丸みを帯びて優しいデザインの新ドコモスマホ「AQUOS EVER SH-02J」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、約5.0インチHD(720×1280ドット)ディスプレイや2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS EVER SH-02J」(シャープ製)を2016年11月上旬に発売すると発表した。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約および機種変更、契約変更で2万円台前半、他社から乗り換え(MNP)で2万円台半ばを予定。

性能をミドルレンジに抑えてその分価格も低くしたシャープのNTTドコモ向け「AQUOS EVER」シリーズの第2弾。昨夏モデルの初代「AQUOS EVER SH-04G」から新たにIGZO液晶になり、より綺麗により省電力になっている。

主なスペックとして、Qualcomm製32bitのオクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」(1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2、GPS、防水(IPX5・IPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、VoLTE、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC、非常用節電機能、エリアメール、WORLD WING、スグ電対応など。

今回は、展示会場のタッチ&トライコーナーで実機を触ることができたので、写真と動画で紹介していく。なお、製品の仕様などはこちらの記事も参照して欲しい。

02

AQUOS EVER SH-02Jの表面には、見やすさと持ちやすさのバランスが良い5インチ「IGZO」ディスプレイを搭載。デザイン面では、角が大きく丸みを帯びて柔らかい印象を受ける。フロントのカメラは美肌効果などが楽しめる約500万画素。

05

ガラス面も2.5Dラウンド加工されており、全体を取り巻く柔らかい雰囲気が良い。ガラスは傷がつきにくく割れにくい「Gorilla Glass 4」(Corning製)を採用。

04

カラフルに光る「ヒカリエモーション」は健在。設定によって画面下部から上に光が上っていくさまざまなアニメーションが楽しめる。

03

背面は光沢を抑えた樹脂製。カラーは「ピュアホワイト」および「ローズピンク」、「シャンパンゴールド」、「ネイビーブラック」の4色。

06

背面のカメラは約1310万画素、シャープ独自の豊富な撮影機能が楽しめる。

07

右側面にはボリュームキー、電源キーがあり、新たに指紋認証のセンサーも搭載となった。

08

下面にはmicroUSB端子、右下にはストラップホールがある。

09

システムでRAMを確認したところ、合計が1.9GB、内部ストレージは合計容量7.49GBだった。写真データの保存用にmicroSDカードを用意しておきたいところだ。対応するmicroSDカード容量は最大256GBのmicroSDXCだ。

【AQUOS EVER SH-02JとDisney Mobile on docomo DM-01Jを動画で紹介】

動画リンク:https://youtu.be/0hoZ0EoMtr0

シャープ独自の人工知能「エモパー」は最新の5.0を搭載し、「エモパーヘルスケア」や「話しかけるともっとお話し」など、他社にはない楽しみ方ができる。

メタルボディーや背面がガラスの端末が多い中で、AQUOS EVER SH-02Jの樹脂ボディーは高級感がないが、一方で「脆さ」や「傷」を気にせず使える安心感があり、これはこれでひとつの選択肢であると感じた。

◯主な仕様
製品名AQUOS EVER SH-02J
メーカーシャープ
本体色Champagne Gold
Pure White
Navy Black
Rose Pink
サイズ約143×71×8.3mm
質量約138g
OSAndroid 6.0
ディスプレイ約5.0インチTFT液晶(IGZO)
HD(720×1280ドット)
1677万色
CPUオクタコア(1.4GHz×4コア+1.1GHz×4コア)
内蔵メモリー(RAM)2GB
内蔵ストレージ16GB
外部ストレージ
(最大対応容量)
256GB
リアカメラ
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約1310万画素/約1310万画素
インカメラ
(撮像素子種類、有効画素数/記録画素数)
裏面照射型CMOS
約500万画素/約500万画素
フォトライト/フラッシュ○/○
手ブレ補正/手ブレ軽減―/○※
(※静止画のみ)
オートフォーカス
バッテリー容量2700mAh
連続待受時間[静止時]
(LTE/3G/GSM)
約780/900/760時間
連続通話時間
(LTE/3G/GSM)
約900/900/870分
電池持ち時間未定
充電時間
[ACアダプタ05/ACアダプタ06]
約140分/―
PREMIUM 4G対応
通信速度
(受信時最大/送信時最大)
150Mbps/50Mbps
LTE国内対応周波数
(2GHz/1.7GHz/800MHz/1.5GHz/700MHz/3.5GHz)
○/○/○/―/―/―
LTE国際ローミング
(2GHz/1.7GHz/2.6GHz/700MHz/3.5GHz)
○/○/―/―/―
TD-LTE対応
VoLTE/VoLTE(HD+)対応○/―
海外対応
ビデオコール対応
連続ビデオコール時間約430分
UIMカード形状nanoUIM
SIMロック解除対応
Wi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)
[対応通信規格]
―/○/○/○※/―
(※2.4Ghzのみ対応)
テザリング
(同時接続可能数)
15台(Wi-Fi:10台+USB:1台+Bluetooth(PAN):4台を併用)
またはBluetooth(DUN)1台
Bluetooth
(対応バージョン)
○(4.2)
赤外線通信
防水/防塵○/○
ワンセグ/フルセグ―/―
FeliCa/NFC(CE/P2P/RW)○/○(○/○/○)
生体認証
(ログイン・決済)
○(指紋)
シンプルメニュー
非常用節電
ハイレゾオーディオ対応
伝言メモ
FMトランスミッター
※「電池持ち時間」とは平均的なスマートフォン利用(インテージの社2015年6月調査データを基に算出)があった場合の各機種における電池の持ち時間です(自社調べ)。2016年夏モデル以降、より公平で、よりわかりやすい電池の持ち時間の訴求をめざし、インテージが提供するデータを活用し、「電池持ち時間」についてKDDIと共同で設定した基準で測定してを採用することとしております。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
AQUSO EVER SH-02J 関連記事一覧 - S-MAX