S-MAX

HTCU11

HTC NIPPON、握って操作するAI搭載の最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の体験会を開催!国内ではauとSoftBankから発売予定【レポート】


握って操作が可能な美しい最新スマホ「HTC U11」を一足先に体験!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONは24日、都内にてメディア向けの製品体験会を開催し、日本でも発売予定のHTCのフラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」をお披露目しました。

HTC U11は5月16日に台湾にて発表され、日本国内でもすでにブロガーなどのファン向けに「HTC サポーター キックオフイベント」にて初お披露目されていましたが、改めてメディア向け体験会が実施されました。

主な仕様はフラグシップにふさわしい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶「Super LCD5」ディスプレイやSnapdragon 835プロセッサー、64GB内部ストレージ、4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、IP67等級の防水・防塵や国内向けにはおサイフケータイ(FeliCa)を搭載します。

また日本市場では今回展示された「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」のほか、「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色展開の予定で、海外向けにはこれらに加えさらにソーラーレッド(Solor Red)が販売されます。

今回はメディア向けの製品体験会で紹介されたHTC U11の特長や、タッチ&トライで体験した印象などを紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けスマホ「HTC U11 601HT」を発表!ガラスボディーでデザインを一新した最新フラッグシップ――6月下旬発売で、VR HMD「HTC LINK」も販売


SoftBankから最新スマホ「HTC U11 601HT」が発表!

ソフトバンクは25日、同社の携帯電話サービス「SoftBank」向けに今夏以降に発売する「2017年夏モデル」として新たに最新フラッシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11(型番:601HT)」(HTC製)を追加すると発表しています。

発売時期は2017年6月下旬以降を予定し、同日にHTC NIPPONから発表されたHTC U11と接続して利用するVR(拡張現実)用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HTC LINK」も2017年7月下旬以降に発売するとのこと。

SoftBank向け2017年夏モデルは5月11日に先行して「Xperia XZs(型番:602SO)」および「AQUOS R(型番:604SH)」、「AQUOS ea(型番:605SH)」、「DIGNO G(型番:601KC)」の4機種が先行して発表されていましたが、新たにHTC U11 601HTが追加されます。

HTC U11は5月16日にHTCが発表した同社の最新フラッグシップモデルで、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、本体側面を握るだけでカメラやアプリを操作できる「Edge Sense」や自由にカスタマイズできるハイレゾ対応オーディオ「HTC U Sonic」、AI学習によるレコメンド機能「Sense Companion」に対応しています。

またHTC NIPPONからも日本向けにHTC U11を投入することが発表されていましたが、今回まずはSoftBankから販売されることが明らかになりました。グローバル版では防水・防塵に対応しており、さらにSoftBank版を含む日本向けHTC U11はおサイフケータイ(FeliCa)にも対応。なお、HTC U11 601HTはXperia XZs 602SOやAQUOS R 604SHと同様に高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」に対応。

さらに他のSoftBank向けと同様に外観はグローバル版と同じとなっており、キャリアロゴはありません。また本体色はグローバル版ではアメイジング シルバーおよびブリリアント ブラック、アイス ホワイト、サファイア ブルー、ソーラーレッドの5色がありますが、SoftBankからはアメイジング シルバーおよびブリリアント ブラック、アイス ホワイトの3色が販売されます。

続きを読む

国内最速で最新フラッグシップスマホ「HTC U 11」のタッチ&トライも実施!ファンの熱い一夜となった「HTC サポーターズクラブ キックオフミーティング」を写真で紹介【レポート】


HTC NIPPONが最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の国内最速お披露目会をファン向けに開催!

HTC NIPPONは18日、都内にてブロガーなどから“HTCファン”が募集されて行われたイベント「HTC サポーターズクラブ キックオフミーティング」を開催しました。

HTC サポーターズクラブは今年4月末より新たに開始されたプログラムで、その発足を祝したイベントとして行われ、合わせて5月16日に台湾で行われたプレス向けイベントで発表されたHTCの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」の国内最速お披露目会となりました。

そのため、HTC U11が実際にタッチ&トライできるということもあり、集まった21名のHTCサポーターのテンションはかなり高く、最終的にはイベント終了時刻を大幅に押すほどの盛り上がりをみせました。今回はイベントの様子やHTC U11を触ってみた印象などを写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

HTCの最新フラッグシップスマホ「HTC U11」はauとソフトバンクから発売へ!日本向けの「HTV33」と「601HT」がFCCを通過


最新フラッグシップスマホ「HTC U11」はauとソフトバンクから!

米連邦通信委員会(FCC)は19日(現地時間)、HTCから発表されている同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」と見られるau向け「HTV33」(FCC ID「NM8HTV33」)およびソフトバンク向け「601HT」(FCC ID「NM8601HT」)が通過したことを公開しています。

HTC U11はHTC NIPPONから日本向けにも販売することが発表されていましたが、どういった形で投入されるかは明らかにされていませんでした。ここ最近のHTCのフラッグシップスマホはauから販売されているので恐らくauからだと思われていましたが、au向け「HTC U11 HTV33」に加えてソフトバンクからも「HTC U11 601HT」として販売されることになりそうです。

なお、ソフトバンクから販売される分については携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile(ワイモバイル)」のどちらから、または両方から投入されるかはわかりません。すでにSoftBank向け「2017年夏モデル」は4機種発表されているため、これらに追加されるのか、ワイモバイル向けとして別途発表されるものと見られます。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「HTC U11」が発表!握るだけで操作できる「Edge Sense」やAmazon Alexaなどに対応し、日本でも発売へ向けてHTC NIPPONからもリリース


HTCが最新フラッグシップスマホ「HTC U11」を発表!

HTCは16日(現地時間)、本社のある台湾にてプレス向け発表会を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」を発表しています。また同日、HTC NIPPONからもHTC U11を日本でも販売することが発表されています。

HTC U11は約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドモデルで、新たに本体側面を握るだけでカメラやアプリを操作できる「Edge Sense」や自由にカスタマイズできるハイレゾ対応オーディオ「HTC U Sonic」、AI学習によるレコメンド機能「Sense Companion」に加え、「Google Assistant」や「Amazon Alexa」にも対応しています。

海外向けにはアイスホワイト(Ice White)およびアメイジング シルバー(Amazing Silver)、サファイア ブルー(Sapphire Blue)、ブリリアント ブラック(Brilliant Black)、ソーラーレッド(Solor Red)の5色が用意されていますが、日本ではソーラーレッドを除く4色が販売されるとのこと。

なお、日本ではどういった経路で販売されるかは明記されていませんが、日本向けはおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しており、例年通りであればauから「HTC U11 HTV33」として販売されそうです。日本向けでは音声アシスタントがGoogle Assistantとなっているとのことですが、Amazon Alexaについても日本語に対応した時点で日本向けでも利用できるようになるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。