ファーウェイが最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」を日本投入へ!?

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は3日、同社の公式Twitterアカウント( @huawei_japan_pr )において2018年6月11日(月)に最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」シリーズの日本展開について発表することを示唆したティザー画像を公開しています。

すでにHUAWEI P20シリーズは日本においてNTTドコモ向け「HUAWEI P20 Pro」、au向け「HUAWEI P20 lite」、そしてSIMフリー版のHUAWEI P20 liteがUQ mobileおよびY!mobileから販売されることが発表されています。

このうちのHUAWEI P20 Proについては日本ではNTTドコモのみの販売となることが案内されていますが、一方で引き続いて日本におけるSIMフリー製品を販売するオープンマーケットにも注力していくことが明らかにされています。

すでにHUAWEI P20 liteのSIMフリー版がUQ mobileおよびY!mobileから販売されることが決まっていますが、ティザーでは「進化したLeicaレンズでSmartphone撮影が変わる」とも書かれており、HUAWEI P20 liteは「Leica」レンズではないため、より上位のHUAWEI P20が投入されるものと見られます。

またHUAWEI P20 liteについてもUQ mobileやY!mobile以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、ECサイトといった販路でも取り扱われるといった発表もあるかもしれません。なんと言っても、販売台数では「lite」シリーズが中心ですし、販路が広がることでこれまでの「HUAWEI P9 lite」や「HUAWEI P10 lite」に続く人気機種になりそうです。


HUAWEI P20はHUAWEI P20シリーズのベースモデルで、上位モデルのHUAWEI P20 Proは約6.1インチフルHD+(1080×2244ドット)有機EL(約408ppi)およびトリプルカメラとなっていますが、HUAWEI P20は約5.8インチフルHD+(1080×2244ドット)TFT液晶(約428ppi)およびデュアルカメラです。

外観デザインはほぼHUAWEI P20 Proと同じで、ディスプレイの下中央には指紋センサーを兼ねたホームキーが搭載されており、それでいながらも狭額縁デザインで画面上部中央には切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のあることなどから画面占有率が高い“ほぼ全画面デザイン”に。

カメラ部分は1画素1.55μmの約1200万画素カラーCMOS(F1.8)+約2000万画素モノクロCMOS(F1.6)のデュアルカメラで2倍光学ズーム相当のハイブリッドズームなどに対応し、オートフォーカス(AF)は4D動体予測に対応。

またこれまでと同様に光学機器メーカーのライカ(Leica)との協業でレンズや画質チューニングを共同開発しており、新たに「Leica Dual Camera」は第3世代となりました。さらにフロントカメラはHUAWEI P20 Proと同じ約2400万画素CMOS(F2.0)を搭載し、AIによる3Dポートレートライティング機能が追加。

その他の詳細な製品情報は『最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P20」シリーズを正式発表!流行りの縦長画面搭載で、上位モデル「HUAWEI P20 Pro」はトリプルカメラ搭載で光学5倍相当や暗所撮影に対応 - S-MAX』をご参照ください。NTTドコモ向けHUAWEI P20 Proでは海外モデルにある特殊な本体カラーのトワイライトがないため、SIMフリー製品で採用するかどうかも注目です。

同社の端末部門を統括し、Huawei Deviceの日本・韓国リージョンでデバイス・プレジデントを務める呉波(Wu Bo)氏も日本市場におけるオープンマーケットへの注力は継続し、HUAWEI P20シリーズもSIMフリー製品で販売することを示唆していました。

HUAWEI P20が発売されるとすると気になるのは価格なのかなと思われますが、海外ではHUAWEI P20 Proが10万円を超えていますが、HUAWEI P20は3万円ほど安い8.5万円程度となっているため、その辺りも含めて楽しみにしたいところです!



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
HUAWEI P20シリーズ 関連記事一覧 - S-MAX
Huawei Japan - ファーウェイ・ジャパン - Building a Fully Connected Intelligent World