NTTドコモがiモードケータイ「SH-07F」を13日発売開始!

NTTドコモは9日、今夏に発売する「2014年夏モデル」のうち、本体を折りたたんだ状態の正面部分にアルミパネルを採用し、個性的なカラーも用意したiモードケータイ(ガラケー)の新機種「ドコモ ケータイ SH-07F」(シャープ製)を2014年6月13日(金)に発売することを発表した。

今夏モデルとしては、先月、5月23日(金)に発売を開始した「ドコモ ケータイ F-07F」(富士通製)に次ぐiモードケータイとなる。発表当初は6月中旬に発売予定とアナウンスされていたが、今回正式に発売日が決まったことがアナウンスされた。

140514_dcm_2014summer_sh-07f_04_960

SH-07Fは、約3.3インチのフルワイドVGA(480×854)TFT液晶(最大1677万色)をメインディスプレイに搭載し、約0.9インチ(128×36)有機EL(1色)のサブディスプレイも備えている。

シャープ製のiモードケータイとしては、前モデルの「SH-03E」と比較して、ディスプレイサイズが、約3.0インチから約3.3インチに変更になったほか、ディスプレイや本体の文字盤(10キー)部分の文字フォント変更などにより見やすくなった点が大きな違いだ。

基本スペックとしてはほぼ同等ではあるが、アルミパネルを採用し、カラフルなカラーバリエーション、背面のカメラ部分のリングや文字盤も本体カラーにあわせるなどデザイン面での変化が見受けられる。

ディスプレイサイズの拡大と、画面表示が見やすくなった最新のシャープ製iモードケータイ「SH-07F」を写真と動画でチェック【レポート】




■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
「ドコモ ケータイ SH-07F」を発売 | NTTドコモ
NTTドコモ