S-MAX

シャープ

KDDI、au向け4.7インチコンパクトスマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」を発表!IGZO液晶やSnapdragon 617、3GB RAMなどを搭載したミドルハイレンジモデルに


au向け新スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」が2月上旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」(シャープ製)を発表しています。

au向けのシャープ製小型ハイスペックスマホとしてシリーズ化されている「AQUOS SERIE mini」の最新モデルで、旧機種で2016年1月に発売された「AQUOS SERIE mini SHV33」(以下、SHV33)の後継機種。SHV33ではディスプレイの上左右の縁が狭い「EDGEST」デザインを採用していましたが、最近のシャープではEDGESTデザインをやめているのに従って普通のデザインに。

チップセットも64bit対応Qualcomm製「Snapdragon 617(MSM8952)」(最大1.5GHz×4コア+最大1.2GHz×4コア)と若干これまでのハイエンドの流れからすると落ちていますが、どんなシーンも綺麗に撮影できるスマホ最高レベルの高画素約2100万画素リアカメラと、フラッシュ付きでセルフィーも綺麗に撮影できるフロントカメラを搭載するなど、カメラ機能がより充実しています。

発売時期は2017年2月上旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格48,600円(分割2,025円/月×24回)、毎月割1,350円×24回(総額32,400円)で実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)からを予定しているということです。

その他、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からカバーを閉じたまま小窓での時計表示やカメラ撮影ができる専用「小窓付きブックタイプケース」などを販売するということです。

続きを読む

最新ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」を写真で紹介!東京ディズニーシーをモチーフとしたコンテンツも盛りだくさん【レポート】


最新ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」を写真でレビュー!

既報通り、NTTドコモが今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表しており、新しいディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01J」(以下、DM-01J)を2017年2月に発売予定だ。今回は会場に併設された展示会場にてタッチ&トライすることができたので本体外観を中心にレポートをお送りする。

DM-01Jの製造メーカーはSHARP。同社が手がけるDisney Mobile on docomoシリーズは昨年の冬春モデル「Disney Mobile on docomo DM-01H」(以下、DM-01H)以来、一年ぶり。

DM-01Jのベースモデルは同日に発表、すでに11月4日から発売されている「AQUOS EVER SH-02J」となっており、チップセットはQualcomm製「Snapdragon 430」、内蔵メモリー(RAM)は2GB、内蔵ストレージは16GB、OSはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したエントリースペックのモデルだ。

Disney Mobile on docomoは毎回ディズニーのキャラクターやパレードにフィーチャーしたテーマやコンテンツが盛り込まれているが、DM-01Jについては、今年が東京ディズニーシーの開業15周年のメモリアルイヤーになっており、それを意識したテーマ・コンテンツとなっている。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、SIMフリーの5インチミドルレンジスマホ「AQUOS L」を12月8日に発売!価格は本体代3万7692円の実質7884円から


UQが5インチミドルレンジスマホ「AQUOS L」を12月8日に発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は5日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けにau VoLTEにも対応したSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「AQUOS L」(シャープ製)を2016年12月8日(木)に発売すると発表しています。公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」では12月8日9時から、UQ mobile取扱店舗では12月8日より順次販売開始されます。

価格(税込)はUQ mobileオンラインショップにて、本体価格が一括37,692円(分割では頭金108円+1,566円/月×24回)、月々の利用料から割り引く「マンスリー割」がぴったりプランで-702円/月×24回、たっぷりプランで-1,242円/月×24回、実質負担額がぴったりプランで20,844円、たっぷりプランで7,884円となっています。

続きを読む

NTTドコモ向けシャープ製未発表スマホ「SH-02J」がFCC通過!AQUOSシリーズのミドルレンジで、2016-2017年冬春モデルとして投入か


NTTドコモ向けシャープ製スマホ「SH-02J」がFCC通過!写真は「AQUOS EVER SH-04G」

米連邦通信委員会(FCC)は20日(現地時間)、NTTドコモ向けAndroidスマートフォン(スマホ)と見られるシャープ製「SH-02J」(FCC ID「APYHRO00242」)が通過したことを公開しています。

資料にはNTTドコモの型番ルールに従ったSH-02Jと記載されているほか、FCCラベルの表示方法として画面が公開されており、NTTドコモのdメニューなどのアイコンが写っており、タイミング的に9月下旬から10月中旬頃に発表されると見られる「2016-2017年冬春モデル」として投入されると予想されます。

形状は板状のスレート型と見られ、電池パックは2700mAh、無線LAN(Wi-Fi)がIEEE802.11b/b/n準拠のみとなっているため、価格などを重視したミドルレンジクラスのAQUOSシリーズになると思われます。

NTTドコモでは今年の夏モデルから商品サイクルを従来から変更し、例えば、ハイエンドモデル「AQUOS ZETA」シリーズなどは1年に1回にするようにしており、夏に「AQUOS ZETA SH-04H」が発売されたため、次のシャープの冬春は特殊な機種や価格を重視したモデルなどになりそうです。

なお、すでに紹介したようにVoLTE対応フィーチャーフォンと見られるシャープ製「SH-01J」や富士通コネクテッドテクノロジーズ製「F-02J」、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製「P-01J」もFCCを通過しており、ともに2016-2017年冬春モデルとして投入されそうです。

続きを読む

ソフトバンク、初めてでも簡単に使えるシニアなど向け「シンプルスマホ3」を発表!LIINEプリインだけでなく、Google Playや各種Googleアプリにも対応


ソフトバンクがシニア向け「シンプルスマホ3 509SH」を発表!

ソフトバンクは23日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに初めてでも簡単に操作できる約5インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶を搭載したシニア向けスマートフォン(スマホ)「シンプルスマホ3(型番:509SH)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年9月上旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップやSoftBank携帯電話取扱店の店頭および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて2016年9月2日(金)より事前予約受付を開始します。

続きを読む

世界標準品質を低価格で!日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」に自信を見せたY!mobileの新製品説明会を写真とともに解説【レポート】

androidone-001
Android Oneはスマホのスタンダードになり得るか!?Y!mobile向け「507SH」の説明会を紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

もともと新興国向けのアップデートプログラムとして展開が開始されたAndroid Oneですが、現在はその立ち位置を拡大して各国・地域に合わせた「Nexus」シリーズのようなGoogleが提唱するスマホの「リファレンスデザイン」的な存在になっています。これまで日本ではAndroid Oneの製品は発売されておらず、この507SHが国内初となります。

本記事では説明会でのプレゼンテーションの模様を紹介し、Y!mobileの狙いなどを解説します。なお、507SHの性能や機能についてはすでに紹介している写真・動画レポート記事をご覧ください。

続きを読む

国内初「Android One」のY!mobile向けシャープ製スマホ「507SH」を写真と動画でチェック!次期バージョン「Android 7.0 Nougat」も早めに提供予定【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内初のAndroid Oneスマホ!シャープのY!mobile向け「507SH」を写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズの当初のコンセプトは「低価格で提供することでAndroidの利用者を獲得していく」ことですが、一方で投入国・地域のメーカーや携帯電話会社と協力してその国・地域に合わせた機能やサービスを提供することもあり、今回の507SHも防水・防塵やワンセグを搭載するなど、Googleが企画・開発する「Nexus」シリーズにはない機能を有しています。

今回は発表会場にて展示機をタッチ&トライしてきましたので、その模様を写真と動画を交えて紹介します。なお、詳細な製品情報は「ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応 - S-MAX」も合わせて参照してください。

続きを読む

NTTドコモ、下り最大337.5Mbpsや指紋認証に対応したハイスペックスマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日に発売!気になる価格をチェック――本体価格8万8776円で実質5〜6万円に


NTTドコモの下り最大337.5Mbps対応スマホ「AQUOS ZETA SH-04H」を6月10日に発売!

NTTドコモは7日、今夏以降に発売する「2016年夏モデル」のうちの約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のハイスペックなスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-04H」(シャープ製)を2016年6月10日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

機能と性能の取捨選択が光る!ロングライフバッテリーで長時間利用が快適なau向けミドルクラススマホ「AQUOS U SHV35」を写真と動画でチェック【レポート】

aquosu-001
スマホで一番大事なのはやっぱりバッテリーライフ!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS U SHV35」(シャープ製)を発表しました。

発売時期は2016年6月下旬以降を予定しており、すでにauショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されているほか、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて先行展示されています。

今年のau夏モデルでもシャープはハイエンドとミドルクラスのスマホをラインナップしてきました。本機はそのミドルクラスにあたる機種で、画面解像度を控えめにしてワンセグも非搭載にするなどの価格を抑えたモデルですが、バッテリー容量などには妥協のない選択をした割り切りの良い端末に仕上がっています。

今回も発表会のタッチ&トライコーナーでAQUOS U SHV35の試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「KDDI、au向けスマホ「AQUOS U SHV35」を発表!5インチサイズで持ちやすく、3010mAhバッテリーで電池持ちも良い、低価格なミドルレンジに - S-MAX」も参照してください。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「AQUOS U SHV35」を発表!5インチサイズで持ちやすく、3010mAhバッテリーで電池持ちも良い、低価格なミドルレンジに


au向け5インチサイズのミドルレンジスマホ「AQUOS U SHV35」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS U SHV35」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月下旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

そこそこの機能を低価格に販売する新しいサブブランドで、防水・防塵やおサイフケータイに対応しつつ、3010mAhの比較的大きな容量のバッテリーを搭載し、平均的な使い方で4日以上電池が持つほか、新省電力機能「長エネスイッチ」でさらに電池を長持ちさせることができるようになって安心に使えるモデルになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。