S-MAX

故障

楽天モバイルが新補償オプションサービス「スマホ修理・新機種交換保証」を提供開始!月額500円で水没・破損・全損・故障の修理や新機種への少額交換に対応


楽天モバイルが新オプション「スマホ修理・新機種交換保証」を提供!

楽天は21日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )において新月額サービス「スマホ修理・新機種交換保証」( https://mobile.rakuten.co.jp/fee/option/smart_device_repair/ )を2018年11月21日(水)に提供開始すると発表しています。

すでに店舗では開店時より、オンラインでは10時より開始しており、加入すると水没・破損・全損・故障となったスマートフォン(スマホ)やタブレット、モバイルWi-Fiルーターの修理を対象店舗やオンラインで受けられるほか、修理ができない場合にはセット契約した機種の価格に応じた指定機種の中から選んで交換できます。

価格は月額500円(税別)で、保証期間は加入日からサービス解約月の月末まで、利用回数は1年間に2回まで、対象店舗は全国にある楽天モバイル店舗(1月21日時点で修理対応店舗は78店舗)となっています。

続きを読む

Apple、新タブレット「11インチiPad Pro」と「12.9インチiPad Pro(第3世代)」のApple Care+や保証対象外修理価格を公開!画面割れなら保証外で最大約8万円に


アップルが「11インチiPad Pro」と「12.9インチiPad Pro(第3世代)」の保証外修理価格を案内!

日本でもNTTドコモやau、SoftBank、Appleから11月7日に発売された新しいタブレット「11インチiPad Pro」および「12.9インチiPad Pro(第3世代)」。なお、日本では従来通り、Wi-Fi+CellularモデルはApple(SIMフリー版)やNTTドコモ、au、SoftBankから、Wi-FiモデルはAppleやSoftBank、各家電量販店などから販売されています。

新たにホームボタンを廃止してディスプレイの周りの縁(ベゼル)を狭くしたことで全画面デザイン「オールスクリーン」に生まれ変わった“New iPad Pro”となっており、ホームボタンがなくなったため、指紋認証「Touch ID」の代わりに顔認証「Face ID」に対応。

これにより、11インチiPad Proは既存機種「10.5インチiPad Pro」よりも画面サイズが大きくなった上にサイズが小さく、また12.9インチiPad Pro(第3世代)も前機種「12.9インチiPad Pro(第2世代)」よりも大幅に小型化しています。また操作性も「iOS 12」から変更され、ホームボタンを使わなくても使いやすいようになっています。

価格も以前に紹介した通りですが、購入する上で保証サービス「Apple Care+ for iPad」に入るかどうか選択する必要があり、11インチiPad Proおよび12.9インチiPad Pro(第3世代)のApple Care+ for iPadの料金は両機種各モデルともに14,800円(金額はすべて税抜)であることが案内されます。

またAppleの公式WebサイトにはApple Care+ for iPadに加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開しています。そこで今回はiPadシリーズにおけるその保証対象外修理価格についてまとめて紹介します。

続きを読む

KDDI、au向けiPhoneおよびiPadのサポートサービス「故障紛失サポート with AppleCare Services」において当日配送エリア拡大!群馬・茨城・栃木・山梨が対象に


auのiPhone・iPadの故障紛失サポート with AppleCare Servicesが拡充!

KDDIは7日、携帯電話サービス「au(エーユー)」のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズおよびタブレット「iPad」シリーズに向けたサポートサービス「故障紛失サポート with AppleCare Services」のサービス拡充をお知らせしています。

故障紛失サポート with AppleCare Servicesではサービスの一環として紛失・盗難被害に遭った場合に新品同等品を送付していますが、これまで午前11時までの申告なら東京・神奈川・千葉・埼玉のエリアにおいて当日配送が可能となっています。

それ以外の地域は最短翌日配送となっていますが、今回新たに2018年11月1日より当日対象地域を群馬・茨城・栃木・山梨まで拡大すると案内しています。これにより、追加された地域ではより迅速に代替機を手にすることができるようになりました。

続きを読む

NTTドコモが11月10日以降に発売するdocomo with対象スマホとドコモ ケータイの「ケータイ補償サービス」を値下げ!月額356円および負担金5400円に


docomo with対象スマホやドコモ ケータイのケータイ補償サービスが値下げ!

NTTドコモは6日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」以降に発売する「docomo with」対象のスマートフォン(スマホ)およびspモード対応フィーチャーフォン「ドコモ ケータイ」において「ケータイ補償サービス」の料金および負担金を2017年11月10日(金)より改定すると発表しています。

これらの改定された金額の対象機種の場合には、月額料金が330円およびサービス利用時における負担金が5,000円となり、対象機種を購入した場合の「あんしんパック」の月額料金が550円となるということです(金額は税別)。

なお、対象機種には新色が11月10日に発売される「Galaxy Feel SC-04J」やすでに発売されている「arrows Be F-05J」は含まれず、現時点では「AQUOS sense SH-01K」および「MONO MO-01K」、「らくらくスマートフォン me F-03K」のみとなっています。

続きを読む

KDDI、すべてのauショップでiPhoneのアフターサポートを拡充!修理前の初期診断ならびにApple社正規サービスプロバイダへの来店予約方法の案内を開始


auショップにおけるiPhoneアフターサービスを拡充!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は19日、au向け「iPhone」シリーズのアフターサポート拡充を目的として修理前の初期診断ならびにApple社正規サービスプロバイダへの来店予約方法の案内をすべてのauショップで2017年4月19日(水)より開始したと発表しています。

これまでは、auのiPhoneを使っている人がauショップへ来店した際にApple社正規サービスプロバイダへの案内が必要かどうかの修理前の初期診断ができませんでした。

しかし、今後はauショップで使用している「お客さま対応用タブレット」を活用してApple社正規サービスプロバイダへ案内する前にショップで解決できるソフトウェア設定関連の症状のトラブルを解決していくということです。

また、問診の結果でその場で解決方法の案内ができないと思われる故障の場合には、希望に応じて近隣のApple社正規サービスプロバイダ来店予約方法を案内するとのこと。今後もAppleとauでのシームレスなサービスを提供することで、さらなる利便性向上をめざすとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。