ワコムのペン技術に対応したWindowsタブレット「dynabook Tab S68」で「艦これ」などを遊んでみた!

昨年12月に発売された東芝のWindows 8.1搭載タブレットに10.1インチの上位モデル「dynabook Tab S90」(以下、S90)および下位モデル「dynabook Tab S80」(以下、S80)、8インチモデル「dynabook Tab S68」(以下、S68)。

デジタルペン入力で高く評価されるワコムの新しい技術「アクティブ静電結合方式」を採用し、絵を描く人からの評価も高いことが特長となっている。

スペック的にも5万円台からということで、格安タブレットと比べると高くなっており、1.33GHzクアッドコアCPU(Intel製「Atom Z3735F」)や2GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージに加え、Office Home and Business 2013がプリインストールされていることからビジネスにも使えると思われる。

前回、このうちの8インチのdynabook Tab S68を購入したということで開封レポートを行ったが、今回は実際に使ってみているので、dynabook Tab S68にインストールしたアプリケーション(以下、アプリ)やゲームなどを紹介する。

01-01
ホーム画面

せっかく手に入れたWindows 8.1搭載のタブレットなので、いろいろとアプリを入れて楽しみたいところ。まずはWindows 8.1をはじめて使っているので、アプリの追加する方法から紹介する。

今までスマートフォン(スマホ)しか使ったことない人やWindows 7までのパソコン(PC)でしか使ったことない人でも簡単にできるので是非どんどんアプリを入れてみて欲しい。


◯Windows Storeからアプリを入手する方法
一番簡単なアプリ追加方法は「Windows Store」から追加する方法だ。これはスマホなら「Google Playストア」や「App Store」のWindows版となる。

まずはホーム画面にある「Store」アイコンをタッチする(画像内ではわかりやすくアイコンを大きくしている)。

01-02

人気のあるアプリから面白そうなのを探しても良いですし、目的のアプリが有るのなら右上に有る検索窓から検索もできます。

01-03

気になるアプリのアイコンをタッチすれば詳細情報の画面に進みますので、説明文やスクリーンショットを確認して左上に有る[インストール]をタッチするだけです。


◯メーカーサイトなどからアプリを入手する方法
こちらはこれまでにWindows PCを使ったことがある人には馴染みのある簡単な方法だ。EXEファイルなどのインストールファイルで配布されているものから追加する。

01-05

メーカーなどのアプリ配布サイトへWebブラウザー「Internet Exporer」でアクセスし、ダウンロードページまで辿ります。

01-06

ダウンロードボタンをタッチすると、画面下に出る[実行]ボタンをタッチし、Windowsのインストールウィザードが出てくるので、指示に従って操作すればOKだ。

01-07

インストールが無事に終わればアプリ一覧に表示されるので、ロングタッチ(長押し)して出てきた下部のメニューからスタート画面にピン留め、タスクバーにピン留めするなど、使用頻度に合わせてカスタマイズしよう。

どちらの方法でも早くて簡単で、今までスマホだけしか使っていなかった人にもオススメできる。ちなみに、WindowsなのでAdobeのサイトからFlash Playerをインストールすればゲームの「艦隊これくしょん」や「刀剣乱舞」といった人気のブラウザゲームも遊べる。

これで、"嫁にタッチし放題"だ!?

01-10
艦これプレイ画面。秘書艦はケッコンカッコカリ済みで改ニはいつですか天龍ちゃん


01-11
刀剣乱舞プレイ画面。近侍はレベルカンスト間近、シュウゲンカッコカリの実装が待たれる石切丸さん


記事執筆:S-MAX編集部


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ