S-MAX

開封の儀

NTTドコモ向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2 SH-03K」を購入したので開封して外観や同梱品を紹介!写真用+動画用のツインカメラや縦長ほぼ全画面デザインに【レビュー】


新発想なツインカメラ搭載のdocomo向けハイエンドスマホ「AQUOS R2 SH-01K」を購入!まずは開封から

NTTドコモから6月8日に写真撮影用と動画撮影用にそれぞれ特化した2つのカメラを背面に搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 SH-03K」(シャープ製)が発売されました。

以前はNTTドコモとau、SoftBankといった大手携帯電話会社向けに名称のバラバラだったブランド名を統一させたシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」シリーズの第2段におけるNTTドコモ版です。

昨夏モデルで初代の「AQUOS R SH-03J」とごくわずかながら大きくはなっていますが、ほぼ同一のサイズのままに画面が大型化し、約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶(約561ppi)となりました。

またスマホにおいては世界初となる「ドルビービジョン(Dolby Vision)」と「ドルビーアトモス(Dolby Atmos)」の両方に対応と、各方面のトレンドを取り入れ、スペックも高く非常に魅力的な1台となっています。

どうせ筆者のまわりでは人気の「Galaxy S9+」や「Galaxy S9」、「HUAWEI P20 Pro」といった機種を選ぶ人が多いだろうと多い、骨心から選んだというわけでなく、筆者にとって今回の夏モデルの中において心惹かれるポイントがあったために購入してみました。

そこで、今回から数回に分けてレビュー記事をお届けしていこうと思います!まずはさっそく開封の儀を執り行いましたので、AQUOS R2 SH-03Kの同梱品や外観を紹介します。

続きを読む

今度のTORQUEはタフネスガラホ!auの折りたたみ型Androidケータイ「TORQUE X01」を購入したので外観や同封品などを紹介【レビュー】


ゴツくて強い"ガラホ"になった新TORQUEを購入!さっそく開封

auから2月24日に発売されたタフさ(高耐久性)がウリの折りたたみ型Androidケータイ(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラホ」)の「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)。過去に同じくauから発売されたカシオ計算機製のタフネスケータイ「G'zOne」シリーズ以来、およそ6年半ぶりのタフネスモデルの折りたたみ型ケータイとなります。

au向けのタフネスケータイとしてはカシオ計算機(メーカーとしては「NECカシオモバイルコミュニケーションズ」など)から京セラに開発・製造が変わり、OSは当時のKCP+からAndroidとなりましたが、背面のサブディスプレイや米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」をクリアしているなど、当時のG'sOneユーザーも納得のいくハードな利用シーンにも耐える製品となっています。

なお、auのケータイではMIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃性能などは初対応で、AndroidのOSバージョンは5.1.1(開発コード名:Lollipop)です。価格は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格43,200円で毎月割や誰でも割を適用後の実質負担額が21,600円(分割600円/月×24回)から。

今回、そんなauのこの春、最注目モデルとも思えるTORQUE X01のレッドを筆者もさっそく購入しましたので、まずは恒例の"開封の儀"として製品版での個装箱のデザインや同梱の付属品などを写真で紹介したいと思います。

続きを読む

ZTEのSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」が発売!臨場感抜群のサウンド性能が魅力のハイエンドモデルを開封してパッケージや同梱品などを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
注目のZTEの新しいSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」を開封!内容物をチェックした

ZTEジャパンから本日10月21日に発売された高い基本性能と強力なサウンド性能が特長のSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」および「AXON 7 mini」(ともにZTE製)。どちらも価格対性能比の非常に良い高いコストパフォーマンス(高コスパ)というだけではなく、高品質なオーディオコンバーターと「Dolby Atmos」と呼ばれる音響システムを搭載するなど、コダワリ派も納得の非常に尖った製品となっています。

特にフラグシップに位置づけられているAXON 7はハイエンドにもかかわらず、税抜なら6万円を切る価格であるなど、SIMフリーのハイエンドスマホとして特に手にしやすい1台となっています。価格はAXON 7が59,800円、AXON 7 miniが39,800円。

今回、ZTEジャパンからAXON 7とAXON 7 miniの2機種を借りましたので数回に分けてレビューしていきたいと思います。まずは製品版が届きましたので、2機種まとめて開封して個装箱や同梱物を紹介します。


続きを読む

お値段たったの5980円!通話とSMSに特化したSIMフリーなシンプルフォン「FREETEL Simple」を購入――さっそく開封してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
販売開始初日に完売達成のシンプルケータイ「FREETEL Simple」を入手!

プラスワン・マーケティングからSIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」として新たに昨日8月28日に発売された通話とSMS(ショートメッセージ)に特化したSIMフリーのストレート型ケータイ(フィーチャーフォン)「FREETEL Simple」(以下、Simple)。

海外では"シンプルフォン"とも呼ばれる同製品群ですが、日本では珍しいためか、価格が5,980円と安いこともあってか、すでに紹介したように初回出荷分は受付を開始した8月24日の夕方には完売し、2次出荷分もすでに売り切れとなっているなど、通常の携帯電話としては異例の高い注目を浴びています。

今回、発表された当初より購入を固く決意していたこともあり、きっちりと初回販売分を入手できたので、さっそく開封の儀を執り行いました。そこで、パッケージや内容物などを含めた写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

今夏注目のダークホース!?世界初の耐海水にも対応したau向け超タフネススマホ「TORQUE G02」を購入したので開封してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
アウトドア最強!TORQUEシリーズ第2弾をさっそく購入

au by KDDIから先週7月16日(木)に発売となった世界初の海での利用にも対応した超タフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G02」(京セラ製)。

前機種「TORQUE G01」譲りの防水・防塵・耐衝撃に加え、耐海水を実装したほか、ユーザーからの要望が非常に多かったという「ユーザー自身によるバッテリー交換」も可能となるなど、実際に前機種を入手したユーザーからのフィードバックもきちんと取り入れた今夏のau向けスマホのダークホースともいえる製品だと思います。

さっそく筆者もTORQUE G02を入手(当然ながら自腹購入)したので、さっそく新機種購入時の恒例行事である"開封の儀"を実施しました。そこで、今回は製品版の個装箱とその内容物を写真で紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。