S-MAX

報道

ヤフーとLINEが経営統合?日本経済新聞が「最終調整に入った」と報じる。ソフトバンクとネイバーが50%ずつ出資し、国内ネットサービス首位へ


ヤフーとLINEが経営統合か?新聞各社が報じる

日本経済新聞は13日、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)とLINEが「経営統合に向けて最終調整に入った」と報じてします。ヤフーを傘下とするZホールディングスの株式を4割超握るソフトバンクとLINEの株式を7割超保有する韓国ネイバーを交えて交渉を進めているとし、月内にも統合の基本合意をめざすとのこと。

関係当局の承認を前提として統合の枠組みの詳細を詰めているとし、統合案としてソフトバンクとネイバーが50%ずつ出資する新会社を設立し、新会社がZホールディングスの7割程度の株式を保有し、Zホールディングスの傘下に100%子会社の「Yahoo! JAPAN」と「LINE」が入る案が検討されているということです。

なお、Zホールディングスの残りの3割程度の株式は一般株主が残り、上場を続けるとしています。これにより、小売や金融などを含めて1億人規模のサービス基盤が誕生し、国内のインターネットサービスでは楽天を抜いて売上高首位となり、日本経済新聞では「アジアを舞台に米国や中国のメガプラットフォーマーに対抗する」としています。

続きを読む

Xiaomiが日本のスマホ市場に2020年にも参入予定!近く日本法人を設立し、まずは複数のSIMフリー製品を販売。vivoも開発拠点を日本に開設へ


シャオミが2020年にも日本のスマホ市場に参入へ!

スマートフォン(スマホ)などを中心とした中国の家電大手メーカーであるXiaomi Corporation(小米集団、以下、シャオミ)が2020年に日本市場に参入すると日本経済新聞が11月4日に報じています。これに対し、シャオミのプロダクトマーケティングディレクターを務める臧智淵氏が自身のWeiboアカウント( @zzyln )にて「その通り!」と投稿しています。

日本経済新聞では「複数のスマホを投入し、連動して使うブレスレット型のウエアラブル端末なども用意する。」として「近く日本に子会社を設立し、新規参入に備える。当初はインターネットなどで独自に販売する見通し。」としており、まずは他の中国メーカーと同様にSIMフリー製品で販売すると見られます。

なお、シャオミはこれまで日本市場においてTJCが2017年4月から正規代理店としてウェアラブルデバイス「Mi Band」シリーズやモバイルバッテリーなどの周辺機器を販売してきましたが、今年9月にTwitterにて日本市場向け公式と見られるアカウント( @XiaomiJapan )を開設しており、日本でのスマホなどの主力製品の展開が期待されていました。

続きを読む

Googleが次期スマホ「Pixel 3」シリーズを日本市場投入へ!日経が報じる。発表会は10月9日にアメリカ・ニューヨークで開催予定


グーグルが次期Pixelスマホを日本投入へ!

日本経済新聞は12日、Googleが自社開発のスマートフォン(スマホ)「Pixel」シリーズの次期モデルを10月にも日本市場に投入すると報じています。発売されることになれば、Pixelシリーズは日本初となります。

また次期モデル「Pixel 3」(仮称)シリーズの発表会は現地時間(EDT)の2018年10月9日(火)にアメリカ・ニューヨークにて開催される予定で、海外メディアに送られた招待状には「I <3 NY (I Love NY)」と記載されているとのこと。

続きを読む

富士通が携帯電話子会社を国内投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに売却と報道!交渉を行っていることは「事実」としつつも「決定」はしていない


富士通コネクテッドテクノロジーズの株式売却をポラリス・キャピタル・グループと交渉中!

日本経済新聞は26日、富士通が携帯電話子会社の富士通コネクテッドテクノロジーズの株式を国内投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループに譲渡することで大筋合意したと伝えています。

これに対して富士通は同26日、これらの日本経済新聞や読売新聞における報道について同社が発表したものではないとしつつ、ポラリス・キャピタル・グループと「交渉を行っていることは事実」だと発表しています。

しかしながら、同社では「本件について決定をしておりません」とし、今後、開示すべき事実を決定した場合には速やかに公表するとしています。

続きを読む

楽天が日本で第4の携帯電話事業者(MNO)をめざす!新会社を設立し、1.7GHz帯および3.4GHz帯の周波数帯追加割当に申請予定と正式発表


楽天が日本で第4のMNOをめざす!周波数帯割当に申請へ

日本経済新聞は14日、楽天が日本で第4番目の移動体通信事業者(MNO)へ名乗りを上げる方針を固めたと報じています。総務省が2018年1月にも新たに携帯電話向けに割り当てる周波数帯に対して割当申請を行うとのこと。

これにより、現在、NTTドコモおよびKDDI(沖縄セルラー電話およびUQコミュニケーションズ含む)、ソフトバンク(Wireless City Planning含む)の3事業者に続く、4番目のMNOをめざすとし、記事では楽天が2025年までに最大6000億円を調達し、基地局などに投資すると伝えています。

また楽天では14日、まずはじめにMNOによる携帯電話事業への参入について検討していることは事実であると発表しました。その後、さらに同日に総務省が追加割当ぼ募集した場合に申請することを正式に発表しました。

楽天では新会社を設立し、2019年中のサービス開始を予定し、1500万契約以上のユーザー獲得をめざすとしています。また基地局の設置工事などの設備投資のための資金調達を想定し、サービス開始時までに約2,000億円、2025年において最大6,000億円を計画しているとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。