円での利用料金で提供する予定だということです。

なお、AXGPを利用した高速データ通信サービスは現在、札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市およびその周辺都市でサービス提供しており、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率を99%まで拡大する予定となっています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
次世代高速データ通信サービスのスマートフォンへの展開について | ソフトバンクモバイル株式会社