mineoがゲームでデータ容量をシェアできる「王国ダンジョン」サービスを開始!

ケイ・オプティコムは12日、同社が回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )にてゲームをプレイすることでユーザーが所有するデータ容量をシェアできる新たなサービス「王国ダンジョン」を提供開始するとお知らせしています。

mineoと言えば、ユーザー同士でデータ容量を融通し合える「フリータンク」がサービスの特徴として有名ですが、今回新たにサービスが開始された王国ダンジョンでは、このフリータンクのシステムをよりアグレッシブに、より楽しくユーザー同士でシェアリングできる仕組みとなっています。

mineo-dungeon-002
まるで本物のゲームメーカーが作ったゲームのようだ


■ダンジョンを踏破してデータ容量を手に入れろ!
王国ダンジョンはいわゆる「ウィザードリィ」タイプのダンジョン探索型RPGのようなデザインとシステムになっており、プレイヤーは迷宮のようなダンジョンを彷徨いながら地下深くへと潜っていき、秘宝「黄金のマイネ王冠」を手に入れることでクリアとなります。ダンジョンをプレイおよび作成できるのはmineoのユーザーコミュニティーサイト「マイネ王」の登録者のみとなっています。

敵となるモンスターなどは登場せず、プレイヤーキャラなども居ないためただ黙々とダンジョンを探索することになりますが、そこに隠されたお宝はただのゲーム内アイテムではなく正真正銘「mineoのデータ容量」であるため、自然と熱が入ってしまいます。

mineo-dungeon-003
いざ、秘宝(とデータ容量)探しの冒険へ!


ダンジョンを進むと稀に宝箱が出現し、その宝箱には1MBや10MBといったデータ容量の「パケットの原石」が入っています。これらは必ずデータ容量になるわけではなく一定確率となっており、このパケットの原石をどれだけ集められるかがデータ容量獲得のポイントになります。

mineo-dungeon-004
パケットの原石を発見!どんどん探し出そう!!


mineo-dungeon-014
パケットの原石ははずれの場合もある


ダンジョンは1歩歩くとバッテリーが1%減っていく仕様になっており、これが0%になるとゲームオーバーです。ダンジョンにはワープポイントやトラップもありなかなか本格的。中にはバッテリー残量を回復してくれるmineoショップなどもあります。

mineo-dungeon-005
無計画に歩き回るとあっという間にバッテリーを使い果たしゲームオーバーに……


mineo-dungeon-006
宝箱にはトラップもある。開けるか開けないかはプレイヤー次第だ


mineo-dungeon-007
残り僅かなバッテリーを全回復してくれる天使のようなmineoショップ発見!


mineo-dungeon-008
トラップだ!


mineo-dungeon-009
ダンジョン内に配置されたWi-Fiスポットを発見するとマップを確認することができる


■自慢の迷宮を作り出そう!
王国ダンジョンの真骨頂はダンジョンメイキング機能です。マイネ王ユーザーは自分で好みのダンジョンを作成可能で、5×5マスの小さなダンジョンから15×15マスの大きなダンジョンまで3つの広さを選択できます。またダンジョンの階層も自由に設定できるため、初心者向けの簡単なダンジョンから本格的な迷宮まで様々に作成できます。

mineo-dungeon-010
ダンジョンを踏破した際に入手できるデータ容量の上限などもユーザーが設定できる


ダンジョンクリアまでに歩いたターン数の少なさを競うランキングシステムなどもあり、そのランキングにも個別に報酬としてデータ容量を設定できるため、プレイヤー側が熱くなれる要素もある点が面白いところです。

mineo-dungeon-011
ダンジョン内の宝箱を重視するか、それともタイムアタックで遊ばせるか。ダンジョン作成者の腕の見せ所だ


各ダンジョンにはそれぞれにコメントを残せる掲示板があるため、そこでプレイヤー同士のコミュニケーションも図れるのも面白い点です。ユーザー同士のコミュニティを重視するmineoらしい企画と言えるでしょう。

■フリータンクにはない「パケットを預ける楽しさ」がある
従来のフリータンクは「毎月一定量までデータ容量をもらえる」という気軽さから好評となりmineoの好調な契約数増加を牽引する大きな施策でしたが、一方でデータ容量を引き出すばかりのユーザーが増え、フリータンクの残量が枯渇するという危機的状況に陥ったことが過去にあります。

これを受けてmineoではフリータンクの利用ルールを変更したり、ユーザーへフリータンク利用時のマナーなどを呼びかけるなど、その運用に非常に腐心していました。現在は比較的安定した運用が行われていますが、いつまた同じような問題が起こらないとも限りません。またフリータンクへデータ容量を預けるという行為自体がユーザーの善意に全面的に委ねられているというシステムの根本的な脆弱性は現在も変わっていません。

これに対し王国ダンジョンでは「データ容量を報酬としたダンジョンゲームを作る」という遊び方を提案したことで、ユーザーがより積極的に余ったデータ容量を預けたくなる仕組みとなっています。

mineo-dungeon-012
「ゲームを作る楽しさ」を上手くシステムへ昇華している


自分の作ったダンジョンをみんなに遊んでもらいたい。難攻不落だけど一攫千金を狙えるダンジョンでみんなに盛り上がってもらいたい。……そんな遊び心をくすぐる仕組みが新たなデータ容量シェアサービスとして成功するかどうかはまだ未知数ですが、フリータンクと並びmineoのユニークなサービスの1つとして成長していく可能性を感じます。

最後に手前味噌ではありますが、mineoユーザーの筆者もお試しでダンジョンを制作してみました。あまり難しくないダンジョンですので、mineoユーザーの皆さんはぜひ遊んでみてください。

*SIMのなかにいる* | 王国ダンジョン | マイネ王


mineo-dungeon-013
余談だが、王国ダンジョンには裏ダンジョンがあるようだ。どこにあるかは……自分で探してみよう


紹介コード
http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F0U2C7X4J0




記事執筆:秋吉 健


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
mineo 関連記事一覧 - S-MAX
マイネ王国建国3周年記念コンテンツ「王国ダンジョン」スタートです! | スタッフブログ | マイネ王