最新デジカメをセレクトして紹介!

神奈川県にあるパシフィコ横浜/大さん橋ホールにて2016年2月25日(木)から28日(日)まで開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2016」(主催:一般社団法人カメラ映像機器工業会)。

ワールドプレミアと呼ばれる世界初公開のカメラや雑誌やWebで紹介された最新のデジタルカメラに触れるということで、開催初日から人気ブースには数10分~1時間待ちという大盛況となった。

今回は、実際に並んで体験した人気のデジタルカメラや、気になるカメラをまとめて紹介していく。

02

まずは、カシオの個性的なアクションカメラ「EX-FR100」。レンズ部分とディスプレイ部分を分離して様々な撮影ができるというもの。

例えば、ヘルメットにレンズ部分をセットして腕にディスプレイをセットすれば、大がかりなシステムを組まなくても手軽にモニターしながらの撮影が可能となる。

展示コーナーには、3月下旬発売予定のアウトドア対応のスマートウォッチ「CASIO Smart Outdoor Watch(型番:WSD-F10)」との連携も紹介されていた。

03



04

続いて、オリンパス「PEN」シリーズの新モデル「PEN-F」はすでに発売されていることもあり列も少なくすぐに体験することができた。PEN-Fは大元のコンセプトとなるハーフサイズのフィルムカメラデザインを蘇らせたようなデザインが秀逸。

金属の塊感と、ダイヤルの刻印が良い味を出している。もちろん、カメラとして完成度が高く、動作に関してもレスポンスが良く楽しく撮影できる1台だ。

05
06



07

ソニーのAPS-Cイメージセンサーを搭載する「α」シリーズの新モデル「α6300」。高速で被写体をしっかりと追い続ける「4Dフォーカス」システムは、最多の425点の像面位相差AF(オートフォーカス)センサーを画面いっぱいに配置。

もはや死角なしのAFに加えて今回4K撮影を可能としたことで、静止画だけではなく動画も高画質で撮れるオススメのカメラだ。

08



09

展示台数が多いにもかかわらず待ち時間が長かったのが、ペンタックスユーザー待望のフルサイズイメージセンサーを搭載する「K-1」だ。最近のペンタックスのデジタル一眼レフカメラの中でもデザインがオーソドックスにまとめられているが、雰囲気はまるで中判カメラ「PEBTAX 67II」のような堂々としたもの。

AFは専用に開発され新しいこと尽くめとなるが、さらに背面モニターの稼働も他にはみない個性的なものとなっている。最新のレンズも良いが、古いリミテッドレンズなどをつけて楽しんでみたい。中でも「FA77mmF1.8 Limited」がかなりオススメらしい。

10
11



12

次は個性の塊、シグマのミラーレスカメラ「sd Quattro」(APS-C)と「sd Quattro H」(APS-H)だ。個性のひとつが、光をRGB三層で受け止める「Foveon X3ダイレクトイメージセンサー」を採用し圧倒的なキレの良さを実現している。

そして、シグマの一眼レフカメラ用「SA」マウントを採用しているためボディー自体は薄いのだが、SAマウントのフランジバック(レンズマウントの部分からフィルム・撮像素子までの間)の分を延長している。

実はシグマの「SD9」や「DP2」を持っていたこともあり、FOVEONシステムにはいろいろ期待している部分もある。さて、デザインはシンプルな箱を組み合わせたような形状を持たせる一方で、グリップのした部分をえぐったような個性的な形状をしている。

13
14



15

ブレずに動画を撮影できるDJIの「OSMO」は、iPhoneやAndroidスマートフォン(スマホ)を「DJI GO」アプリでモニターとして利用する。4K動画を手持ちでブレずに撮れるだけではなく、静止画も夜景撮影を手持ちで行える強烈なスタビライズ機能が魅力だ。自動回転するカメラはパノラマ撮影にも応用することができる。

16

プロ用機材の展示も行われており、手前の赤い枠のモニターはHDMI接続の映像を高画質で記録するATOMOS「NINJA ASSASIN」。アップルの「ProRes HQ」(220Mbps 4:2:2 10bit)で記録する。

ストレージは別売で1TBのSSDに4K映像を約2時間半記録できるのだとか。カメラ単体では劣化してしまう風に揺れる大草原も、NINJA ASSASINなら高画質で記録できる。動画用途だけではなく、4K動画からの静止画切り出しなどにも効果がありそうだ。

なお、次回の開催も発表されており「CP+2017」は、2017年2月23日(木)~2月26日(日)となる予定だ。今年のCP+2016は来場者も初日が1万2967人、2日目が1万7921人、3日目が2万2216人、最終日が1万4688人の合計で6万7792人と前年のCP+2015よりも増加したということで、来年も新製品含め楽しみにしたい。

記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
CP+2016 関連記事一覧 - S-MAX
カメラと写真映像のワールドプレミアショー シーピープラス2016