auがアメリカや韓国に渡航した際に日本とVoLTE通話を利用可能に!写真はau VoLTE発表時のもの

KDDIおよび沖縄セルラーは6日、auにて国内の通信事業者で初めて日米間において高音質な発着信が特長の「VoLTE」サービスの提供を2016年6月中旬より開始すると発表しています。

これはauの2016年夏モデル以降の「au世界サービス」対応機種を持って対象国・地域に行った場合に現地と日本のauのVoLTE対応機種でVoLTEによる通話が可能になるというもの。

サービス開始時に利用できるエリアは、日本人渡航者数トップであるアメリカ、3位の韓国の2カ国となり、対象通信事業者はアメリカがVerizon Wireless、韓国がLG U Plusとのこと。

なお、現地のVoLTE対応機種とauのVoLTE対応機種でVoLTEが利用できるわけではなく(例えば、アメリカにいるVerizon WirelessのVoLTE利用者と日本にいるauのVoLTE利用者でのVoLTEは非対応)、あくまでローミング時となります。

また、アメリカにいるVerizon WirelessのVoLTE搭載機種を持つ人が訪日した場合(いわゆる「インバウンド」)における他国間VoLTEは今年の終わりをめどに提供を予定しているとのこと。その他、他国間VoLTEの対象国・地域は今後も順次拡大していく予定だということです。

02

auの海外VoLTEの対象通信事業者は、アメリカでは最大の加入者を誇る通信事業者であり、2010年5月からVoLTEを提供しているVerizon Wireless、そして、韓国では世界初のVoLTEの国際ローミングを開始したLG U plusと提携しており、各社のVoLTEのサービスエリアにて利用できます。

対応端末は2016年6月より順次発売される「au世界サービス」対応機種となり、従来と同一の利用料金で、海外でも国内と変わらない高音質な音声通話を利用可能となります。対応機種および利用料金は以下の通り。

機種名提供エリア
Galaxy S7 edge SCV33
※6月中旬のソフトウェアアップデート後に利用可能
アメリカ(本土)・ハワイ、韓国
HTC 10 HTV32
AQUOS SERIE SHV34
Xperia X Performance SOV33
AQUOS U SHV35韓国
Qua phone PX

国名音声通話料(1分あたり)
発信着信
滞在国内日本あて日本以外着信
アメリカ(本土)・ハワイ120円140円210円165円
韓国50円125円265円70円

また、VoLTEでは、音声通話中にWeb閲覧やメールの送受信などを同時に利用でき、渡航先でデータ通信を利用したいタイミングから開始でき、24時間経過後に自動終了する「世界データ定額」を合わせて利用できるため、アメリカや韓国でも国内と変わらないデータライフを安心して体感できるということです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
『海外でも、イイコト』日米間初、高音質通話「VoLTE」が利用可能に! さらに韓国でも。 | 2016年 | KDDI株式会社
海外で使う(au世界サービス) | 海外・国際サービス | au