S-MAX

サムスン

GALAXY S4専用の「S View カバー」の全7色が合計140名にあたるプレゼントキャンペーンを実施中


GALAXY S4の純正アクセサリ「S Viewカバー」が合計140名に!

サムスン電子ジャパンは、2013年夏モデルの“ツートップ”としてNTTドコモから販売されている「GALAXY S4 SC-04E」において、純正アクセサリ「S Veiw カバー」をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

S View カバーは、GALAXY S4本体背面のリアカバーを付け替える専用のカバーで、GALAXY S4本体の薄さはそのままに、カバーを閉じた状態で、時計やステータスバーが表示される小窓部分が特長です。

この小窓部分には、日時/ミュージックプレイリスト/アラーム/留守電、SMS受信サイン/電波状態/バッテリ残量などが表示されるほか、電話の着信時に小窓をスワイプすることで電話に出られる機能も備えています。

続きを読む

NTTドコモ、サムスン製Androidスマホ「GALAXY S II SC-02C」のソフトウェア更新を再開!まれにEメールが正常に受信できない不具合を改善


GALAXY S II SC-02Cのソフトウェア更新を再開

NTTドコモは5日に一時中止した「GALAXY S II SC-02C」向けのソフトウェアアップデートを25日の10:00から再開している。

GALAXY S II SC-02Cのアップデートは4日に公開されたが、アップデート完了後に正常に起動できなくなる不具合が見つかったために中断されていた。

続きを読む

新OS「Tizen」を採用したスマートフォンをドコモが来年にも発売と報道!Tizenてなに?

a2995a82.jpg

Tizenスマホが登場か?

読売新聞は30日、新OS「Tizen(タイゼン)」を搭載したスマートフォンをNTTドコモが2013年にも発売する方向で検討に入ったと読売新聞朝刊およびYOMIURI ONLINEで伝えている。

記事によると、ドコモはサムスン電子などと共同で開発しているTizenを搭載したスマートフォンを、2013年にも発売する方向で検討に入ったという。GoogleのAndroidやアップルのiOSに対抗する勢力づくりを目指すとしている。

また、TizenはAndroidやiOSでは導入し難いとされている“キャリア(通信事業者)による独自サービスの提供”を前提に開発が進められているのが特長であることも同時に伝えている。

続きを読む

発売日決定!ドコモのハイスペックスマホ「GALAXY S III SC-06D」の詳細を改めてチェック【レビュー】

ac314630.jpg

来週木曜日発売ですよ!!

ドコモショップでの予約が始まってまもなく1週間経過する「GALAXY SIII SC-06D」。発売日も来週木曜日、6月28日に決定しました。予約受付も概ね好調なようで、中には発売日割り当て分の予約受付を終了した店舗もあるようです。

この度、筆者のもとに開発途中のMarble Whiteの実機がやってきました。S-MAXでもいくつかGALAXY SIII SC-06Dの記事が掲載されていて、若干食傷気味かもしれませんが、筆者なりの視点で改めてレビューしたいと思います。続きを読む

脅威の制御通信で“超超”高速通信が実現!ワイヤレスジャパン2012のKDDIブースで「リンクアグリゲーション無線技術」を体験【レポート】

98f65b28.jpg

まじで速い!!KDDIブースでリンクアグリゲーション無線技術を体験しよう!

5/30(水)~6/1(金)の3日間に渡って東京ビッグサイトで開催されている「WIRELESS JAPAN 2012(ワイヤレス ジャパン 2012)」のKDDIブースで、複数の異なる無線方式を端末側で制御して高速な通信を実現する「リンクアグリゲーション無線技術」のデモが行われていたので紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。