S-MAX

906SH

SoftBankスマホ「ZTE Axon 10 Pro 5G」や「Xperia 5」、「AQUOS zero2」、「AQUOS R3」、「arrows U」、「シンプルスマホ4」が値下げ


ソフトバンク向けAndroidスマホ6機種が本体価格を最大18,960円値下げ!

ソフトバンクは1日、携帯電話サービス「SoftBank」向けAndroidスマートフォン(スマホ)6機種の本体価格を公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店にて2020年5月1日(金)より値下げしたとお知らせしています。

値下げされたのは「ZTE Axon 10 Pro 5G(型番:908ZT)」および「Xperia 5(型番:901SO)」、「AQUOS zero2(型番:906SH)」「AQUOS R3(型番:808SH)」「arrows U(型番:801FJ)」、「シンプルスマホ4(型番:707SH)」。

例えば、5Gサービス開始とともに3月27日に発売されたZTE Axon 10 Pro 5Gは早くも89,280円から16,560円値下げされて72,720円となり、分割48回払いで購入した場合に最大24回分の残債が免除される「トクするサポート+」を利用すれば実質負担額36,360円からとなります(金額はすべて税込)。

なお、現在、ソフトバンクオンラインショップでは自宅で受け取れば新規契約や機種変更などの際にかかる契約事務手数料相当を割引する「Webトクキャンペーン」を実施しており、実質手数料無料となっています。

またソフトバンクオンラインショップでは他社から乗り換え(MNP)なら対象機種を購入するとPayPayボーナスで最大20,000円相当が還元される「のりかえPayPayキャンペーン」を実施しており、Xperia 5やAQUOS R3、AQUOS zero2、arrows Uは対象となっています。WebトクキャンペーンおよびのりかえPayPayキャンペーンは現時点では終了日未定。

さらにZTE Axon 10 Pro 5Gは購入して応募した人にPayPayボーナス10,000円相当とVRゴーグル「pico U Lite」をプレゼントする「PayPayもらえちゃうキャンペーン」や「5Gスマホを買ってVRゴーグルもらおうキャンペーン」を実施しています(VRゴーグルは先着順でなくなり次第終了)。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を1月31日に発売!価格は9万5040円で、PayPayボーナス5千円相当進呈キャンペーンも


SoftBankスマホ「AQUOS zero2」が1月31日発売!価格は95,040円

ソフトバンクは24日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年秋冬モデル」のうちの約6.4インチFHD+(2340×1080ドット)有機ELディスプレイを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2(型番:906SH)」(シャープ製)を2020年1月31日(金)に発売すると発表しています。

販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、ソフトバンクオンラインショップなどの直営店における価格(税込)は95,040円(分割1,980円/月×48回)となっており、48回払いで購入して25カ月目以降に返却して次の機種を購入した場合に残りの残債が免除される「トクするサポート」の対象となっています。

またシャープではSoftBank向けAQUOS zero2を3月15日(日)までに購入して専用キャンペーンWebページ( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/zero2cp/softbank/ )から3月22日(日)までに応募した人全員に5,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「AQUOS zero2 デビューキャンペーン」を実施します。その他、公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」から「3Dフルカバー保護ガラス」などの周辺機器も販売されます。

続きを読む

シャープ、最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」が世界最軽量141gになると発表!2020年1月下旬に発売予定。Google Play ギフトコード2千円分プレゼントも


シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」が世界最軽量141gに!

シャープは11日、今年9月に発表した同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2」の詳細な仕様が確定して世界最軽量をさらに更新して約141gを達成したと発表しています。当初は暫定値として約143gと表明していましたが、その後、部品の見直しなどによりさらなる軽量化に成功したとのこと。

これにより、最終数値として世界最軽量の前機種「AQUOS zero」からさらに約5gの軽量化となる約141gを達成したことになります。なお、AQUOS zero2は現時点でNTTドコモから「AQUOS zero2 SH-01M」およびauから「AQUOS zero2 SHV47」、SoftBankから「AQUOS zero2 906SH」として020年1月下旬以降に順次発売予定です。

各社ともにドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップ、量販店などの各取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を実施する予定。価格は未定ながらNTTドコモでは直営店では本体価格が82,080円程度となる見込みで、スマホおかえしプログラムの対象となる予定だとしています。

なお、シャープでは各社のAQUOS zero2の購入を検討している場合に2020年1月7日(火)までに特設Webページ「買うかも宣言」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/zero2precp/ )に登録し、後日、AQUOS zero2を購入して「AQUOS zero2デビューキャンペーン」に応募すると、特典としてGoogle Play ギフトコード2,000円分をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施しています。

続きを読む

圧倒的な軽さと描画品質のシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau、SoftBankから発売【レポート】


今冬発売のシャープ製ハイエンドスマホ「AQUOS zero2」をタッチ&トライ!各キャリアから発売

既報通り、NTTドコモは11日、都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、毎秒240回の書き換え表示に対応した有機ELディスプレイを搭載するシャープ製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」を今冬に発売すると発表しました。

前機種となる「AQUOS zero」は6.2インチの大画面にも拘らず、重さ146gという超軽量を最大の特徴としたハイエンドスマホでしたが、SoftBankおよびSIMフリー版のみで、NTTドコモやauでの取り扱いがありませんでした。残念な思いをしたシャープファンも多かったと聞き及んでいますが、ついにその後継機種が満を持して登場です。

そんなAQUOS zeroシリーズの最新モデル「AQUOS zero2」がNTTドコモのほか、au向け「AQUOS zero2 SHV47」およびSoftBank向け「AQUOS zero2 906SH」がともに2020年1月下旬以降に発売されます。各社ともに詳細な発売日は後日案内予定で、価格もまだ発売が先となているので未定となっています。

そこで今回は、そんなAQUOS zero2についてNTTドコモの発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてデモ画面のみの試作機でしたが、実機が展示されていましたので細かなデザインや仕様について知ることができたことを中心に写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を発表!2020年1月下旬発売で4倍速・10億色表示対応の6.4型有機ELやパラレル充電など


SoftBankスマホ「AQUOS zero2」が登場!2020年1月下旬以降発売予定

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年秋冬モデル」として約6.4インチFHD+(2340×1080ドット)有機ELディスプレイを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2(型番:906SH)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、価格は未定で後日案内するということです。なお、販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなっており、発売に先立って事前予約受付を実施する予定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。