S-MAX

OPPO

巻取り式フレキシブルディスプレイをスライドさせて伸縮できる画面を搭載したコンセプトスマホ「OPPO X 2021」が発表!6.7〜7.4インチに可変


OPPO INNO DAY 2020がオンラインで開催!OPPO X 2021やOPPO AR Glass 2021などが発表

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は17日(現地時間)、オンラインにて未来への飛躍」のテーマの下で中国・深圳市にて発表会「OPPO INNO DAY 2020」を開催し、伸縮ディスプレイ搭載のコンセプトスマートフォン(スマホ)「OPPO X 2021」やARグラス「OPPO AR Glass 2021」および「OPPO CybeReal ARアプリケーション」を発表しています。

またOPPOではインターネット体験を背景に「テクノロジーをすべての人々へ、優しさを世界へ」と「美徳の革新」をスローガンに掲げて「3+N+X」という技術開発戦略を発表し、発表会に登壇した同社の創設者兼CEOであるTony Chen氏はこの考えを通じて「気高い革新」を追い求め、より優れた製品を生み出すことを決意したと説明しました。

このうちの「3」はOPPOが世界中の利用者に統合されたスマートライフをもたらす基盤となるテクノロジー、つまりハードウェアとソフトウェア、サービスを指し、「N」はセキュリティーとプライバシー、AI、マルチメディア、相互接続性などといったOPPOの重要な機能の数を表すとのこと。

最後にX」は時代の先進を牽引し、類をみないテクノロジーユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させる急速充電技術などの最先端の差別化された同社の技術と戦略的資産を意味しています。同じく発表会に登壇した同社副社長 兼 OPPO研究所長のLevin Liu氏は「個々の技術は重要ですが、それらを統合することはさらに重要です。」と説明しています。

なお、OPPO INNODAYは2年連続で開催され、Tony Chen氏は「OPPOは人の生活に寄り添った革新を通じて人に優しい世界を作りたいと望んでいる」ことを強調し、技術革新と人間味を統合してパーソナライズされた価値を提供していくとし、今後も人と世界が近づき、技術の力で人々を幸せにする未来のためにパートナーなどと協力していくということです。

続きを読む

SIMフリースマホ「OPPO A73」が発表!11月20日より順次発売、11月10日15時予約開始、価格は3万800円。6.44型FHD+有機ELやS662、eSIMなど


SIMフリースマホ「OPPO A73 CPH2099」が日本で11月20日より順次発売!価格は約3万円

オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は10日、新たな4G対応のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A73(型番:CPH2099)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本市場にて発売すると発表しています。発売日は2020年11月20日(金)以降順次となっており、本日11月10日(火)15時より予約受付を実施します。

価格はオープンながら希望小売価格およびOPPO公式楽天市場店・公式PayPayモール店では30,800円(税込)となっており、販路は量販店・ECサイトではエディオンや上新電機、ノジマ、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WonderGOO、Amazon.co.jp、ひかりTVショッピングで販売されます。

また仮想移動体通信事業者(MVNO)ではIIJmioやイオンモバイル、エキサイトモバイル、X-mobile、QTmobile、goo Simseller、NifMo、BIGLOBEモバイル、Fiimo、LINEモバイル、LinksMateが取り扱うとのことで、MVNOにおける価格は各社から別途案内がある予定です。

さらに移動体通信事業者(MNO)では「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )が取り扱いを発表しており、オンラインでは2020年12月1日(火)午前9時より販売開始し、全国の楽天モバイルショップ店舗でも12月1日の開店時に発売されます。なお、楽天モバイルにおける価格は現時点では未定だということです。

続きを読む

楽天モバイルがAndroid 11へのOSバージョンアップ予定機種からSIMフリースマホ「OPPO A5 2020」を削除!メーカーからの情報修正で


楽天モバイルがOPPO A5 2020をAndroid 11へのOSバージョンアップ予定機種から削除!

既報通り、楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )にて販売している製品において最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

当初(2020年10月16日時点)は9機種のスマートフォン(スマホ)に対してAndroid 11へのOSバージョンアップを提供する予定であるとしていましたが、提供製品一覧を2020年10月20日時点に更新し、9機種のうちの「OPPO A5 2020(型番:CPH1943)」を削除したと案内しています。

同社ではOPPO A5 2020の納入元であるOPPO Mobile Telecommunicationsの日本法人となるオウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)からの情報修正によってOPPO A5 2020をバージョンアップ予定機種から削除したとしています。なお、その他の製品については提供開始時期や実施方法などの詳細は公式Webサイト内の「製品アップデート」ページにて順次お知らせするとしています。

続きを読む

オッポジャパンが「オウガ・ジャパン」に社名を変更!事業規模を拡大のため。OPPOブランドは継続もOnePlusやrealmeの製品投入を期待


OPPOの日本法人の社名がオウガ・ジャパンに変更!OnePlusやrealmeを展開か

オウガ・ジャパンは9日、さらなる発展を期すために社名を「オッポジャパン株式会社(英字表記:OPPO Japan)」から「オウガ・ジャパン株式会社(英字表記:Oga Japan)」に2020年10月8日(木)に変更したと発表しています。

同社では社名変更の理由として「2021年以降より事業規模を拡大するため」としているものの、具体的には現時点でどういった事業拡大を行うかは回答を控えるとのこと。また日本で「OPPO」ブランドは継続していくという。

新しい社名の由来として日本語の「謳歌」として「幸せを喜び合う」や「存分に楽しんでいる様子をあらわす」という意味を持つため、こうした意味とともに「一度聞けば耳に残る社名」だと説明しています。

続きを読む

5000mAhバッテリーやSnapdragon 460を搭載したエントリースマホ「OPPO A53」が発表!すでに「CPH2099」が技適取得済みで日本で発売へ


5000mAhバッテリー搭載のエントリースマホ「OPPO A53」が日本で発売へ!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が約6.5インチHD+(720×1600ドット)液晶(約269ppi)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 460」、大容量5000mAhバッテリーなどを搭載したエントリースマートフォン(スマホ)「OPPO A53」を発表しています。

インドなどのさまざまな国・地域で販売され、価格はインドでは4GB内蔵メモリー(RAM)および64GB内蔵ストレージモデルが12,990インドルピー(約19,000円)、6GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージモデルが15,490インドルピー(約22,000円)となっています。

またBluetooth認証機関のBluetooth SIGは1日(現地時間)、OPPO製「CPH2099」および「CPH2095」、「CPH2135」、「CPH2127」が認証通過したとして情報を公開しています。Declaration ID:D050889)。このうちのCPH2127はOPPO A53であることが判明しています。

一方、CPH2099はすでに紹介しているように日本向けの認証(いわゆる「技適」)をTeleficationを通じて2020年7月24日付で取得しているため、OPPO A53(またはそれに相当する製品)が日本で発売されることになりそうです。昨年に日本でSIMフリーモデルとして発売された「OPPO A5 2020」の後継機種となると見られます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。