デルのイメージを変える新しいノートPC「New XPS 13」を紹介!

デル(Dell Japan)は1月26日に都内にて「New XPS 13 発表会」を開催し、新たに女性をターゲットとしたカラーを追加したプレミアムモバイルノートパソコン(PC)「New XPS 13」を発表した。

インテル第8世代Core i5-8250Uを搭載した最小構成のモデルが169,980円(価格は送料込み税別)、Core i7-8550Uプロセッサー、16GB LPDDR3 2133MHzのRAM、1TB PCIe NVMe SSD、4K Ultra HD(3840×2160ドット)タッチディスプレイ搭載の最上位モデルが259.980円となり、すでにデルの直販Webストアでは受注を開始している。

今回はそんなハイスペックなモバイルノートPCであるNew XPS 13の外観やこだわりポイントなどを写真と動画で紹介していく。

02

New XPS 13の特徴は、4コアを搭載するインテル第8世代Coreプロセッサーを搭載する13インチノートPCで、フレームレス・ディスプレイと薄型化で持ち運びも便利に。フルHD(1920×1080ドット)モデルはバッテリー持続時間が19時間46分である。

03

発表会ではNew XPS 13のプレゼンテーションをデル エクスペリエンス・デザイン・グループ ディレクターのマック・タナカ氏が行った。

04

New XPS 13はプラチナシルバー&ブラックの従来カラーに加えて、天板がローズゴールドで内側がアルペンホワイトのローズゴールド&アルペンホワイトを追加。これまでXPS 13にはローズゴールドモデルがラインナップされていたが、内側が明るいアルペンホワイトとしてイメージを刷新されている。

ブラックは従来通りにカーボンファイバー製パームレストを採用しているが、アルペンホワイトはグラスファイバーをベースとしたコンポジットかつ複合モールドだ。また単純に白いだけでは汚れが目立ってしまうため、表面をUVカットと防汚コーティングすることで「1000日使って変色しない」と話す。

ディスプレイは周囲の縁(ベゼル)を4mmまで狭めた次世代フレームレス・ディスプレイでコンパクトさと13.3インチの大画面を両立する。

さらに冷却技術にも力を入れており、ノートPCとして世界ではじめて「GORE Thermal Insulation(熱絶縁フィルム)」を採用。プロセッサーやグラフィック部品などを冷却するためのデュアル廃熱パイプの一部をこの素材で覆うことで、高負荷時でもシステムを低音に保つという。

05

そして、ストリーミング動画が当たり前となったことで、New XPS 13は「DELL CINEMA」として新たな価値を追加した。

ディスプレイは「Windows HD Color」を採用し、動画配信サービス「Netflix」のHDRをサポートする。また「WavesMaxx Audio Pro」を採用し、鮮明な高音・迫力のある低音を再現している。

ストリーミング動画において、一番重要なのはネットワーク接続の安定性だろう。New XPS 13は、ゲーミングPCではお馴染みの「Killer Wireless」を採用し安定した通信を可能としている。これらの特徴は、以下に動画でも紹介しておく。


動画リンク:https://youtu.be/EIoLAH-0TCQ


06

続いて、実際にNew XPS 13を実機でチェックしていこう。カラーバリエーションのうちの精悍な印象を受けるプラチナシルバー&ブラックだ。画面がギリギリまで広がっているようなフレームレスデザインとなっている。

07

一方のローズゴールド&アルペンホワイトは、従来のビジネス向けやメンズ向けのような印象が強かった「XPS」シリーズの印象を大きく変えている。グラスファイバー繊維を使ったパームレストの仕上げは、XPSらしいこだわりを感じる部分でもある。

08

キーボードはアイソレーションタイプでややエンターキーが小さめ。トラックパッドは中央にあるため、スペースキーから右にシフトしたような位置となる。カーソルキーの左右とページアップ・ページダウンキーが近い点に癖があると感じた。

09

ブラックはカーボンファイバーの繊維が、アルペンホワイトはグラスファイバーの繊維がそのまま見える点がアクセントとなっている。どちらも表面はサラサラしているので、手のひらが長時間当たってもべた付かないように思う。

10

ディスプレイの下には、Webカメラと「Windows Hello」の生体認証センサーがあり、顔認識でWindows 10にログイン可能だ。

11

キーボード右上にある電源キーは指紋センサーも兼ねており、指紋認証によるログインも可能だ。右側面の端子は、SDカード、USB 3.1 Type-C、イヤホン端子がある。

12

左側面には、Thunderboltが2つ、バッテリーチェック用のボタンとLEDがある。

13

側面の手前側両サイドにはスピーカーがある。

14

本体前面には4つのマイクを搭載し、最大約4.3m離れた場所からの音声認識機能が使用可能であるという。

16

展示会場には、新製品のフレームレスモニターの27インチモデル「S2719DM」と23.8インチモデル「S2419HM」を展示。DELL CINEMAに対応し、大画面で没入感のある映像が楽しめる。

17

背面の仕上げも美しく、端子類もシンプルだ。

<18

最後に発表会ではゲストとしてフリーアナウンサーの青木裕子さんを迎えてトークセッションが行われた。青木さんはNew XPS 13について「見た目がコンパクトなのに画面が大きく、軽くて薄いこと、映像が綺麗なことが衝撃的」と話す。

デルの印象について「ビジネスマンが使ってらっしゃるようなメンズライクなイメージが強く、私とは縁遠いブランドだと思っていた」「(New XPS 13は)お洒落でスタイリッシュ」と印象が変わったと話した。

20

デルのXPSシリーズは、ビジネスに寄りすぎず、作り込みの良さと高性能を併せ持つ魅力的な製品であったが、家に置いておくには硬いイメージが強かった。今回発表したローズゴールド&アルペンホワイトの新色は、これまでのXPSの魅力にプラスαすることで新たな顧客獲得に大きく貢献しそうである。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページデル、全面刷新した世界最小の13.3インチノートパソコン「New XPS 13」を発売 - Dell コミュニティ
デル、「New XPS 13」の発売記念キャンペーンを実施 - Dell コミュニティ