S-MAX

GoogleJapan

グーグルの決済サービス「Google Pay」が「Suica」や「WAON」に対応!KyashやJACCS、JCBのクレジットカードなども順次対応予定。“サイフクリーム”がもらえる期間限定ショップも


決済サービス「Google Pay」が「Suica」や「WAON」に対応!使えるのはFeliCa対応機種のみ

グーグル(以下、Google Japan)は24日、Android向け決済サービス「Google Pay」(旧「Android Pay」)において新たに「Suica」と「WAON」に対応したとお知らせしています。

また今後、KyashやJACCS(ジャックス)、JCBから発行されたプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードにも順次対応を予定しており、これらをGoogle Payに登録すると「QUICPay」を通して72万ヶ所以上の店舗などで支払いができるようになるとしています。

さらに同社では期間限定で「Google Pay “サイフクリーム” ショップ」を2018年6月15日(金)から24日(日)まで東京・新宿にある“サナギ新宿”イベントスペースにオープンするとのこと。店頭でGoogle Payの疑似体験に参加した場合、お財布と小銭をモチーフにしたオリジナルアイスクリーム「サイフクリーム」が無料でもらえます。

加えて、Android利用者でGoogle Payアプリをダウンロードした人にはスペシャルトッピングも用意しているということです。時間は11〜19時ですが、予告なく変更する場合があるとし、提供できるアイスクリームの数量には限りがあるとのことで、以前に東京・表参道で行われた「Google Home Miniドーナツショップ」と同様に盛況になりそうです。

続きを読む

Google Playの人気アプリを表彰する「ベスト オブ 2017」が開催!2017年大賞はアプリが「AWA」とゲームが「ファイヤーエムブレム ヒーローズ」に【レポート】


2017年のベストゲームとベストアプリノミネート作品を紹介!

グーグル(以下、Google Japan)は4日、都内にて2017 年に 日本のGoogle Play において最も人気を集めたアプリやゲームを発表する「ベスト オブ 2017」の表彰式を開催し、ベストアプリおよびベストゲームの2つを発表した。

ベストアプリは、エンターテイメント部門、ソーシャル部門、デイリーヘルパー部門、イノベーティブ部門、隠れた名作部門、ファミリー部門、ユーザー投票部門からノミネートされたアプリから1作品が選ばれた。

一方のベストゲームは、エキサイティング部門、アトラクティブ部門、インディー部門、クリエイティブ部門、キュート&カジュアル部門、ファミリー部門、ユーザー投票部門から、ノミネートされたゲームから1作品が選ばれた。

2016年の大賞はベストアプリが「Abema TV」、ベストゲームが社会問題にもなった「Pokémon GO(ポケモンGO)」だった。今回は、2017年のベストアプリおよびベストゲームにノミネートされた作品と受賞作品を紹介していく。

続きを読む

Google、Androidスマホをもっと便利にするアイデアコンテスト「Android Experiments OBJECT」のグランプリ4作品のプロトタイプが完成!スマホ連携の電子ペーパーカレンダーなど


ゼロから始めるスマートフォン

Google Japanは13日、Googleが取り組んでいるAndroidスマートフォン(スマホ)と連動するデバイスのアイデアコンテスト「Android Experiments OBJECT」のグランプリ4作品のプロトタイプが完成したとお知らせしています。

昨年の5月から日本で第1回目のアイデア募集を開始し、寄せられたアイデアの中から一般投票と審査によってグランプリ4作品を選出。その後、Googleやサポーター企業の協力のもと、プロトタイプの開発が進められてきました。

そして今回、そのプロトタイプが完成したということで、実際に触れる形での展示が2017年2月13日(月)から開始されました。また、YouTubeでは各作品の紹介動画を見ることができます。

続きを読む

年末のGoogle社内にゴングが鳴り響く!恒例のライトニングセッションも行われた「Google 2016年末懇親会」を写真と動画で紹介【レポート】

google2016-001
Google懇親会に今年も参加してきました!

Google(グーグル)は15日、都内にて1年の総決算を祝う「Google 2016年末懇親会」を開催しました。この年末懇親会は毎年恒例の行事となっており、立食パーティ以外にも1年間の成果や現在進めているプロジェクトの内容を2分間で発表する「ライトニングセッション」などが披露されます。

Googleにとって2016年はどのような年だったのでしょうか。また2017年はどういった年にしていくのでしょうか。ユーモアたっぷりで笑いの絶えなかったライトニングセッションの様子を中心に懇親会の模様をご紹介したいと思います。

続きを読む

2016年を象徴するベストアプリ・ベストゲームは?グーグルが日本で人気のアプリとゲーム「Google Play Best of 2016」を発表【レポート】

グーグルが2016ベストアプリ・ベストゲームを発表!

Google Japan(以下、グーグル)は8日、都内にて「Google Play Best of 2016授賞式」を開催し、今年日本で人気を集めた「2016年ベストアプリ」および「2016年ベストゲーム」を発表した。

2016年ベストアプリは「ベストトレンドアプリ部門」および「ベストイノベーティブアプリ部門」、「ベストシェアアプリ部門」、「ベストデザインアプリ部門」、「ベストローカルアプリ部門」、「ベストエンターテインメントアプリ部門」、「ベスト自己改善アプリ部門」、「ベストファミリー部門」にノミネートされたタイトルから選出。

一方、2016年ベストゲームは「ベストトレンドゲーム部門」および「ベスト対戦ゲーム部門」、「ベストイノベーティブゲーム部門」、「ベストインディーゲーム部門」、「ベストエキサイティングゲーム部門」、「ベストアトラクティブゲーム部門」、「ゲストグラフィックゲーム部門」にノミネートされたタイトルから選出された。

今回は、これらの各部門の大賞を受賞したアプリと、2016年ベストアプリ、2016年ベストゲームをGoogle Playのリンク付きで紹介していく。各部門で大賞を受賞した気になるタイトルを体験してみて欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。