6c3fcff1.jpg
DIMEにスマホカメラがちょっぴり便利になるクリップ型のレンズがついてくる!


毎月16日に小学館から発売されている男性向けの幅広い情報を掲載している雑誌「DIME(ダイム)」( http://dime.jp/magazine/ )。現在販売中の「DIME 2016年5月号」には付録として「CHUMS 2in1クリップ式スマホレンズ」が付いてくるとのことなのでさっそく購入してみました。

スマートフォン(スマホ)用の便利アイテムが付録ということで人気となっており、各所で在庫薄になっているようです。今回はこのスマホ用のクリップ式レンズを試してみたので、レビューしたいと思います。

小物でカバンのポケットに放り込んでおけるサイズ
01
DIME5月号付録「CHUMS 2in1クリップ式スマホレンズ」

CHUMS 2in1クリップ式スマホレンズはクリップでスマホのレンズ部分に合わせて、挟んで固定するタイプのスマホ用レンズです。

0203
レンズ保護カバーも付属(写真=左)およびクリップ部はガッチリしており、固定しやすい(写真=右)

カメラが端末の端の方にある端末であればスマホだけでなく、タブレットでも利用可能。レンズは2段式で取り外しが可能。至近距離撮影と高角撮影を使い分けることができます。

0405
レンズはネジ式に回転させて取り外し可能



至近距離(スーパーマクロ)撮影を試す
レンズが1つだけ(小さいレンズのみ)のときはスーパーマクロ撮影ができます。通常ではボヤけてしまうような超近距離でも撮影ができるので、花や文章のアップを撮りたい時に便利です。

06
ここからレンズを付けたスマホで寄って撮影してみる


0708
クリップレンズあり(写真=左)及びクリップレンズなし(写真=右)

上の写真を比べての通り、一目で大きな違いがわかるかと思います。ここまでかなり近寄っての撮影ができれば使い道はいろいろとありそうです。


広角撮影を試す
レンズを2つの状態では広角(ワイド)撮影が可能になります。撮影範囲を広く撮りたい場合や、インカメラ側に装着することで、セルフィー(自分撮り)撮影に大きく役立ちます。

1011
クリップレンズありの場合(写真=左)およびレンズなしで同じ位置で撮影したもの(写真=右)


09
インカメラにクリップ装着するとこんな感じ

クリップレンズを使っての広角度インカメラ撮影の利点は最近、観光地や駅構内などで見られる「自撮り棒(セルフィスティック)禁止」に引っかからないこと(もちろん、施設内でのマナーは順守した上で)。

かばんのポケットに入れてもかさばらないし、撮りつけも非常に簡単なので、お出かけのお供にスマホと一緒にいかがでしょうか。

スマホカメラにちょっと便利な付録のCHUMS 2in1クリップ式スマホレンズが付いてくるDIME 2016年5月号はAmazon.co.jpやコンビニエンスストア、書店などで購入できるので是非チェックしてみてください。



記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
付録 関連記事一覧 - S-MAX