S-MAX

OPPO

アジア1位&世界4位のスマホメーカー「OPPO」がついに日本市場参入!フラッグシップとなるカメラフォンの新製品「R11s」をお披露目した発表会を紹介【レポート】


アジア圏を中心に躍進中のOPPOがついに日本市場に進出!

既報通り、中国・広東省に本社を置くOPPO(アルファベット表記「Guangdong OPPO Mobile Telecommunications」、漢字表記「広東欧珀移動通信」)の日本法人であるOPPO Japanは1月31日に都内にて「OPPO Japan 日本市場参入記者発表会」を開催し、正式に日本のスマートフォン(スマホ)市場に参入すると発表しました。

発表会では、日本市場投入第1弾製品として同社のフラグシップモデル「OPPO R11s」を2月9日(金)に発売するとし、当面の販売拠点はヨドバシカメラおよびビックカメラグループのみとなる予定。またすでに2月3日より予約販売が開始されており、それぞれ価格は税抜57,980円(税込62,618円)の1%ポイント還元となっています。

今回はそんなOPPOの日本参入発表会におけるプレゼンテーションにて語られたこれまでのOPPOと現在の海外での実績、そして日本参入第1弾となるOPPO R11sの製品内容について紹介したいと思います。

続きを読む

OPPOの日本参入第1弾はやっぱり“カメラフォン”!オッポジャパンが2月9日に発売するSIMフリースマホ「R11s」を写真と動画で紹介【レポート】


オッポのカメラフォン「OPPO R11s」が日本上陸!

既報通り、OPPO Japanは1月31日に東京・表参道ヒルズにて「OPPO Japan 日本市場参入記者発表会」を開催し、同社初の日本市場向け製品としてSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R11s」を2018年2月9日(金)に発売すると発表した。

すでに2月3日より予約販売が開始されており、販売拠点はビックカメラおよびヨドバシカメラで、それぞれ価格は税抜57,980円(税込62,618円)の1%ポイント還元となっている。

OPPO(アルファベット表記「Guangdong OPPO Mobile Telecommunications」、漢字表記「広東欧珀移動通信」)は販売台数シェアでグローバル市場で4位、アジア市場で4位となった最も勢いのある中国メーカーの1つで、OPPO R11sはそんな同社のフラッグシップモデルだ。

製品としては流行りのアスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”で、中核モデルとしてQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 660」や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージなどといったミッドハイレンジクラスとなっている。

防水やFeliCaなどの日本でニーズの高い機能には対応しないが、中国を中心に人気の理由となっているカメラ機能については背面に約2000万画素+約1600万画素センサーのデュアルレンズカメラ、そして前面にも約2000万画素センサーを搭載し、自撮り(セルフィー)機能も充実している。

そんな同社が注目の日本市場第1弾製品としてフラッグシップのOPPO R11sを持ってきたわけだが、一般には「オッポ」という名前も見聞きしたことがないという人も多い日本でどう評価されるのかは注目したいところだ。

今回は発表会におけるタッチ&トライコーナーでOPPO R11sの実機に触れることができたので、まずは製品の外観や特徴、そして発表会の様子を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

いよいよOPPOが日本市場参入!オッポジャパンがフラッグシップスマホ「R11s」をSIMフリーで2月9日に発売!価格は6万2618円で、2月3日より予約開始


SIMフリースマホ「OPPO R11s」が2月9日に発売!オッポカメラフォンが日本参入

OPPO JAPANは31日、都内にて「OPPO Japan 日本市場参入記者発表会」を開催し、世界4位のシェアとなった中国のスマートフォン(スマホ)メーカーであるOPPO(アルファベット表記「Guangdong OPPO Mobile Telecommunications」、漢字表記「広東欧珀移動通信」)の日本市場参入について説明を行いました。

また事前に発表していたようにまずはOPPOのフラッグシップスマホ「OPPO R11s」を日本のSIMフリー市場に2018年2月9日(金)に発売し、発売に先立って2月3日(土)0時より予約受付も実施します。

価格はオープンながら市場予想価格が57,980円(税別)で、販路はヨドバシカメラおよびビックカメラグループとなっており、今後順次拡大予定だとしています。また開発拠点を横浜にも設置しており、本格的に日本市場に取り組むことが明らかにされました。

続きを読む

OPPOが日本参入を発表!まずはOPPO Japanから6インチ縦長画面やデュアルレンズカメラを搭載したSIMフリースマホ「R11s」が投入、1月31日に発表会を開催


OPPO JapanがSIMフリースマホ「R11s」を発売へ!

OPPO Japanは22日、中国メーカー「OPPO(オッポ)」が日本市場に参入すると発表し、すでに一部報道があったように2018年1月31日(水)に発表会を開催すると案内しています。

また合わせて日本市場にOPPOの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO R11s」をSIMフリーとして販売するとのこと。価格や発売日などの詳細については1月31日に明らかにするということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:格安スマホ市場に「選択の自由」を。端末性能や市場の変化から2018年のSIMフリースマホの動向を占う【コラム】


2018年の格安スマホ市場の動向を占う!

新年明けましておめでとうございます。昨年は取材活動へ本格復帰したり本連載の開始を機会にハンドルネーム表記をやめるなど個人的に大きな動きのあった年ですが、今年は「VISION」を抱負に日本や世界の最先端を追いかけ続けさまざまに夢想していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、そんな個人的夢想の1つにあるのが比較的安価なSIMフリーのスマートフォン(スマホ)、いわゆる「格安スマホ」の話題です。格安とは言っても最近では3万円台や4万円台が主流となってきているので絶対的なお値段としては格安ではないのですが、性能面でのコストパフォーマンスの高さが勝負の世界になりつつあります。

昨年末にも中国の大手ベンダー、OPPO(オッポ)が2018年より日本へ参入するという話題が駆け巡りました。すでにASUSやZTE、HTC、ファーウェイといった中国・台湾系ベンダーに加え、日本からもシャープや富士通、京セラといった大手ベンダーが攻勢をかけ熾烈なシェア争いとなっている格安スマホ市場は、今後どのような展開を見せるのでしょうか。また、こういった格安スマホ市場の活況の裏にはどのような市場変化があるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は格安スマホの現状や消費者ニーズの変化、そしてハイエンドスマホの動向なども読み解きながら2018年の格安スマホ市場を占います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。