S-MAX

BLE

ワイヤレスジャパン2017:情報通信研究機構(NICT)がBLEやWi-SUNを活用したビーコン端末による地域の見守りサービスなどを展示【レポート】


さまざまな通信関連技術とその活用実証が行われていた情報通信研究機構ブースを紹介!

東京ビッグサイトにて5月24日から5月26日までの3日間、ネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品およびサービスに関する展示商談会「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

ワイヤレスジャパンでは「ワイヤレスIoT EXPO2017」および「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が併催され、各企業が自社のサービスや製品を発表し商談を行うほかにも、大学や研究機関などが通信技術に関する実証実験や研究成果の発表を行っていました。

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017における国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のブースでもまた最先端の通信技術を用いた実証実験などを発表・展示しており、今回はその研究成果の中からBLE(Bluetooth Low Energy)やWi-SUNを用いたIoTソリューション活用の例をご紹介します。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:レンジャーシステムズ、各種ビーコンを活用したIoTソリューション「monoコネクト」やMVNOプラットフォームサービス「わくわくモビリティ」を展示【レポート】


レンジャーシステムズのBLEを活用したIoTソリューションやMVNOプラットフォームサービスを紹介!

東京ビッグサイトにて5月24日から5月26日までの3日間、ネットワークやモバイルインフラ、IoTビジネスなどの無線・モバイルに関連する技術や製品およびサービスに関する展示商談会「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

ここ数年はIoTビジネスの活性化とともにさまざまな小型通信モジュールや近距離通信規格などを用いたメッシュネットワークを活用したIoTソリューションビジネスが展示会の中心となっており、今回も面白いアイデアの製品が数多く出展されました。

そのような中から、今回はレンジャーシステムズのIoTソリューションサービス「monoコネクト」とMVNO(仮想移動体通信事業者)プラットフォームサービス「わくわくモビリティ」をご紹介します。


続きを読む

NTTドコモ、iPhoneなどのiOSとAndroidの異なるOSでもBLEを活用して携帯電話エリア外での情報伝達ができる新たな技術を開発!3月中にSDKを公開予定


iPhoneとAndroidでBluetoothによってバケツリレーで情報伝達が可能に!

NTTドコモは10日、Bluetoothの省電力技術「Bluetooth Low Energy」(以下、BLE)を用いて、災害時などの携帯電話ネットワークが機能しなくなった場合に異なるOS(AndroidおよびiOS)のスマートフォン(スマホ)やタブレットなど同士でも情報伝達を可能とする技術を開発したと発表しています。

これにより、BLEを搭載したスマホなどを使い、音声やパケット通信などの携帯電話ネットワークを介さず、近距離内のスマホなど同士で情報を伝達できるようになります。

また、同社では今回開発した技術を利用するためのソフトウェア開発キット(SDK)を「docomo Developer support」( https://dev.smt.docomo.ne.jp/ )にて2015年3月中の公開を予定しています。

さらに、2015年3月14日(土)から18日(水)に仙台で開催される第3回国連防災世界会議の関連事業「防災産業展in仙台」においてワークショップでの講演およびデモンストレーションを予定しているとのこと。講演は2015年3月17日(火)午後1時30分~午後2時15分に「災害時にも役立つ新たな近距離コミュニケーションを目指して」と題して行われます。

続きを読む

デザインファクトリー、スマホなどとBluetoothで連携して跳んだ回数や消費カロリーなどを管理できる「My Way Fit Bluetooth なわとび BT007」を12月12日に発売


スマホ連携できる「My Way Fit Bluetooth なわとび BT007」が発売!

デザインファクトリーは12日、スマートフォン(スマホ)などと連携して跳んだ回数や消費カロリーなどの運動量を計測・記録し管理するなわとび「My Way Fit Bluetooth なわとび(型番:BT007)」を2014年12月12日(金)に発売すると発表しています。

販売拠点はビックカメラおよびコジマで、価格はオープンながら想定店頭価格が5,480円(税抜)となっています。

続きを読む

電通ブルー、スマホ連携で解錠できるスマートロックサービス「246」を発表!第1弾モデルの南京錠「246 Padlock」を12月に予約開始――アンバサダーも募集


スマホ連携で解錠できるスマートロックサービス「246」

電通ブルーは13日、スマートフォン(スマホ)などの専用アプリで解錠できる南京錠(錠前)デバイスを用いたスマートロックサービス「246(ニーヨンロク)」を2014年11月13日(木)に提供開始すると発表しています。

まずは公式Webサイト ( http://24-lock.com )上にて246による専用デバイスの第1弾モデル「246 Padlock(ニーヨンロックパドロック)」を公開し、商品やサービスを先行利用し、製品の推薦をする「246 アンバサダー」の募集を開始しています。

その後、12月初旬にはiOS向けアプリ(iOS 7.0以上)の公開と246 Padlockの一般予約受付を開始し、12月中旬にはAndroid向けアプリ( Anroid 4.4 KitKat以上)の公開を行う予定となっています。246 Padlockの価格は10,246円(税別) 。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。