shimajiro@mobiler

Googleブランドのスマートフォン(スマホ)として販売されている「Nexus 5」。国内ではGoogleの直営Webストア「Google Playストア」に加え、イー・アクセス(イー・モバイル)からも販売されており、どちらもSIMロックのかかっていないSIMフリーとなっている。

今回、このNexus 5(イー・モバイル版)でフィリピンの通信事業者「SMART」のプリペイドSIMを使ってみたので紹介しようと思う。結論から示すと、LTEでの通信およびテザリングが可能だった。上記写真はNexus 5をSMARTのプリペイドSIMを使ってLTE接続を確認したものとなる。

使用したプリペイドSIMカードは、SMARTの音声用のプリペイドSIMでLTE対応のもの。SMARTの音声用プリペイドSIMカードの定価は40フィリピンペソ(約100円)だった。

02
使用したSMARTのプリペイドSIMとチャージ用カード


プリペイドSIMに含まれる初期残高ではLTE用のプランに登録することができないため、チャージカードを使ってチャージを行う。

チャージ方法は「1510+チャージカードの裏面に記載されているPIN」で、チャージカードの裏面に記載されている番号が12345 6789 12345だと、「151012345678912345」宛に発信する。

正常にチャージが完了したら、LTEプランへの登録を行う。LTEプランへの登録はSMSを利用する。

SMARTのLTE登録用のSMSは「2200」宛に「LTE 50」など、各種プランに合わせて「50」の部分を変更して送信する。

◯LTEプランの登録方法
【宛先】
2200

【本文】
LTE 50/1日プラン
LTE 299/7日間プラン
LTE 995/30日間プラン

03
2200宛に「LTE 50」でプラン登録


正常にLTEプランへの登録が完了すると、登録完了を通知するSMSが届く。まれに、SMS内容には問題が無くてもエラーになって帰ってくることがあるけれど、その際は何度かSMSを再送すると正常に受付がされる。

04
正常にLTEプランの登録が完了


SMARTのプリペイドSIMでのLTE接続は、プラン登録完了後すぐに利用可能となるのが嬉しい。なお、SMARTのLTEに接続するためのAPN設定は以下の通り。
APN:smartlte
ユーザ名:空白
パスワード:空白


Nexus 5ではいくつかのAPNが自動的に読み込みされ、その中に「smartlte」のAPN設定が含まれていたので、APN設定などに慣れていない人でも安心かなと思う(APNが自動的に降ってくる機種は少なくないものの、LTE接続用のAPNが降ってくる端末は珍しいと思うので……。)。

自分が把握している範囲ではSMARTの音声対応のプリペイドSIMでのLTE接続用のAPNは「smartlte」のみで、それ以外のAPNではLTE以外には接続が可能なものの、LTEへの接続が可能なのうは「smartlte」のみの認識だ。

05
APNは「smartlte」が自動的に読み込みされる


なお、テザリングについても問題なく利用可能だった。

06
テザリングも利用可能


冒頭でも紹介したように、Nexus 5は国内でもGoogle Playストアにて単体で販売されているほか、イー・モバイルからも販売されているので、日本国内でも非常に入手しやすいSIMフリースマートフォンで、イー・モバイルで発売されていた「EMONSTER」などの機種と同様に「最初からSIMフリー」の仕様となっているため、SIMロック解除に伴う手数料の発生やSIMロックを解除しても一部機能(テザリング)が海外SIMでは使えないなどの心配がないのは嬉しいところだ。

Google PlayストアでのNexus 5販売ページは以下より。
Nexus 5 – Google

イー・モバイルオンラインストアでのNexus 5販売は以下より。
Nexus 5 ARROWS S | イー・モバイルオンラインストア
07

記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
Nexus 5をフィリピン SMARTのプリペイドSIMで使用/LTE通信&テザリングが利用可能 | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ