S-MAX

イー・モバイル

ソフトバンクモバイルを存続会社としてソフトバンクBBおよびソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社が4月1日に合併!移動通信サービスは「ソフトバンク」と「Y!mobile」の2ブランドに


ソフトバンクグループの国内通信会社がソフトバンクモバイル1社に合併に!

ソフトバンクは23日、同社グループの通信会社であるソフトバンクモバイルおよびソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社を2015年4月1日(予定)効力発生日として合併すること取締役会で決議したと発表しています。

存続会社はソフトバンクモバイルとし、既存サービスのブランド名は維持し、移動通信サービスは「ソフトバンク」および「Y!mobile」の2ブランドで引き続き提供していくといています。

ワイモバイルについては昨年にイー・アクセスとウィルコムが合併してまたかというところもありますが、当初は周波数割当などで別会社であるメリットを考えていましたが、その後、グループ会社ごととなったことなどで近いうちに再合併かなと思われていましたが、今回、それが実施されるということです。

続きを読む

イー・モバイル「Nexus 5 EM01L」のEMOBILE 4G-S契約によるSIMカードが他社のSIMフリーモデルでも利用可能に【レポート】


shimajiro@mobiler

昨年、注目した話題の1つにGoogleブランドのSIMフリースマートフォン「Nexus 5」の国内発売と、イー・アクセス(現ワイモバイル)がイー・モバイル向けにSIMフリーかつ特に携帯電話会社のカスタマイズが入らない状態で「Nexus 5 EM01L」として発売したというのがあったが、イー・モバイル版は付属するSIMカード(契約)に制限があり、例えば、Google Playで購入した「Nexus 5 LG-D821」に装着しても利用できないようになっていました。

ところが、イー・アクセスとウィルコムが合併し、ワイモバイルとした新たにスタートした現時点では新しく「スマホプラン」が開始されたからなのか詳細はわかりませんが、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも執筆しているk_tuned氏のブログ記事「ワイモバイル Nexus5 (EM01L) SIMのIMEI制限が解除された模様 | 株式会社 来々軒」にてその制限が変更されているというのを見かけたので、検証も含めて紹介したいと思います。

続きを読む

ワイモバイル、新ブランド開始に合わせて初の直営店を六本木に8月1日10時オープン!記念に8月3日まで1日先着200名にオリジナルパパブブレキャンディをプレゼント


ワイモバイル初の直営店が六本木に8月1日オープン!

ワイモバイルは31日、新ブランドの開始に合わせて2014年8月1日(金)10時よりワイモバイル初の直営店舗「ワイモバイル六本木 Internet Park」をオープンすると発表しています。

ワイモバイルは今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、7月に社名を変更した会社。さらに8月からはヤフーと連携した「Y!mobile(ワイモバイル)」ブランドとし、これまでのイー・モバイルやウィルコムブランドを統一します。

なお、ワイモバイル六本木 Internet Park特設ページを8月1日(金)に別途公開予定のほか、8月1日(金)から3日(日)に来店した人のうちの1日先着200名に「『ワイモバイル六本木 Internet Park』オリジナル、パパブブレキャンディ」をプレゼントするということです。キャンディは期間中に1人1回限りで、なくなり次第終了。

続きを読む

ワイモバイル、月額2980円からのスマホ向け新料金プラン「スマホプラン」を8月1日から開始!PHS音声機種やデータ通信向けも「ケータイプラン」および「Pocket WiFiプラン」に名称変更


ワイモバイルが新料金プラン「スマホプラン」を発表!

ワイモバイルは17日、今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、その後、7月にワイモバイルに社名を変更後、はじめての「ワイモバイル 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、今後の事業戦略や新料金プラン、新サービス、新機種を発表しています。

新料金プランとしては「Y!mobile」ブランドをスタートさせる8月1日と同時にスマートフォン(スマホ)向け新料金プラン「スマホプラン」を導入します。

スマホプランは月当たりに利用できるデータ通信量に応じて、1GBおよび3GB、7GBの3種類用意され、1回10分以内で月300回までの国内通話定額と合わせて月額3,980円からの“全部コミコミ”となっています。また、スマホプランを対象とした国内通話が相手先、通話時間、通話回数による制限がなく使えるようになる「スーパーだれとでも定額」も月額1,000円で提供。

一方、ケータイやデータ通信端末向け料金プランは既存のウィルコムやイー・モバイル向けのプランが名称変更され、ケータイ向けでは「新ウィルコム定額プランS」が「ケータイプラン」、データ通信端末向けでは「4Gデータプラン」が「Pocket WiFiプラン」として提供されます。

その他、各種割引やキャンペーンなど、さらに、新規申込受付が終了される料金プランやサービス、名称が変更される料金プランやサービスなどが発表されています。

続きを読む

イー・モバイル オンラインストアが「ワイモバイル オンラインストア」に8月1日からリニューアルへ!既存機種はNexus 5も含めて販売終了に――ウィルコムネットショップは閉店


ワイモバイル オンラインストアへリニューアルで既存のNexus 5などは販売終了!

ワイモバイルは17日、同社のイー・モバイルブランドにおける公式Webショップ「イー・モバイル オンラインストア」を2014年8月1日(金)に「ワイモバイル オンラインストア」へリニューアルするとお知らせしています。

また、リニューアルに伴い、現在販売している「Nexus 5 EM01L」および「Pocket WiFi GL10P」、「Pocket WiFi GL01P」などといった既存機種については申込受付を終了するということです。

さらに、同日、同じくウィルコムブランドにおける公式Webショップ「ウィルコムネットショップ」(運営は「エヌエスケーケー」)については2014年7月27日(日)をもって閉店するとのこと。

続きを読む

すぐわかる新生「ワイモバイル」発表会!ヤフー提携と低価格スマホを武器にシェア拡大を狙う【レポート】


EMOBILEやWILLCOMのブランドを「Y!mobile」に統一!

既報通り、ワイモバイルは17日、新ブランド「Y!mobile」を開始する「新サービス・新商品発表会」を開催し、8月1日より提供される新機種と低価格かつシンプルな新料金プラン、さらに、ヤフーとの提携による「Yahoo! JAPAN」と連携した新サービスについて発表した。

発表会ではワイモバイル代表取締役社長兼CEOのエリック・ガン氏(写真=中央)がプレゼンテーションを行い、今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、その後、7月に社名をワイモバイルに変更し、新たなブランドで事業展開していくに当たり、今後の同社の方向性も見える内容となった。

そこで、今回は発表会のプレゼンテーションおよび質疑応答の内容を中心に写真を交えて紹介する。

続きを読む

ワイモバイル、新サービス・新商品発表会を開催!新料金プランやスマホ2機種&PHSケータイ4機種など新機種7機種――8月1日より「Y!mobile」ブランドもスタート


ワイモバイルが初の発表会を開催!

ワイモバイルおよびウィルコム沖縄は17日、今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、その後、7月にワイモバイルに社名を変更後、はじめての「ワイモバイル 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、今後の事業戦略や新料金プラン、新サービス、新機種を発表しています。

まず、8月1日よりスマートフォン(スマホ)向け新料金プラン「スマホプラン」を導入します。スマホプランは月当たりに利用できるデータ通信量に応じて、1GBおよび3GB、7GBの3種類用意され、1回10分以内で月300回までの音声通話定額と合わせて、スマホプランS(1GBまで)が月額2,980円、スマホプランM(3GBまで)が月額3,980円、スマホプランL(7GBまで)が月額5,980円になるとのこと。さらに、スマホプランを対象としたオプションサービス「スーパーだれとでも定額」により、国内通話が相手先、通話時間、通話回数による制限がなく使えるようになります。

新機種はスマホが「STREAM S 302HW」および「DIGNO T 302KC」、PHS音声機種(ケータイ)が「STOLA 301KC」および「BISINESTA 301JR」、「CRESTIA 402KC」、「LIBERIO 401KC」の4機種、この他、モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 303HW」を投入。

各種新サービスの開始に伴い、現在提供している「イー・モバイル」および「ウィルコム」のブランドおよびブランドロゴを8月1日から「Y!mobile」に統一、変更し、「イー・モバイルショップ」および「ウィルコムプラザ」といったショップの名称も「ワイモバイル ○○」に変更するということです。


続きを読む

ワイモバイルが8月1日に通話&通信定額が月2980円からの新料金プランを導入と報道!ヤフーと連携でWebサイトを使うと利用可能通信量が増える仕組みも開始――8月発売の新スマホも


ワイモバイルも新料金プラン導入へ!

日本経済新聞(以下、日経新聞)は17日、イー・アクセスとウィルコムが合併後に社名を変更したワイモバイルがスマートフォン(スマホ)向けの音声通話およびデータ通信がともに定額で使える月額2,980円からの新料金プランを8月1日(金)に導入すると報道しています。恐らく本日開催予定の「ワイモバイル 新サービス・新商品発表会」にて発表されると見られます。

また、記事ではヤフーと協業でWebサイトの利用頻度に応じて使えるデータ通信量が増える仕組みも開始するほか、8月に発売するスマホの新機種にはあらかじめヤフーのWebサイトやアプリをプリインストールするなど、連携していくとしています。

続きを読む

Y!mobileブランドもあるのか!?ワイモバイル、発足初の新サービス・新商品発表会を7月17日13時より実施


ワイモバイルが新商品発表会を明日開催!

ワイモバイルは16日、発足してはじめての「新サービス・新商品発表会」を2014年7月17日(木)13時から開催することを明らかにしました。

今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、その後、7月にワイモバイルに社名を変更後、はじめての発表会となり、今後の方向性を確認する上でも重要なイベントとなりそうです。

続きを読む

携帯電話・PHS・BWAの人口カバー率が新基準に!500mメッシュで算出へ


人口カバー率が500mメッシュによる新基準で統一に!

電気通信サービス向上推進協議会および電気通信事業者協会、テレコムサービス協会、日本インターネットプロバイダー協会、日本ケーブルテレビ連盟は8日、携帯電話や固定通信などの電気通信サービスにおける広告表示についてのガイドラインをまとめた「電気通信サービスの広告表示に関する自主基準及びガイドライン」を改訂したことを公表したと発表しています。

この中で、携帯電話やPHS、BWAサービスといった移動体通信サービスにおいて「広帯域移動無線アクセスシステムの高度化のための特定基地局の開設計画の認定申請マニュアル(平成25年5月)」に記載される人口カバー率の算出方式(500mメッシュ方式)に基づく算定を行うように指定されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。