shimajiro@mobiler

慣れてしまうととても手軽に買えるネット通販の中でも「Amazon.co.jp」は品数も多く、パソコンからでもスマートフォン(スマホ)からでも買いやすいのでついちょっと欲しいなと思うと購入してしまったりする。

そんなAmazon.co.jpでスマホなどの充電ができるモバイルバッテリーで人気No.1になっているのが「Anker Astro E1 5200mAh」だ。

Ankerはモバイルバッテリー以外でも携帯電話・スマートフォン用充電器・チャージャーでも「Anker 24W 2ポート USB急速充電器」がカテゴリーでNo.1になるなど、日本でもかなりスマホなど向け周辺機器ではコストパフォーマンスが高く人気となっている。

そんなAnkerが新しく発売したモバイルバッテリーの最新モデル「PowerCore+ 20100 USB-C」と「PowerCore+ 26800」を購入したので比較写真を含めてフォトレビューを行いたいと思う。なお、上記写真は左から「PowerCore+ 10050」および「Astro E4 第2世代 13000mAh」、PowerCore+ 20100 USB-C、PowerCore+ 26800となる。

◯PowerCore+ 20100 USB-C
まずはPowerCore+ 20100 USB-Cから紹介する。特長は入力(充電)だけでなく、出力(給電)にも使えるUSB Type-C端子を搭載している点だ。これにより、新しいMacBookなら5V・3Aで充電できるほか、Nexus 5XやNexus 6Pなども高速に充電可能となる。

また、従来通り、USB Type-A端子も2つあるので、同時に3つの機器が充電できるのも大容量バッテリーならではと言えるだろう。

02
製品パッケージ


03
同梱品一覧。バッテリー本体およびUSB Type-Cケーブル、microUSBケーブル、トラベルポーチが付属


04
バッテリー本体はひと目見た印象が「かなり大きい」だった。本体表面はアルミ製で、手触りはPowerCore+ 10050と同じ


05
出力ポートは左側からUSB-Aが2つ、USB Type-Cが1つ。一番右側のUSB Type-C端子は入力(バッテリー側への充電)にも使う


06
付属のケーブル。microUSBケーブルとType-Cケーブルが同梱



◯PowerCore+ 26800
続いて、PowerCore+ 26800を紹介していく。特長は急速充電と大容量で、iPhone 6なら10回、新しいMacBookでも3回以上充電可能だとしている。また、急速充電もQualcommのQuickCharge 2.0に出力だけでなく、入力(9V)も対応しているため、大容量のモバイルバッテリーを15分の充電で最大8時間の使用が可能だとのこと。

07
製品パッケージ


08
同梱品一覧。バッテリー本体およびQuickCharge 2.0対応充電器、microUSBケーブルが付属


09
バッテリー本体はPowerCore+ 20100 USB-Cと同じく表面はアルミ製で、PowerCore+ 20100 USB-Cよりもさらに大きくて重い

実際に持ち運んで使ってはいないけれど、第1印象としては「カバンの中に入れて持ち運んで使う」というよりは車などに積んでおいて使うという方が良さそうに思えた。それくらいにかなり重たい。

10
出力ポートはUSB Aポートが3ポートだ。USB Aポートの1番右側は急速充電のQuickCharge 2.0に対応する。さらにその右側にあるmicroUSBポートは入力専用

PowerCore+ 26800は入力側もQuickCharge2.0に対応しており、バッテリー本体の充電時間は8〜9時間と、PowerCore+ 20100とほぼ同じ時間となっている。

11
QuickCharge 2.0対応充電器

QuickCharge 2.0対応の充電器が付属するのは嬉しいところ。ただし、プラグ部分は折りたたみ不可で、出力ポートはUSB-Aとなる。

このように新発売となったPowerCore+ 20100 USB-CおよびPowerCore+ 26800はかなり縦長で、なおかつ容量が大きいので当たり前ではあるがサイズも大きく、重い。

仕様としてはPowerCore+ 20100 USB-Cは約455g、PowerCore+ 26800は約590gとなっており、スマホ数台分の重さに匹敵してしまう。そして、実際に手に持ってみるても"ズシリ"と重たいのが実感できる。

今回、20000mAh越えのモバイルバッテリーを購入してみたけれど、個人的にはモバイルバッテリーはスマホを充電する分には10000mAh程度で必要十分ではあるので、20000mAhを超えるモバイルバッテリーは日常の外出中に使うよりも移動中などで長時間充電することができない環境で使う、あるいは1泊の外出の際に充電器を持たずにモバイルバッテリーで代用するという使い方になりそうだ。今後、実際の環境で使ってみたレビューなどなどについては追って紹介しようと思っている。



記事執筆:shimajiro@mobiler


shimajiro@mobiler
Anker、PowerCore+ 20100 USB-C、PowerCore+ 26800のフォトレビュー | shimajiro@mobiler

■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ