坂口健太郎さんが出演するトーンモバイルの新CMも紹介!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは1日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発売した。

また合わせて、代官山 蔦屋書店にて「トーンモバイル 新端末発売&新CMお披露目イベント」を開催し、トーンモバイル 代表取締役社長 CEOの石田宏樹氏とイメージキャラクターの坂口健太郎さんが登壇した。

“TSUTAYAのスマホ”としてシニア層やジュニア層をターゲットに着実に契約数を伸ばしているTONEモバイルの戦略や新製品のTONE m17について石田氏が説明を行った。今回はそれらの内容に加えて、坂口さんのゲストトークセッションを写真と動画で紹介していく。

02

石田氏は2015年にスタートしたTONEモバイルについて「(CCCが運営する蔦屋書店のような)リアルと生活提案、そしてテクノロジーが融合して全ての人に安心品質のスマートフォンを作っていこうと考えて作ったのがTONEモバイルです」と話す。

03

日本国内のスマホ保有者数は伸びているものの、まだまだ子どもと高齢者の数が少ないという。そこで石田氏は「スマートフォンは非常に便利なコンピューターでありますので、安全安心そして安くご提供すると言うこと、そこを(子どもと高齢者を)ターゲットとした希なスマートフォンキャリアとなっています」と説明した。

04

石田氏はトーンモバイルの特徴を「1機種・1プラン」であるとして「安全・安心に対して全ての最新テクノロジーを投入している」と話した。

現在、仮想移動体通信事業者(MVNO)などの「格安SIM」やNTTドコモなどの大手携帯電話会社では、ユーザーのニーズに合わせたさまざまな料金プランを提案しているが、比較対象が多くなりすぎた現状では、選択肢が多く分かりづらくなっている。

TONEモバイルは端末が分かりやすいだけではなく、料金も格安の1,000円からデータ通信とIP電話が利用できるシンプルなものであると説明した。

05

新製品のTONE m17は、雑誌「VERY」との共同開発で子どもの安全、そしてスマホに対してリテラシーが低い親御さんでも安心して子どものための設定を可能とした特長的なスマホだ。

TONE m17の端末レポートに関しては雑誌「VERY」と提携して徹底したママ目線でジュニア市場を狙う!親も子どもも安心して使えるトーンモバイルの富士通製新スマホ「TONE m17」を写真と動画で紹介【レポート】を参照して欲しい。

【トーンモバイル CM「空気を読まずにプロポーズ篇 1」 坂口健太郎さん出演】

動画リンク:https://youtu.be/gZL6vVFV7DM

【トーンモバイル CM「空気を読まずにプロポーズ篇 2」 坂口健太郎さん出演】

動画リンク:https://youtu.be/6n-NEuKRncs

続いて、TONEモバイルの新CM映像2本を上映。CMは子どもや高齢者が安心して使えるTONEモバイルのサービスを坂口さんが魅力たっぷりに伝えるという内容だ。

07

CM上映後には坂口さんを招いてゲストトークセッションが行われた。新CMについて坂口さんは「(ナレーターのツッコミとの)テンポ感を意識しました。それが小気味よいCMだなと観て思ったし、観ててちょっと口角が上がっちゃうというか、可愛らしいCMだな」と暖かいCMに出来上がったという手応えを語った。

三作目となる今回の「空気を読まずにプロポーズ編」について坂口さんは「空気を読めないってプラスに思われない方もいらっしゃるじゃないですか、でも空気を読めなく優しい暖かいことを言う良いギャップが3作目では良い塩梅」と話すと石田氏も「すごく良かったですね」とそれに同意した。

06

CM撮影で新端末TONE m17を触ったという坂口さんは「今までの落としても大丈夫というのってゴツいイメージだったんですよ。色んなものに守られているからこその落としても大丈夫というそういう機械の進化のしかただと思っていたんですけど、(TONE m17は)凄くスタイリッシュで綺麗なデザインで、これでタフなんだ」とさらに進化して使いやすくなった製品について語った。

最後に坂口さんは「こんなに安心安全で丈夫で、持たせる親御さんだったり持たせる息子さんだったりの気持ちが温かくなる素敵なことだと思うので、まずは店頭で手に取って少し使ってみてください。そしたらもう放せなくなるなと思うので使ってみて欲しいです」と挨拶をした。

【かっ坂口健太郎さんがゲスト出演!トーンモバイル「新端末発売&新CMお披露目イベント」 動画】

動画リンク:https://youtu.be/uYpk-7TL0LQ


100

イベント終了後、坂口さんは蔦屋書店内のスマホコーナーで、愛用しているTONEのスマホからさっそくTONE m17に機種変更の手続きを行い、新製品を受け取っていた。

101


記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
TONEモバイル 関連記事一覧 - S-MAX