S-MAX

2016年10月

ソフトバンク、SoftBank向け最新エクスペリアスマホ「Xperia XZ 601SO」を11月2日に発売!本体価格は9万3120円と高めながら、実質価格はMNPの1万800円から


SoftBank向け新スマホXperia XZ 601SO」が11月2日に発売!

ソフトバンクは31日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」向けに今冬から来春にかけて発売する「2016-2017冬春モデル」のうちのソニーブランドの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ(型番:601SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年11月2日(水)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店で事前予約受付が実施されており、価格も案内されていますのでまとめて紹介します。

続きを読む

親世代のスマホデビューも格安スマホで!携帯電話系の人気ユーザーイベント「IIJmio meeting 13」における初心者向けプレゼンテーションを紹介【レポート】


格安SIMなどの仕組みを紹介するイベント「IIJmio meeting 13」を紹介!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は22日、NTTドコモやauから回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」についてのサービス内容やMVNOの仕組みなどを幅広く紹介するユーザー向けイベント「IIJmio meeting 13」を開催しました。

前回、このイベントの展示部分について紹介しました。一方、プレゼンテーションは大きく分けて3つの内容から構成されており、それぞれ「初心者向け」「中級者向け」「上級者向け」と続いていきます。今回はその中でも初心者向けとなるプレゼンテーションの内容をお伝えします。

続きを読む

ZTEの最新SIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」でデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)を試す!設定や活用方法を紹介【レビュー】


ZTEのフラッグシップスマホ「AXON 7」で最近話題のDSDSを試した!

ZTE(中興通訊)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AXON 7」とその小型・廉価版「AXON 7 mini」。日本でもZTEジャパンから10月13日に正式に発売されることが案内され、すでに10月21日よりSIMフリーモデルとして販売されています。

デザインにも注力したZTEの主力「AXON」シリーズの最新作として日本市場に投入されましたが、両機種とも先に発売されているミドルレンジスマホ「BLADE V7 MAX」と同じく日本における「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」機能に対応しています。

DSDSに対応することによって、4G(LTE方式)と3G(W-CDMA方式)の2つのSIMカード(回線)を同時に1つの携帯電話で通話・通信の待ち受けが可能になります。

すでにBLADE V7 MAXでもDSDS機能を紹介していますが、今回はあらためてAXON 7とAXON 7 miniにおけるDSDSの設定方法をご紹介します。なお、記事では主にAXON 7を用いてますが、AXON 7 miniにおいても同様に設定することが可能です。

続きを読む

ヨドバシカメラ、Y!mobile新規契約でSIMフリースマホ「ZenFone 3」の本体代を一括税込1万9800円にするキャンペーンを10月31日まで実施中!オンラインではSIM契約で1万円還元


shimajiro@mobiler

ヨドバシカメラが10月22〜23日の土日に週末限定で開催していた「Y!mobile」の新規契約とSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」の同時購入で本体価格(税込)を通常一括42,980円のところ19,800円で販売するキャンペーンを再度10月31日(月)まで実施しています。

本体価格の割引金額は約2.3万円とかなり大きいのでZenFone 3を購入しようと思っている人にはオススメな案件だ。なお、東京・新宿のヨドバシカメラにて確認した。そのため、他の店舗によっては同様のキャンペーンを行っていない可能性もあるので注意して欲しい。

ただし店頭にキャンペーンのポップなどがない場合でも店員に聞いてみると同様の施策を実施していることを案内してくれる場合もあるので気になる人は一度最寄りのヨドバシカメラに問い合わせてみると良いかもしれない。

続きを読む

JR東日本エリア以外の人でSuicaカードを持っていなくても大丈夫!iPhoneなどでSuicaを発行する方法を紹介【ハウツー】


iPhoneでSuicaを発行して電子マネーやSuica相互乗り入れの鉄道で使おう!

ついに日本でもiPhoneでSuicaやiD、QUICPayといった電子マネー・ICカード乗車券が使える「Apple Pay」がスタートしました。中でも注目されているのが鉄道などの交通機関でも使えるSuicaでしょう。

また、Suicaは他のPASMOやICOCA、TOICA、SUGOCAなどのICカード乗車券・電子マネーと相互利用が可能となっていますので、Apple PayがPASMOなどに対応していなくても、Apple Payに登録したSuicaでPASMOに対応した交通機関でタッチ&ゴーすることができます。

また、コンビニエンスストアなどでもSuicaは全国展開しているのでSuicaを提供している東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)のエリア以外の人でも便利に使えるサービスです。

ただし、そういった生活圏がJR東日本エリア以外の場合にはそもそもSuicaを持っていないというケースも多いでしょう。

そのような場合でもJR東日本がSuicaのApple Pay対応に合わせて新しくiPhoneやiPadなどのiOS向けに「Suica」アプリを提供開始し、このアプリからSuicaを発行できるようにしています。

そこで今回は、まだSuicaを持っていないけれどもこれからSuicaを「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」、「Apple Watch Series 2」で使ってみようという人に向けてSuicaアプリでSuicaを発行する方向を紹介したいと思います。

続きを読む

いきなり一括648円でいいの!?NTTドコモ初のオリジナルブランドスマホ「MONO MO-01J」の気になる価格をチェック


ドコモオリジナルブランドのスマホ「MONO MO-01J」の価格を紹介!

NTTドコモ初のオリジナルブランドのスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J 」(ZTE製)が発売時から0円に近い一括648円(税込)で販売されると大々的に発表されて話題となっています。

というのも、これまではiPhoneなどの人気機種を中心に新製品は一括0円や実質0円といった大幅な割引を伴うような販売が総務省によって制限されているから。

つい最近も「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の販売でクーポンを適用すると実質0円になるとしてNTTドコモなどの大手携帯電話会社3社が厳重注意を受けていた。

これらは今年3月に総務省が策定した「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)に沿ったもの。

一方でガイドラインでは3万円(税抜)以下の低価格製品は対象外としており、今回のMONO MO-01Jはこれに該当するため、仮に実質0円や一括0円であってもOKということになっています。

今回はそんなMONO MO-01Jについてすでに予約受付を実施している公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で正式な価格が案内されていましたので紹介したいと思います。

続きを読む

楽天モバイルがSIMフリーの折りたたみ型「AQUOS ケータイ SH-N01」やスマホ「AQUOS SH-M04」、約1万円タブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」を発表!各機種を写真で紹介【レポート】

楽天が折りたたみ式携帯電話の取扱開始!2016-2017冬春モデルを発表

楽天は27日、都内にて「2016-2017冬春新商品・新サービス発表会」を開催し、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )向けに新たに3機種を取り扱うことを発表した。

新ラインナップとして紹介されたのは、Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)搭載のミドルレンジスマートフォン(スマホ)「AQUOS SH-M04」とAndroidをベースしたOSを搭載する折りたたみ型フィーチャーフォン「AQUOS ケータイ SH-N01」(ともにシャープ製)、そして10,980円(すべて税別)の格安7インチタブレット「MediaPad T1 7.0 LTE」(ファーウェイ製)だ。

各機種ともにSIMフリーとして楽天モバイル以外でも販売されるが、中でも楽天モバイルとして新たに取り扱いを開始するAQUOS ケータイ SH-N01は、NTTドコモなどの大手携帯電話会社(以下、MNO)で「ガラケー」を使っているユーザーに対してより安い定額プランで安心して使えることを訴求する。今回はこの新ラインナップ3製品を写真で紹介していく。

続きを読む

ZTEのフラッグシップの実力をチェック!SIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」の性能をベンチマークや艦これで試してみた【レビュー】


ZTEの新スマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」の性能をベンチマークで検証!

ZTEジャパンから10月21日に発売されたSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」および「AXON 7 mini」(ともにZTE製)。

ZTEの最新フラッグシップスマホであるAXON 7とその小型・廉価版のAXON 7 miniですが、ともに基本性能だけでなく注力したオーディオ性能、そして流れるようなデザインが美しいコストパフォーマンスの高いモデルとなっています。価格はオープンながらメーカー希望小売価格(税別)でAXON 7が59,800円、AXON 7 miniが39,800円。

これまでに開封レポートプリインストールアプリや基本機能の紹介などをお送りしましたが、今回はこれらのAXON 7とAXON 7 miniの2機種でベンチマークアプリを使って性能をチェックしましたので、比較しながら紹介していきたいと思います。


続きを読む

オンキヨーが富士通とタッグで2017年にスマホを発売と発表会で表明!最新スマホ「arrows NX F-01J」は協業第1弾で高音質に、タフネスさと虹彩認証も向上【レポート】

富士通のスマホは新製品4モデルと法人向け1モデル!オンキヨーとの協業も

富士通コネクテッドテクノロジーズは25日、都内にて「最新スマートフォン・携帯電話の発表会」を開催し、すでに発表されている12月上旬発売予定のNTTドコモ(以下、ドコモ)向けスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01J」などの製品説明などを行った。

同社では今冬から来春にかけてarrows NX F-01Jのほか、ドコモ向けとして12月中旬発売予定の「らくらくホン F-02J」、2017年3月発売予定の「らくらくスマートフォン4 F-04J」、2017年2月発売予定の「キッズケータイ F-03J」、そしてSIMフリースマホ「arrows M03」をベースにした法人向けスマホ「arrowsM357」を新ラインナップとして紹介した。

また、富士通とオンキヨーの協業についても語られ、オンキヨーから同社のONKYOブランドのスマホを2017年に発売予定であることを明らかにした。今回はarrows NX F-01Jの製品説明およびオンキヨーとの協業について紹介していく。


続きを読む

スターバックスカードで5千円入金ごとに好きなドリンク1杯が無料になるキャンペーンを12月25日まで実施中!dカードによるチャージならポイント4倍還元も


shimajiro@mobiler

スターバックス・ジャパンは26日、同社のコーヒーチェーン店「スターバックス」において支払いに使えるプリペイド式カード「スターバックスカード」に5,000円入金するごとに好きなドリンクが1杯無料になるキャンペーンを2016年10月26日から12月25日まで開催するとお知らせしている。

スターバックスカードは、店頭でのチャージのほか、オンラインでもチャージが可能で、フィーチャーフォンやAndroidのおサイフケータイ(FeliCa)にも対応している。

またオンラインでのチャージについては、NTTドコモのクレジットカードサービス「dカード」における「ドコモ特約店」となっており、dポイントが100円につき3ポイントボーナス(通常付与される分とあわせて4ポイント)還元されるのでよりお得になる。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。