ダンボーをモチーフにしたWi-FiルーターとWi-Fi中継器が発売!

プラネックスコミュニケーションズ(以下、プラネックス)は24日、人気漫画「よつばと!」のキャラクター「ダンボー」をモチーフにしたWi-Fiルーター「DANBOARD 無線LANルーター」(型番:DB-WRT01)およびWi-Fi中継器「DANBOARD 無線LAN中継機」(型番:DB-WEX01)を2015年8月7日(金)に発売すると発表しています。

すでに本日7月24日(金)より事前予約が開始されており、価格はオープンながら大手Webストア「Amazon.co.jp」ではともに3,980円(税込)となっています。

同社ではWi-Fiルーターなどネットワーク製品はリビングなどに設置するには無機質なデザインのものが多く、人目に付く場所への設置を敬遠されることも珍しくなかったとし、今回、昨年発売したUSBハブ「DANBOARD USB HUB」(型番:DB-HUB01)に続けてダンボーシリーズのWi-FiルーターとWi-Fi中継器を発売することになったとのこと。

これにより、ダンボーシリーズは今までのネットワーク製品の概念を一新させ、見せたい、カワイイ、家の中が楽しくなるという新しいWi-Fiライフを提供するとしています。なお、両製品ともにジョイントを取り付けるための穴を設けられており、海洋堂「リボルテックダンボー」と合体して利用可能。

02

03

人気のダンボーにWi-Fiルーター機能搭載した製品で、部屋の雰囲気に合わないという理由などからWi-Fiルーターを棚の奥に隠すように置いている人も多いですが、DANBOARD 無線LANルーターはつい人に見せたくなる製品となっています。

広く普及している2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/n準拠で最大300Mbpsに対応し、ルーターとアクセスポイントを設定で切り換えることができます。

一方、DANBOARD 無線LAN中継器はDANBOARD 無線LANルーターなどのWi-Fiルーターの中継器として利用できる製品で、サイズや利用できる無線LANの機能などの基本仕様やDANBOARD 無線LANルーターと同じです。Wi-Fi中継器以外にも背面にあるLANポートにテレビやHDDレコーダーなどの有線LAN対応機器を接続することで最大2台まで簡単に無線化することができるコンバーターとしても利用できます。

両製品ともに外観では形状および色、パッケージにいたるまで、よつばスタジオの監修を受けて製作しており、好評な前作のDANBOARD USB HUBよりさらに高い完成度となっているとのこと。

image3

image4

image7

image9

リボルテックダンボーとの合体のほか、原作通り動作時には目が光るようになっており、頭の横のスイッチで消灯およびステータス、常灯の3点切り替えが可能です。

また、設定画面もダンボー仕様で作られ、必要な項目のみのシンプル設定で、パソコン(PC)だけでなくスマートフォン(スマホ)にも対応しています。さらに、不正アクセス対策機能としてWi-Fiの"見える化"アプリ「見えルンです!」(AndroidおよびiOSに対応)も利用できます。

image10

image13

image11

image15

image2

サイズは約約71×47×49mm、質量は約60g(本体のみ)。給電端子はmicroUSBを採用。消費電力は最大約2.5W(動作電圧は5V)。インターフェースはRJ-45ポート×2(WAN×1、LAN×1)、WPSボタン(RESETボタン兼用)。




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
無線LANは"ダンボー"におまかせ!WiFiライフをダンボーがサポートします。つい飾りたくなる『DANBOARD 無線LANルーター』『DANBOARD 無線LAN中継機』2種を発売 | プラネックスコミュニケーションズ [PDF]
DANBOARD WIRELESS LAN ROUTER
DANBOARD WIRELESS LAN EXTENDER