S-MAX

OPPO

オッポジャパンが画面内指紋センサー搭載スマホ「OPPO R17lite」を日本市場で発売へ!年内にさらなる新機種も投入示唆。上位モデル含めてOPPO R17シリーズとして発表か


OPPO Japanが年内にさらに複数機種を投入へ!画面内指紋センサー搭載スマホが技適通過

既報通り、オッポジャパンは19日、都内にて「OPPO Japan Find X記者発表会」を開催し、スライド式カメラを搭載した全画面デザインの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しました。

同社はこれまで今年8月に開催した「OPPO R15 Pro(型番:CPH1833)」および「OPPO R15 Neo(型番:CPH1851)」の発表会において「日本市場において年内に少なくとも2機種を投入する計画」であることを明らかにしていましたが、その1機種がOPPO Find Xになりました。

一方で10月19日に発表会ではさらに「年内に後1機種だけではないかもしれない」とし、少なくとも2機種としていた残りの1機種に加えて、さらに年内に追加投入できる可能性が高まったことを示唆しました。

そうした中で総務省が公開する「技術基準適合証明等を受けた機器」においてオッポジャパンが日本では未発表の「CPH1893」を電波法に基づく工事設計認証(018-180317)に通していることが判明しており、この製品がOPPO Find Xと同時期の9月11日に通過していることから日本で発売される可能性が高くなっています。

CPH1893は海外では「OPPO K1」や「OPPO R15x」として展開している製品と同等であり、Bluetoothの認証機関であるBluetooth SIGでは「OPPO R17lite」として登録(Declaration ID:D041486)されています。

仮に日本ではOPPO R17liteとして発売されるのであれば、同時に「OPPO R17」や「OPPO R17 Pro」といった上位モデルも一緒に発表されそうで、それが年内にさらに追加される機種と予想することもでき、海外ではアジア1位、世界でも4位まで上り詰めた勢いを日本でも少なくとも製品投入ペースでは見せつけるのかもしれません。

続きを読む

オッポジャパンが最新フラッグシップスマホ「OPPO Find X」を11月上旬に発売!SIMフリーで価格は約12万円。スライド式カメラ搭載の全画面デザインモデル


OPPOが高性能なSIMフリースマホ「Find X」を日本で11月上旬発売!

オッポジャパンは19日、アスペクト比9:19.5の縦長な約6.4インチフルHD+(1080×2340ドット)有機EL(AMOLED)ディスプレイを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X(型番:CPH1875)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を日本市場にて2018年11月上旬以降より順次発売すると発表しています。

市場想定価格は111,880円(すべて税別)で、販路はビックカメラグループおよびヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ノジマの家電量販店、IIJmioおよび楽天モバイルの仮想移動体通信事業者(MVNO)、Amazon.co.jpなどのECサイトで順次販売されます。

このうちの楽天モバイルでは10月19日16時からオンラインにてSIMカードとのセット販売および機種変更の受付を開始し、通常価格99,880円のところ8,000円割引の91,880円になる「Find X発売記念キャンペーン」を実施しています(オンラインによる機種変更のみ通常価格89,892円)。

さらに楽天モバイルではオンラインで新規契約した場合に「FCバルセロナ」とコラボレーションしたOPPOオリジナルリュック(非売品)も先着100人にプレゼントするとのこと。なお、楽天モバイルでは分割払いも利用可能。キャンペーン期間はオンラインでは12月20日(木)9:59まで、店舗では12月19日(水)閉店まで。

続きを読む

スライド式カメラ搭載のプレミアムスマホ「OPPO FInd X」が日本発売決定!オッポジャパンが10月19日に製品発表会開催を予告


最新プレミアムスマホ「OPPO Find X」が日本発売決定!10月19日に発表へ

オッポジャパンは4日、同社の公式Twitterアカウント( @OPPOJapan )において最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X」の日本発売が決定したことを案内しています。

同社では今年2月に「OPPO R11s」で日本参入し、続く8〜9月には「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」を発売し、さらに「年内に少なくとも2機種を投入予定」であることを明らかにしていました。

その中にOPPO Find Xがあることがほのめかされていましたが、早くもOPPO Find Xの日本発売が正式に決定。また合わせて2018年10月19日(金)11時より製品発表会を開催するとのことです。

OPPO R15 Proは日本市場に合わせて防水やおサイフケータイ(FeliCa)に対応しましたし、OPPO Find Xもスライド式カメラの仕組み的に防水への対応は難しいという見解を示していましたが、おサイフケータイの対応は期待したいところです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホの次のトレンドは有機EL?モバイルデバイスにおけるディスプレイ表現力の新たな次元を開くOLED技術について考える【コラム】


ポスト・液晶ディスプレイの筆頭技術「OLED」について考えてみた!

既報通り、ソニーは8月30日(現地時間)にドイツ・ベルリンにて開催されてた家電見本市「IFA 2018」にて新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニー・モバイルコミュニケーションズ製)を発表しました。本機ではディスプレイ素材として「Xperia」シリーズ初となる有機EL(OLED)が採用され、ようやく分かりやすい形でモダンなスペックになってきたと感じている方もいらっしゃるかと思います。

ディスプレイ素材にOLEDを採用するスマホは既に他社から多数発売されており、有名なところではサムスン電子の「Galaxy」シリーズがあります。同シリーズにおける日本向けの製品としては2010年にNTTドコモより発売された「Galaxy S」以来脈々とOLEDを採用した製品を販売し続けており、スマホにおけるOLED採用の先駆者的位置付けとも言えます。

またアップルが「iPhone X」でOLEDを採用したことも大きな話題となりました。ホームボタンも排した「全画面」デザインとともにその発色の美しさが話題を呼び、同端末の高級感を一層引き立てたことは間違いありません。

このようにスマホベンダー各社が高級モデルへOLEDを採用する理由は一体どこにあるのでしょうか。またOLEDとはどのような特性を持ったディスプレイ素材なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はOLED技術やその歴史について解説します。

続きを読む

OPPO Japan、秋葉原・梅田のヨドバシカメラにて最新スマホ「R15 Neo」と「R15 Pro」のタッチ&トライイベントを開催!日本発売計画のあるフラグシップスマホ「Find X」も展示【レポート】


オッポジャパンがタッチ&トライイベントを開催!“カメラフォン”ことOPPOスマホを体感しよう

既報通り、オッポジャパン(以下、OPPO Japan)が2018年8月31日(金)から9月2日(日)までの3日間に渡って最新のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R15 Pro」および「OPPO R15 Neo」(OPPO Mobile Telecommunications製)のタッチ&トライイベントを東京秋葉原の「ヨドバシカメラマルチメディアAkiba」と大阪梅田の「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」にて開催しています。

両機種は日本市場向けに発表され、発売時期と価格(税別)はOPPO R15 Proが2018年9月中旬および69,800円、OPPO R15 Neoの4内蔵メモリー(RAM)のモデルが2018年8月31日(金)および29,880円、3GB RAMモデルが2018年9月7日(金)および25,880円となっています。

今回のイベントはちょうどOPPO R15 Neoの4GB RAMモデルの発売に合わせて実施され、販売開始されたOPPO R15Neoのほか、まだ発売前の上位モデルであるOPPO R15 Proを実際に触って確かめることが可能となっています。

またまだ正式発表はされていないものの、8月22日に行われた発表会にて日本での販売に含みを持たせていたフロントカメラをスライド式で収納することでさらなる“全画面デザイン”を実現した同社の約4年ぶりとなる最新プレミアムスマホ「OPPO Find X」も国内初として展示されています。

そこで今回は、さっそくイベントが実施されている店舗の1つであるヨドバシカメラマルチメディアAkibaの会場へ行ってまいりました。本記事では会場にて行われていたキャンペーンのほか、国内向けにはまだ正式なアナウンスのないOPPO Find Xのレポートなど、要チェックな見どころがたくさんあった会場の様子を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。