世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO」が発表!

テラダ・ミュージック・スコアは3日(現地時間)、フランス・カンヌで2016年6月3日(金)から6月6日(月)まで開催している音楽フェスティバル「midem 2016」に合わせ、世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO(グウィド)」を開発したと発表しています。

E-INK製13.3インチフレキシブル電子ペーパー「Mobius」を搭載し、見開きの大型2画面デバイスながら薄型軽量で楽譜とほぼ同じサイズを実現し、電子ペーパーの低消費電力の効果で長時間の使用を可能としたとのこと。

また、ワコムのペン入力技術を採用することで2画面とも付属のペンで紙のように書き込みや消去が可能。ファイル形式はPDFに対応し、手書きやブックマークなどとともに保存もできるということです。

今後はGVIDOの実用実験を通じて、使い勝手の良い商品を検証し、音楽に関わる個人や企業、さらに音楽大学、オーケストラなどとともにさまざまな活用の場を検討していくとしています。

02

03

今回開発されたGVIDOは、13.3インチフレキシブル電子ペーパーを2画面搭載した楽譜専用端末です。11世紀初頭に5線譜の礎を考案したとされるGuido d’Arezzo氏に敬意を表し、"GVIDO"と名を冠したとのこと。

試作機のサイズは使用時で約480×310×5.9mm、重さは約650g。無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothを搭載し、将来、電子楽譜サービスからの楽譜購入が手軽に行え、さまざまなアクセサリーとの接続も可能となる計画。

さらに内蔵ストレージに加え、外部ストレージとしてmicroSDカードスロットも搭載しており、多量の電子楽譜を持ち運ぶことが可能になっています。

なお、試作機ではワコムの専用ペンには対応するものの、電子ペーパーに指などでタッチして操作するタッチパネルには非対応で、ページめくりの操作は画面の周りの縁(ベゼル)部にタッチセンサーが内蔵されており、なぞるとめくれるようになっています。

04

テラダ・ミュージック・スコアは、寺田倉庫とF55クリエイティブデザインスタジオが共同で設立した会社で、さまざまな形で幅広く連携し、電子楽譜事業の本格稼動をめざすということで、社長を務める野口不二夫氏はソニー出身で、Sony Readerなどの電子書籍リーダーを担当していたとのこと。

さらにGVIDOについてもソニーから分社したバイオ(VAIO)が担当し、長野県安曇野市にある工場で行われ、ソフトウェアについてもソニーの完全子会社でソフト開発企業のソニー・デジタルネットワークアプリケーションズが担当しているということで、一般販売なども含めた製品化に向けて期待したいところです。


動画リンク:https://youtu.be/209Y6cspMAA

05


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
テラダ・ミュージック・スコア株式会社、音楽シーンに革命をもたらす世界初の「2画面電子ペーパー楽譜専用端末」を開発|テラダ・ミュージック・スコア株式会社のプレスリリース
寺田倉庫株式会社
Midem, the leading music industry event for the music ecosystem.
F55 Creative Design Studio