S-MAX

広告

Googleがディスプレイ広告に圧縮技術「Brotli」を使うと発表!従来のgzipよりも最大40%の通信量削減が行え、Webページなどの読込速度向上とバッテリー消費量削減に貢献へ


Googleがディスプレイ広告に圧縮技術「Brotli」を使うように!

Googleが配信するディスプレイ広告は、Googleの検索結果ページや広告サービス「Google AdSense」を導入した多くのWebページなどに表示されており、同社の大きな収益源となっています。

このディスプレイ広告ですが、テキストを用いたものだけではなく、画像や動画を利用したものも配信されており、最近では画面の高解像度化に伴って広告のサイズが大きくなり、場合によってはページの表示速度が遅くなったり、ユーザーの通信量が増えてしまうといった問題が存在します。

その影響を少しでも小さくするために、Googleは今年6月に同社が配信するディスプレイ広告により通信量を削減できる「Brotli(ブレトリ)」という圧縮技術(アルゴリズム)を可能な限り適用すると発表しました。

これにより、Brotliが適用された広告は通信量が削減されるため、読み込み速度向上とバッテリー消費量の削減にも効果があるということです。通信量の削減は有線LANや無線LAN(Wi-Fi)に接続した状態であれば、そこまで気にしなくても良いですが、モバイルネットワーク環境で閲覧している場合は非常に大きなメリットになるかと思われます。

なお、Webブラウザーでは「Google Chrome」のVersion 49以降、「Mozilla Firefox」のVersion 44以降、「Microsoft Edge」における標準ウェブコンポーネント「EdgeHTML 15.14986」(Windows 10の「Build 14986」)以降、「Opera」のVersion 36以降などでサポートされており、これらを利用していれば自動的に適用されます。

Googleでは先日紹介したWebブラウザー「Chrome」への迷惑な広告に対するブロック機能の導入など、収益の柱である広告収入を維持・拡大しながらもユーザーに有意義かつ快適な表示ができるような取り組みも増えており、ユーザーの利便性との協調に努めているように感じられます。

続きを読む

Webブラウザーアプリ「Chrome」のAndroid向け開発版などで広告ブロック機能が導入!Googleでは2018年はじめにも不適切な迷惑広告などの締め出しを計画中


GoogleのChromeブラウザーに広告ブロック機能が導入へ!

Googleでは快適なWeb閲覧環境を体験できるように同社が提供するWebブラウザーアプリ「Chrome」にBetter Ads Standardsに準拠しない広告を非表示にする機能を2018年はじめにも導入する計画であることを今年6月に発表しました。

これにより、ポップアップ広告やインタースティシャル広告、画面の30%以上占有する広告、自動で音が流れる動画広告などが不適切な迷惑広告と見なされ、Googleが提供する広告も含めてChromeでブロックできるようになる予定です。

そういった方針の中、早くもAndroid向けのChromeアプリのうちの試験運用版「Chrome Canary」や開発版「Chrome Dev」において設定に「広告」(Ads)の項目ができ、迷惑広告を表示しないようにできるようになっています。

今後、ベータ版「Chrome Beta」でのチェックも重ね、最終的に2018年初頭に安定版(正式版)のChromeにAndroidだけでなく、パソコンやiPhoneなどのスマートフォン(スマホ)なども含めて提供されると見られます。

続きを読む

Googleが2016年に取り下げた不正広告は17億件に!中でもスマホなどのモバイル関連で爆発的増加――同社の調査から明らかに


2016年にGoogleが取り下げた不正広告は17億件!モバイルへの影響も

Googleは25日(現地時間)、同社が2016年中に取り下げた「不正広告」に関するレポートを公開しました。レポートによると、同社が不正広告だと見なして取り下げた数は、なんと17億にも上ったとのこと。

またレポートの中ではスマートフォン(スマホ)などのモバイルにおける不正広告についても触れていましたので、今回は主にモバイル部分にフォーカスを当てて紹介してみたいと思います。

続きを読む

ASUSのスマホ「ZenFone」やタブレット「ZenPad」シリーズ向けWebブラウザーに追加された広告を非表示にできる新機能「Adblock Plus for ASUS」を紹介【レビュー】

ASUS製WebブラウザーにAdblock機能を標準搭載!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)製のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズおよびタブレット「ZenPad」シリーズ向けのWebブラウザーがVer2.1.1.80となり、新たに広告ブロック機能「Adblock Plus for ASUS」(以下、Adblock)が加わった。

Adblock機能は、ページ読み込み速度の向上に効果が期待できる機能だ。また、最近では広告からマルウェア感染する事例も出てきており、Adblockによる効果が期待できそうだ。今回はこのAdblock機能を紹介していく。

続きを読む

Google、投げ銭するとアドセンス広告が非表示になる新サービス「Contributor」を開始!招待制で、まずは6つのWebサイトにて提供


Webサイトへの寄付サービス「Contributor by Google」がスタート!

Google(グーグル)は20日(現地時間)、寄付(投げ銭)をすることでWebサイト上に表示される広告サービス「Google AdSense」を非表示にできる新しいサービス「Contributor by Google」(以下、Contributor)を開始しています。

まずは招待制で、公式Webサイトから「Join the waitlist for Contributor」にメールアドレスを登録することで招待が受けられるようになっています。

また、サービス開始時点で対応しているWebサイトは「URBAN」および「the ONION」、「Science Daily」、「Wiki How」、「Mashable」、「imgur」のアメリカを拠点とした6つ。

続きを読む

総務省が「インターネットのサービス品質計測等の在り方に関する研究会」を発足!第3回を1月24日開催――各社の通信速度広告はどうしたら適正に消費者に届くのか?


各社間で公平なモバイル通信の速度広告はされるようになるのか!?

携帯電話なども含む通信事業の日本における監督管理を行う総務省は、近年頻繁に起こっているスマートフォンなどで利用される通信速度についての広告展開についてのクレームや問題について、計測や表現の方法について解決するべく「インターネットのサービス品質計測等の在り方に関する研究会」を発足しました。

すでに昨年11月より、研究会では会合が開かれており、どのような方法を用いれば各社の通信速度を適正に評価でき、消費者に告知できるかについて議論が交わされています。

今後、3月まで全5回の会合が行われる予定で、直近では第3回会合が明日1月24日(金)に実施されます。そこで、今回は、どういった目的で研究会が発足し、なにを決めようとしているのかを紹介したいと思います。

続きを読む

Google、広告配信サービス「Google AdSense」の公式Android向けアプリをリリース!サマリーやチャネル、メッセージなどが確認可能



Google(グーグル)は31日、同社の広告配信(アフィリエイト)サービス「Google AdSense」の公式Android向けアプリ「Google AdSence」をリリースしています。すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」から無料でダウンロード・インストールできます。

Android 4.0以降で利用できるほか、アプリサイズは2.3MBとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。