多彩な充電アイテムが初登場したSalom Japanブースをレポート!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2016年5月25日(水)~27日(金)の3日間に渡って通信技術やモバイル関連の展示会「ワイヤレスジャパン2016」(併催イベントとして「ワイヤレステクノロジーパーク2016」や「運輸・交通システムEXPO」、「ドローンソリューション&技術展」も同時開催)が開催されました。

何回かに分けてレポートしていますが、今回はスマートフォン(スマホ)やタブレット向けのUSBチャージャーやケーブル類などの周辺機器を開発・販売しているSalom Japanのブースにて現在開発中という新型のモバイルチャージャーなどを展示していましたので紹介します。

入力も出力も急速充電可能なモバイルバッテリー「uPowerQ」
01
Salom Japan製モバイルバッテリー「uPowerQ」

uPowerQは大手通信機器メーカーのクアルコム(Qualcomm)が策定する急速充電規格「Quick Charge 3.0(QC3)」に対応したモバイルバッテリーです。

バッテリー容量の大きいモバイルバッテリーはスマートフォン(スマホ)やタブレットなどを何度も充電できる頼もしい周辺機器ですが、欠点として大容量な分、充電にも時間がかかることが挙げられます。

しかしながら、uPowerQはスマホなどの充電時における出力だけでなく、uPowerQへの充電時の入力もQC3に対応しているため、急速充電に対応しない製品に比べて約4倍の速さで充電が可能だということです。

なお、同社ではモバイルバッテリーへの充電と外部のスマホなどへの充電の両方がQuick Charge 3.0に対応したモバイルバッテリーは世界初だとしています。

さらに、接続したスマホなどへの供給電流のA(アンペア)数を自動判別し、5V・3Aまたは9V・2A、12V・1.5Aを可変出力してくれます。これはより充電が早い仕様で充電してくれるほか、例えば、5V・3Aで出力できればスマホやタブレットだけではなく、充電に2.5A以上を要するSurface 3やMacBookなどのタブレットPCやノートパソコンにも充電できることになります。

uPowerQは素早い充電というだけでなく、より幅広い製品に対応できる使い勝手の良さがポイント高いですし、まだ日本ではQC3に対応したスマホは発売されていませんが、そう遠くないうちに出ると思いますので、早い販売を期待したいところです。

フルサイズの「USB Type-A」とUSB Type-Cの両方のコネクターを搭載したQC3対応充電器「uCharge」
02
USB充電器「uCharge」

uChargeはUSB Type-Aコネクター(フルサイズの通常のUSB端子)と新しい上下逆さまでも挿せるUSB Type-Cコネクターを1つずつ、合計2つのコネクターを保つUSB充電器です。

こちらもQC3に対応し、2ポート合計で5V・3.5Aの高出力での充電が可能です。これ1つで従来のmicroUSBコネクターへの充電もUSB Type-Cコネクターへの充電も両方こなすことが可能です。もちろん、異なる2つのコネクターを同時に使って2台の製品をまとめて充電もOKだとのことです。

03
この組み合わせでQC3対応のUSB充電器は珍しいとのこと

コンパクトで高性能、これから対応機種も増えていくであろうUSB Type-Cコネクター搭載製品用に1つあると便利そうですね!


まだまだある充電関連アイテム
Salom Japanブース内には前述の2つのアイテム以外にも多数の充電関連機器が展示されていました。ここでは簡単に写真でまとめて紹介したいと思います。

・シガーソケット用USBチャージャー「uCarQ」
04
シガーソケット用USBチャージャー「uCarQ」

こちらは前述のuPowerQと同様に3A出力可能かつ、5V・3Aおよび9V・2A、12V・1.5Aの出力可変機能も搭載したシガーソケットからの出力タイプとしては世界初のQC3対応モデルとなるそうです。

3A出力対応なので、uPowerQと同様に幅広い機器の充電も可能で、さらにシガーソケット内蔵なので「自動車で移動中に急速充電」といった活用もアリでしょう。

・防滴仕様でちょっとくらい濡れても安心な新モバイルバッテリー
06
防滴仕様モバイルバッテリー(参考出展)

こちらは今の時点では製品名もついていない参考出展のモバイルバッテリーですが、生活防滴程度の耐水機能(等級についてはまだ未発表)を有しており、説明員曰く「ちょっとくらいなら濡れても大丈夫になる予定です。」とのことです。

しかし、展示されていた稼働サンプルを見る限りでは"ちょっとどころではない"気もしました(もちろん、良い意味で)。

05
ちょっと濡れてもどころか展示では盛大に水被ってました……

防滴仕様モバイルバッテリー以外のアイテムは現在、製品版の生産やPSEマーク(電気用品安全法に基づく届け出を経て表示する印)の登録を準備しているそうで、店頭にこれらが並ぶのは秋頃にの予定であるとのことです。

USB Type-C端子搭載モデルやUSB端子からの高出力での充電が必要なパソコンなど、これから対応製品が増えてくるかと思われます。今回紹介した高性能な充電関連アイテムも対応製品を購入するタイミングで準備したいですね。

記事執筆:河童丸


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ワイヤレスジャパン 関連記事一覧 - S-MAX
Salom Japan
http://www8.ric.co.jp/expo/wj/>ワイヤレスジャパン2016