S-MAX

shimajiro

前面QWERTYキーボード搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEY2」がau SHINJUKUやビックカメラなどで実機展示中!ビックカメラはポイント1%還元に


shimajiro@mobiler

既報通り、TCLコミュニケーションの正規代理店であるFOXは31日、今夏に発売予定としていた前面下部にQWERTY配列のハードウェアキーボードを搭載したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEY2」を2018年9月7日(金)に発売する。

また発売に合わせて予約受付が行われており、東京・新宿にある「au SHINJUKU」などのau直営店やビックカメラ主要店舗、そして東京・銀座にあるFOXのショールーム「caseplay HINKA RINKA 銀座店」にて実際にタッチ&トライできる状態でBlackBerry KEY2が実機展示されている。

価格(税別)は内蔵ストレージが64GBで本体カラーがシルバー(Silver)のモデル(型番:BBF100-8)が79,800円、内蔵ストレージが128GBで本体カラーがブラック(Black)のモデル(型番:BBF100-9)が89,800円だが、ビックカメラではポイント1%還元となっていた。

続きを読む

NTTドコモの最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9 SC-02K」が一部量販店で実質0円!8月末まで店舗特別割引で5万6375円OFFに。特別な条件はなし


shimajiro@mobiler

NTTドコモの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9 SC-02K」(サムスン電子)が一部量販店にて機種変更で本体価格を特別割引56,500円OFFとして実質0円で販売している。期間は当初は8月17日までだったが、確認した東京都内のヨドバシカメラでは8月末までに延長されていた。

Galaxy S9 SC-02Kは今年5月18日に発売されたハイエンドモデル「Galaxy S9」のNTTドコモ版で、好評だった昨年の「Galaxy S8」を踏襲しつつ、各種スペックアップに加えてリアカメラがF1.5とF2.4の絞り切り替えに対応するなど、よりカメラ機能が強化されている。

そんなGalaxy S9 SC-02Kだが、昨年のGalaxy S8 SC-02Jも比較的早くから安売りされており、同様にハイエンドモデルながら夏が終わらない段階で実質0円まで割り引かれており、このタイミングで機種変更をする人にはオススメできる機種となっている。

続きを読む

外音を聞きながら音楽が聴けるデュアルリスニング対応完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」を約2カ月使った感想を紹介!メッセージ・SNSの通知読み上げが便利【レビュー】


shimajiro@mobiler

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)から4月21日に発売された音声アシスト機能に対応した完全ワイヤレスイヤホン型スマートデバイス「Xperia Duo Ear(型番:XEA20)」。専用の音声アシスト機能のほか、Google アシスタントやLINE Clova、Siriに対応する。

また外音がそのまま聴こえつつ、音楽なども同時に聴ける「デュアルリスニング」に対応しているのも特徴となっている。そんなXperia Ear Duoを発売から約2カ月間ほぼ毎日使ってみたのでレビューしたいと思う。

続きを読む

NTTドコモのトリプルカメラ搭載フラッグシップスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」が機種変更でも3.4万円割引で実質約2.6万円に!都内の家電量販店でキャンペーン


shimajiro@mobiler

背面には3つのカメラ「トリプルカメラ」が搭載され、今夏の注目機種のひとつとなっているHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro」だが、日本ではNTTドコモ専売で6月15日から販売されている。

価格は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では本体価格は約10.3万円、実質価格は他社から乗り換え(MNP)契約時に約2.2万円、新規・機種変更時に約5.7万円となっているが、東京都内のヨドバシカメラにて機種変更でも通常価格より約3.4万円割引されるキャンペーンが実施されていた(金額はすべて税込)。

機種変更で購入する場合にはヨドバシカメラでのNTTドコモ版「HUAWEI P20 Pro HW-01K」の本体価格は約10.7万円だが、ここから店舗限定割引が約3.4万円、月々サポートが約4.6万円適用され、実質価格は約2.6万円(24カ月払いで1,080円/月)となっており、早くもMNPに近い実質価格まで値下げされている。

続きを読む

スマホ最強の夜景カメラ「HUAWEI P20 Pro」で上海の100万ドルの夜景を撮影してきた!本当に三脚なしで手軽にキレイな夜景が撮れる【レビュー】


shimajiro@mobiler

NTTドコモから6月15日に発売されたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro」。背面には初の3つのカメラ「トリプルカメラ」が搭載され、今夏モデルでは注目機種のひとつとなっている。

中でも同社が「三脚はいらない」とまで言うAIを活用した手ぶれ補正「HUAWEI AIS」による撮影は圧巻で、夜景や暗所での撮影はスマホカメラとしては“異次元”と言えるほどだ。

そこで今回は実際にHUAWEI P20 Proにて“100万ドルの夜景”とも形容される中国・上海の夜景を撮影してみたので紹介する。なお、すでに紹介している今夏注目スマホ7機種でのカメラ比較(夜景編)も参考にしてみて欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。