docomoが子どもの見守りサービス「ドコッチ」を2019年度末で終了!

NTTドコモは5日、親などの家族が子どもの日頃の活動をさりげなく見守り、家族の安心と子どもの自立や安全をサポートするサービス「ドコッチサービス」を2019年3月31日(日)に終了すると発表しています。

ドコッチサービスは、各種センサーおよび通信機能を搭載したウェアラブル製品「ドコッチ 01(型番:DC01)」を装着することによって子どもの様子をいつでも確認できるサービスとして2015年4月4日から提供しています。

しかしながら、利用者のニーズと市場環境を踏まえて、経営資源を集中すべくサービスの提供を終了することにしたとのこと。なお、位置検索サービス「イマドコサーチ」などのドコッチサービス以外については引き続きドコッチ 01で利用可能。

またサービス提供終了に先立って2018年3月31日(土)にドコッチサービスの新規申し込みおよびドコッチ 01の新規販売の受付を終了し、ドコッチ 01および「ドコッチおでかけアプリ」および「ドコッチアプリ」のサポートも2019年3月31日までとなるということです。

02

ドコッチサービスは2014年9月に「2014-2015年冬春モデル」にて発表され、2015年4月4日から開始されたサービスで、利用にはデバイスプラス500(月額540円)などのプランが必要となります(金額は税込)。

専用ウェアラブル製品のドコッチ01(Huawei Technologies製)はGPSや3G(W-CDMA方式)に対応した腕時計型端末で、音声通話には非対応ながらFOMAの2GHz帯(Band 1)および800MHz帯(Band 6)、新800MHz帯(Band 19)に対応し、HSDPAにも対応したデータ通信が可能となっています。

また防水(IPX5)および防塵(IP5X)のほか、温度・湿度センサーを搭載して子どもの活動状況と組み合わせて夏場の熱中症予防や感想した冬場の風邪対策などといったアドバイスを教えてくれる機能なども搭載。Bluetoothによって親のスマートフォンなどとペアリングしておくことで万が一、迷子になっても子どもの居場所がわかる迷子防止機能にも対応しています。

ドコッチ01は販売終了する3月末までは公式Webストア「ドコモオンラインショップ」でも販売されており、本体価格15,768円で、機種変更の場合はそのまま15,768円(分割657円/月×24回)となりますが、新規契約の場合にはデバイスプラス割が適用されて10,584円(分割441円/月×24回)となっています。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 「ドコッチサービス」の提供終了について | お知らせ | NTTドコモ
ドコッチ 01 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ