リストバンド型活動量計「Fitbit Force」がSoftBank HealthCareにて提供へ!

ソフトバンクモバイルは3日、スマートフォン向け健康管理「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」に新デバイス「Fitbit Force」を2014年1月中旬以降に追加すると発表しています。

SoftBank HealthCareではこれまでリストバンド型活動量計として「Fitbit Flex」を提供してきましたが、今回追加されるFitbit Forceは歩数や距離、消費カロリー、睡眠時間に加えて、高度計を搭載したことで上下の動きも測定できるようになります。

また、新たにディスプレイを搭載し、測定データや時刻を手軽に確認することができるようになっています。

なお、同社では、Fitbit Forceの提供についての料金や発売日などの詳細を後日案内するとのことで、SoftBank HealthCareの公式Webページにて、本日からFitbit Force発売お知らせメール(発売日に送信)の登録を受け付け開始したということです。

02


Fitbit Forceは、3軸センサーなどを用いて、歩数や距離、消費カロリー、睡眠時間などを測定できるリストバンド型活動量計です。新たに高度計(気圧計)を搭載することで、上り坂や階段といった負荷の高い動きについてそれに合わせた活動量が算出されるようになっています。

また、有機EL(OLED)ディスプレイも搭載し、測定データや時刻を手軽に確認することができるようになったほか、近日対応としてスマートフォンなどの着信通知も受けられるようになるということです。

海外(米国)では10月に発売開始されており、カラーバリエーションもブラックとスレートの2色が用意されていますが、SoftBank HealthCareではブラックのみが提供されるということです。防水対応となっており、軽い水しぶきや水深1メートル未満までは大丈夫なようです。

【Fitbit Forceでできること】
・歩数
・上った階段の段数
・移動した距離
・消費カロリー
・運動した時間
・睡眠時間
・睡眠の質
・時刻
・着信通知(近日対応)

03


なお、2013年12月5日(木)~7日(土)に東京ビッグサイトで開催される日本最大のスポーツ・健康施設活性化のための専門展・カンファレンス「SPORTEC 2013」のソフトバンクモバイルブースにて、Fitbit ForceやFitbit Flex、そして、すでに発表済みの3G対応体重計「スマート体組成計 SoftBank 301SI」(2014年2月中旬以降発売予定)とともに展示するとしています。

◯主な仕様
カラーブラック
電源リチウムイオン充電式電池
連続使用期間7日間
Bluetooth規格Bluetooth® 4.0
ディスプレー有機ELディスプレー搭載
計測データおよび時刻を表示
計測できる健康データ歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間、上った階数


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
スマートフォン向け健康管理「SoftBank HealthCare」に「Fitbit Force」を追加 | 企業・IR | ソフトバンク