S-MAX

鉄道

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+を東京メトロで導入開始!まずは5駅のみで順次拡大予定――au向けiPhone 6sや6などでもより快適に


UQが東京メトロにおけるWiMAX 2+の整備を開始!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は4日、東京地下鉄が運行する鉄道「東京メトロ」の駅や列車内において超高速モバイルインターネット「WiMAX 2+」サービスを利用できるようにエリア整備を行っていくことになったと発表しています。

まずは今回、丸ノ内線の東高円寺駅および新中野駅、東西線の落合駅および高田馬場駅、副都心線の西早稲田駅で利用可能となり、これらの5駅を皮切りに順次拡大していくとしています。

続きを読む

関東甲信越・東北の鉄道事業者37社・局、優先席付近の携帯電話マナーを10月1日より変更!総務省の指針改正で関西に続いて「混雑時」のみ電源オフに


関東甲信越・東北でも混雑時のみに!画像は新京成電鉄のポスター

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)などの関東甲信越・東北の鉄道事業者37社・局は17日、各社が運行する鉄道車内の優先席付近での携帯電話の利用におけるマナーを2015年10月1日(木)以降見直し、現在の「優先席付近では電源をお切りください」から「優先席付近では、混雑時には電源をお切りください」に変更すると発表しています。

総務省の指針改正を受けてすでに関西では昨年変更していましたが、ようやく関東甲信越および東北でも変更されます。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、阪神本線「梅田駅~野田駅」のトンネル内で携帯電話サービスを8月28日始発より提供開始


阪神本線の梅田駅~野田駅のトンネル内で携帯電話が利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは26日、阪神電気鉄道が運行する鉄道「阪神本線」における「梅田駅~野田駅」区間のトンネル内において携帯電話サービスの提供を2015年8月28日(金)始発より開始すると発表しています。

これにより、該当区間において駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになり、事故や災害発生時などの異常時に情報収集の手段として活用できるようになります。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、札幌市営地下鉄で「WiMAX 2+」のエリア整備を5月21日に開始!まずは東豊線の栄町駅や新道東駅、元町駅の3駅で利用可能に


UQコミュニケーションズがWiMAX 2+を札幌市営地下鉄で提供開始!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は21日、北海道札幌市が運営する鉄道「札幌市営地下鉄」の駅や列車内において超高速モバイル通信サービス「WiMAX 2+」が利用できるようにエリア整備を行っていくこととなったと発表しています。

これまで、札幌市営地下鉄については既存の高速通信サービス「WiMAX」のエリア整備が完了しており、すでに全線で利用可能となっています。

今回、WiMAX 2+のサービス導入を2015年5月21日(木)より東豊線「栄町駅」および「新道東駅」、「元町駅」の3駅を皮切りに提供し、順次、拡大していくということです。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、京阪電気鉄道「京津線」の御陵駅~京阪山科駅区間で携帯電話サービスを4月28日始発より提供開始


携帯電話3社が京阪電気鉄道「京津線」の御陵駅~京阪山科駅区間をエリア化!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクモバイルは24日、携帯電話のサービスエリア品質改善を目的に「京阪電気鉄道」において共同でエリア整備を進めており、2015年4月28日(火)始発より「京津線(けいしんせん)」の御陵駅~京阪山科駅区間にて携帯電話サービスの提供を開始すると発表しています。

これにより、該当区間において駅構内だけではなく、駅間のトンネル内においても携帯電話サービスを利用できるようになります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。