コア(本体)とカバーの組み合わせで楽しめるスマホ「NuAns NEO」を紹介!

既報通り、トリニティは11月30日、都内で「NuAns NEO製品発表会」を開催し、Windows 10 Mobileを採用するSIMフリーの約5.0インチHD(720×1280ドット)スマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」(以下、NEO)を2016年1月に発売することを発表した。

このNEOは「CORE」と呼ばれる本体とは別にカバーを別途購入して自分だけのスマホにカスタマイズできるというコンセプトの製品で、本体の価格は39,800円(税抜)、背面のカバーは上下2色の組み合わせで楽しめる「TWOTONE」が一番安いもので1個あたり1,400円(税抜)から、手帳型の「FLIP」は2,750(税抜)となっており、本体価格にプラスしてカバー代3,000円ほどで購入できる。すでに事前予約が公式Webストア「Trinity Online Store」のほか、Amazon.co.jpなどで受付開始されている。

前回の発表会プレゼンテーションの模様に続いて、今回はタッチ&トライコーナーの試作機の外観とカバーを写真と動画で紹介していく。

02

試作機ではWindows 10 MobileとSoc(System-on-a-chip)であるQualcomm Snapdragon 617との組み合わせがまだ安定していないこともあり、タッチ&トライではNEOの外観がメインとなった。とはいえ、NEOの最大の特徴が外観(背面のカバー)であるため、それでも十分過ぎる程だった。


09

上面には500万画素のカメラとスピーカーがある。


03

こちらは、コアの背面。向かって左上に1300万画素のカメラとLED、右にはmicroSIM、microSDカードスロット。大きなくぼみはカードが収まるポケットだ。


04

microSDカード、microSIMカードスロットは、このように後から蓋で固定するタイプ。nanoSIM用のアダプターが付属すると言うことで、このタイプなら“誤ってアダプターから外れてnanoSIMが抜けなくなる”ということはなさそうだ。


05

カバーの下側を外せばカードの出し入れができる。良く見るとくぼみの部分がアシンメトリーになっており、写真で言うところの手前側にカードが引き出しやすい形状をしている。


20

底面に各種コネクタがまとめられている。厚みのあるデザインをいかして、コネクタやマイク、スピーカーの位置が全て同じラインに並ぶこだわりが見られる。


10

表からは単なるデザインにしか見えないが、じつは端の部分がストラップホールになっている。


06

上部の黄色カバーがクラレの「クラリーノ」、下部が東レの「ウルトラスエード」の組み合わせ。ウルトラスエードが手のひらに当たって滑らないように感じた。この逆の組み合わせで上部をウルトラスエードにすると指先に当たる柔らかい感触も悪くない。


07

構造上カードを内部に入れないとカバーがしなってしまうので、カード型のスクリーンクリーナーが付属する。


08

ゼロワンプロダクツの「テナージュ(ウッドシート)」は天然木材シートを加工したもので、本格的な木材の手触りが楽しめる。丸く加工されたサイド部分までウッドなのもこの製品の訴求ポイントとなる。


11

ウルトラスエードのフリップケースはガジェット感がなく自然に生活に溶け込むデザインをしている。


12

その特徴としてどちらの面からもカメラのレンズがむき出しになっていない。


13

一見前面だと思っていた部分が実は背面であるという作りをしている。


14

フリップカバーを開くとスリープが解除される。この辺の作り込みは抜かりがない。カバーの内側にはカードが2枚入るポケットがある。


15

カバーを折り畳んで、NEOを乗せるように置くとスタンドになる。素材が柔らかいこともあり、角度の調整は難しい。


16

製品コンセプトがユニークなだけではなく、パッケージもユニークだ。左がコアで右がTWOTONEの上下パーツ。これだけパッケージが多くなると、帰り道に色々なものを買ったような満足感があるのではないだろうか。なお、パッケージ上部のストラップを外せば貯金箱としても使える。


17

付属のUSB Type-C(USB 2.0)コネクタ。上下向きが関係ないのが便利だ。もちろんNuAnsのロゴ入り。


18

そしてUSB Aプラグ側も実はどちら向きでもさせるタイプだ。


19

USB OTGケーブルは布製。わざわざアクセサリーを選んで買うことなく最初から"いいもの"が付属するのは嬉しいものだ。


21

各種素材の組み合わせでお気に入りのNEOが作れる。このコンセプトはアクセサリーメーカーならではの発想だ。


22

充電台兼用のLEDライトやケーブルがスッキリと収まる充電器、シンプルな輪になるUSBケーブルなど一緒に使いたいアクセサリーも展示されていた。

【NuAns NEOの外観とカバー取り付けの様子を動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/hN85EuDiuXo

気に入ったメーカーの製品はリピート率が高いというデータもあるのだとか。まだまだこれからのWindows 10 MobileだがNEOは新しいリピーターをどれだけ作れるのだろうか。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
NuAns NEO 関連記事一覧 - S-MAX