S-MAX

Moto

モトローラ、SIMフリースマホ「moto g7」と「moto g7 plus」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「moto g7」と「moto g7 plus」がAndroid 10に!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityが日本向けのSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g7(型番:XT1962-5)」および「moto g7 plus(型番:XT1965-3)」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始しています。

現時点でモトローラ・モビリティ・ジャパンからの正式な案内はありませんが、公式Twitterアカウント( @MotorolaJP )にて「Android 10のアップデート配信を順次開始しております」と投稿しており、製品名は明記されていませんが、他の利用者の投稿を見る限りはmoto 7およびmoto g7 plusへの配信が開始されているようです。

なお、moto g7 plusについては今年3月頃より配信されているケースもあるようで、@MotorolaJPでは3月26日時点で「moto g7 plus以外の機種のAndroid 10へのアップデートに関しましては最新情報が入り次第、Twitterでお知らせさせていただきます」と案内していました。

ただし、これまでは配信の通知はあるものの、更新ができないといったこともあるようでした。更新後のビルド番号はmoto g7では「QPU30.52-16-2」、moto g7 plusでは「QPU30.41-21」とのこと。その他、同社ではAndroid 10の新機能として「取扱説明書(PDF)」にて以下のような内容を案内しています。

1)音量の制御:画面を表示したまま音量を調整します。
2)ナビゲーション:新しいジェスチャーでアプリと画面の切り替えがさらに簡単になりました。
3)システムワイドダークモード:目(と電池)を休めることができます。
4)通知機能の改善:自動で整理が行われるようにし、集中の妨げが最小限に抑えられるようにしました。
5)QR コードによる簡単な Wi-Fi 接続:パスワードを入力する代わりに QR コードをスキャンして、新しい Wi-Fi ネットワークに接続できるようになりま
した。
6)セキュリティ機能強化:プライバシー、場所、プロジェクトメインラインにて実施されています。
7)その他の改良点
 ・アプリ情報ページ
 ・Bluetooth
 ・ディスプレイ設定
 ・電源ボタンメニュー
 ・共有オプション


続きを読む

モトローラのより低価格な大容量5000mAhバッテリー搭載スタミナスマホ「moto g8 power lite」が日本で発売へ!「XT2055」が技適通過


より低価格なスタミナスマホ「moto g8 power lite XT2055」が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo傘下のMotorola Mobilityが「XT2055-5」(認証番号:018-200126)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年5月8日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

XT2055はすでに海外にて発表されている大容量5000mAhバッテリーを搭載した「moto g8 power lite」であることがわかっており、日本でもすでに「moto g8」ファミリーとして「moto g8 power」も販売されていますが、さらにより低価格なmoto g8 power liteも投入されることになりそうです。

続きを読む

モトローラ、SIMフリースマホの緊急速報メール・エリアメールの対応状況を案内!moto g7 powerなどの一部機種はau回線では非対応に


モトローラスマホの緊急速報メール・エリアメールの対応状況!一部製品はau回線で非対応

モトローラ・モビリティ・ジャパンは21日、同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)における「緊急速報メール」(NTTドコモ向け「エリアメール」を含む)の対応状況を案内しています。

同社では「moto g7 power」や「Moto Z2 Play」、「Moto Z」、「Moto Z Play」、「Moto G5」、「Moto G5 Plus」、「Moto G4 Plus」といった一部機種においてau回線において緊急速報メールに非対応であることが示されています。

続きを読む

モトローラの大容量5000mAhバッテリー搭載のSIMフリースマホ「moto g8 power」をファーストインプレッション!外観などを紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「moto g8 power」を外観や基本機能をチェック!32,800円で5月4日に発売

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンが新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g8(モデル名:XT2019-1)」および「moto g8 power(モデル名:XT2045-6)」(ともにMotorola Mobility製)を2020年5月4日(月)より順次発売します。価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格でmoto g8が25,800円、moto g8 powerが32,800円。

すでに先行して発売されている「moto g」シリーズの第8世代「moto g8」ファミリーの上位モデル「moto g8 plus」が希望小売価格38,800円となっており、チップセット(SoC)や内蔵メモリー(RAM)、内蔵ストレージといった基本仕様は同じながら画面やカメラ、バッテリー容量が異なるラインナップとなっています。

今回は5000mAhの大容量バッテリーを搭載したmoto g8 powerをモトローラ・モビリティ・ジャパンにお借りしましたので、外観や設定、プリインストールアプリなどの基本機能を中心に紹介したいと思います。なお、公式Webショップ「モトローラ公式オンラインストア」ではmicroSDXCカード128GBが付いてくるとのこと。

続きを読む

モトローラの約2.6万円のSIMフリースマホ「moto g8」をファーストインプレッション!外観や基本機能を紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「moto g8」を外観や基本機能をチェック!25,800円で5月4日に発売

既報通り、モトローラ・モビリティ・ジャパンが新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「moto g8(モデル名:XT2045-6)」および「moto g8 power(モデル名:XT2041-3)」(ともにMotorola Mobility製)を2020年5月4日(月)より順次発売します。価格(金額はすべて税込)はオープンながら希望小売価格でmoto g8が25,800円、moto g8 powerが32,800円。

すでに先行して発売されている「moto g」シリーズの第8世代「moto g8」ファミリーの上位モデル「moto g8 plus」が希望小売価格38,800円となっており、チップセット(SoC)や内蔵メモリー(RAM)、内蔵ストレージといった基本仕様は同じながら画面やカメラ、バッテリー容量が異なるラインナップとなっています。

そこで今回は最も安いmoto g8をモトローラ・モビリティ・ジャパンにお借りしましたので、外観や設定、プリインストールアプリなどの基本機能を中心に紹介したいと思います。なお、公式Webショップ「モトローラ公式オンラインストア」ではmicroSDXCカード128GBが付いてくるとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。