NTTドコモが新タブレット「iPad mini 4」を9月20日に発売!

NTTドコモは15日、日本時間9月10日にAppleから発表された新しい約7.9インチQXGA(1536×2048ドット)液晶(約326ppi)搭載タブレット「iPad mini 4」(Wi-Fi+Cellularモデル)を2015年9月20日(日)に発売すると発表しています。

同社ではすでに2015年9月12日(土)からNTTドコモ取扱店(9時から)および直営Webストア「ドコモオンラインショップ」にて予約受付を実施しており、価格は16GBモデルなら本体価格62,856円(分割2,619円/月×24回)、月々サポート-2,619円/月×24回(総額-62,856円)の実質負担額0円からとなっています。

なお、iPad mini 4にはWi-FiモデルおよびWi-Fi+Cellularモデルがありますが、NTTドコモとauではWi-Fi+Cellularモデルのみ、SoftBankおよびApple Online Storeでは両モデルを取り扱います。各モデルにはそれぞれ内蔵ストレージが16GBおよび64GB、128GB、カラーバリエーションがシルバーおよびゴールド、スペースグレイが用意されます。

iPad mini 4は昨年発売された「iPad mini 3」の後継機種で、同じ7.9インチディスプレイを搭載したiOS 9採用タブレットです。64bit対応Apple A8チップセット(+M8)や約800万画素裏面照射型CMOSリアカメラ「iSight Camera」(F2.2)、約120万画素裏面照射型CMOSフロントカメラ「FaceTime HDカメラ」(F2.2)などとスペックが強化されがほか、サイズは約134.8×203.2×6.1mm、質量はWi-Fiモデルが約298.8g、Wi-Fi+Cellularモデルが約304gと薄型化および軽量化されています。

機種モデルサイズ質量
iPad mini 4Wi-Fi203.2×134.8×6.1mm298.8g
Wi-Fi+Cellular304g
iPad mini 3Wi-Fi200×134.7×7.5mm331g
Wi-Fi+Cellular341g

Wi-Fi+Cellularモデルは2Gおよび3G、4Gに対応した携帯電話ネットワークに対応しており、nanoSIMカード(4FF)スロットを搭載し、アメリカなどでは「Apple SIM」にも対応。また、位置情報取得にAssisted GPS+GLONASSおよび携帯電話の基地局情報を利用可能。対応周波数帯は以下の通り。

UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)、GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
CDMA EV-DO Rev. AおよびRev. B(800、1,900MHz)
LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26、28、29、38、39、40、41)

その他の詳細な製品情報および各社の価格は以下にてまとめていますので参照してください。

Apple、7.9インチタブレット「iPad mini 4」を発表!A8プロセッサーや500万画素リアカメラ、MIMO&11ac対応Wi-Fiなどとスペックアップーーすでに日本でも販売開始 - S-MAX
新型タブレット「iPad mini 4」がNTTドコモとau、SoftBankからも9月下旬に発売!予約開始で価格も案内ーー各社ともWi-Fi+Cellularモデル16GBは実質0円に - S-MAX

ストレージ16GB64GB128GB
本体価格
(合計)
2,619円/月×24回
(62,856円)
3,150円/月×24回
(75,600円)
3,645円/月×24回
(87,480円)
月々サポート
(割引総額)
-2,619円/月×24回
(-62,856円)
-2,565円/月×24回
(-61,560円)
-2,565円/月×24回
(-61,560円)
実質負担額
(総額)
0円/月×24回
(0円)
585円/月×24回
(14,040円)
1,080円/月×24回
(25,920円)




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ドコモからのお知らせ : 「iPad mini 4」を9月20日(日曜)から発売 | お知らせ | NTTドコモ
ドコモオンラインショップでのiPad mini 4の予約開始について | お知らせ | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ