より低価格なスタミナスマホ「moto g8 power lite XT2055」が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo傘下のMotorola Mobilityが「XT2055-5」(認証番号:018-200126)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年5月8日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

XT2055はすでに海外にて発表されている大容量5000mAhバッテリーを搭載した「moto g8 power lite」であることがわかっており、日本でもすでに「moto g8」ファミリーとして「moto g8 power」も販売されていますが、さらにより低価格なmoto g8 power liteも投入されることになりそうです。

02
総務省による認証情報

moto g8 power liteは同社のミッドレンジクラスとなるmoto gシリーズの最新機種である「moto g(第8世代)」における大容量バッテリー搭載の廉価モデルで、同じ大容量バッテリー搭載のmoto g8 powerからSoCやカメラなどのスペックを落として低価格化しています。

画面はmoto g8 powerでは画面左上にパンチホールが配置されていますが、moto g8 power liteは部中央に面積の狭いU型ノッチが配置されたアスペクト比9:20のさらに縦長な約6.5インチHD+(720×1600ドット)IPS液晶「Max Vision display」(約269ppi)を搭載し、画面占有率は約87%となっています。

05

またノッチ部分にフロントカメラは約800万画素CMOS(1画素1.12μm)/広角レンズ(F2.0)を搭載。サイズは約164.94×75.76×9.2mm、質量は約200g、本体カラーはRoyal BlueおよびArctic Blueの2色展開。背面のMotorolaロゴ部分に指紋センサーを搭載。外装はプラスチックで撥水仕様。5000mAhバッテリーを搭載し、急速充電(10W)に対応。

背面に搭載されているリアカメラはトリプル構成で、像面位相差オートフォーカス(PDAF)に対応した約1600万画素CMOS(1画素1.0μm)/広角レンズ(F2.0)および約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/マクロレンズ(F2.4)、約200万画素CMOS(1画素1.75μm)/デプスカメラ(F2.4)となっています。

製品moto g8 power litemoto g8 powermoto g8moto g8 plus
画面6.5型HD+
(U型ノッチ)
6.4型FHD+
(パンチホール)
6.4型HD+
(パンチホール)
6.3型FHD+
(U型ノッチ)
大きさ164.94×75.76×9.2mm155.95×75.84×9.63mm161.27×75.8×8.95mm158.4×75.8×9.1mm
重さ200g197g188.3g188g
SoCHelio P35Snapdragon 665Snapdragon 665Snapdragon 665
RAM4GB4GB4GB4GB
ストレージ64GB64GB64GB64GB
microSDXC
電池容量5000mAh5000mAh4000mAh4000mAh
背面カメラ16MP/F2.0(広角)
2MP/F2.4(マクロ)
2MP/F2.4(デプス)
16MP/F1.7(広角)
8MP/F2.2(超広角)
8MP/F2.2(望遠)
2MP/F2.2(マクロ)
16MP/F1.7(広角)
8MP/F2.2(超広角)
2MP/F2.2(マクロ)
48MP/F1.7(広角)
16MP/F2.2(超広角)
5MP/F2.2(深度)
前面カメラ8MP/F2.0(広角)16MP/F2.0(広角)8MP/F2.0(広角)25MP/F2.0(広角)

主な仕様はMediaTek製チップセット(SoC)「Helio P35」(オクタコアCPU「2.3GHz×4+1.8GHz×4」+PowerVR GE8320 GPU)および4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大256GB)、microUSB端子(USB 2.0)、3.5mmイヤホンマイク端子。

その他、IEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHz)の無線LAN(Wi-Fi)やBluetooth 4.2、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・Galileo)、加速度センサー、ジャイロセンサー、近接センサー、環境照度センサー、SARセンサー、位置情報取得(A-GPS・GLONASS・Galileo)、マイク×2など。NFCは非搭載。OSはAndroid 9.0(開発コード名:Pie)をプリインストール。

04
moto g8 power liteはスペックは低いものの、トリプルリアカメラを搭載。上からメインカメラ、マクロカメラ、デプスカメラ、フラッシュLEDライト


SIMカードはnanoSIMカード(4FF)が1つのシングルSIMモデルと2つのデュアルSIMモデルがラインナップされ、microSDカードスロットはともに別で、デュアルSIMモデルの場合にはトリプルスロット搭載し、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応。

その他の海外向けにおける詳細な製品情報は『Motorola、低価格な大容量5000mAhバッテリー搭載スマホ「moto g8 power lite」を発表!欧州では169ユーロ(約2万円)で販売 - S-MAX』をご覧ください。なお、 日本向けの携帯電話ネットワークにおいて取得している対応周波数帯は4GのFDD-LTE方式でBand 1および3、8、18、19、26、28、TD-LTE方式(WiMAX 2+およびAXGP方式に互換)でBand 41、3GのW-CDMA方式でBand 1および6、8、19となっています。

03
moto g8 power liteのカラーバリエーション。左がRoyal Blue、右がArctic Blue


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
moto g8 power lite 関連記事一覧 - S-MAX
総務省 電波利用ホームページ | 技術基準適合証明等を受けた機器の検索 | 018-200126