S-MAX

OPPO

次期フラッグシップスマホ「OPPO R15」および「OPPO R15 梦鏡版」を発表!ノッチのある縦長6.28インチFHD+有機EL搭載の全画面デザイン採用。まずは中国で4月1日発売


最新フラッグシップスマホ「OPPO R15」シリーズが発表!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は19日(現地時間)、同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)として画面上部に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある約6.28インチFHD+(1080×2280ドット)有機EL(OLED)ディスプレイ(約401ppi)を搭載した“ほぼ全画面デザイン”の「OPPO R15(型番:PACM00)」とその上位版「OPPO R15 梦鏡版(型番:PAAM00)」を発表しています。

同社では中国時間(CST)の4月1日(日)0時から販売開始され、CSTの3月31日(土)20時30分から発表会をライブ中継するとのこと。価格は中国ではOPPO R15が2,999人民元(約50,000円)、OPPO R15 梦鏡版の梦鏡紅が3,299人民元(約55,000円)、OPPO R15 梦鏡版の陶瓷黒が3,499人民元(約59,000円)。

なお、OPPOは今年2月に日本市場に参入し、OPPO R15シリーズの前のフラッグシップとなる「OPPO R11s」を発売していますが、現時点でOPPO R15シリーズが日本で販売されるかどうかは明らかにされていません。

続きを読む

オッポジャパン、デュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「OPPO R11s」を無料で2週間レンタルできる「体感キャンペーン」実施!すでに募集中で3回に分けて合計70人


SIMフリースマホ「OPPO R11s」が無料で借りられるキャンペーンがスタート!

オッポジャパンは6日、今年2月9日に発売した日本初製品のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R11s」を無料で2週間レンタルできる「OPPO R11s 体験キャンペーン」( https://www.oppo.com/jp/events/r11s-taikan-cp/ )を実施するとお知らせしています。

キャンペーンは同社のTwitterアカウント( @OPPOJapan )もしくはInstagramアカウント( oppojapan )をフォローした上で、上記キャンペーンページの「キャンペーンに応募」から応募規約に同意して申し込みフォームに必要事項を入力して申し込みます。

レンタルは3回に分けて合計70人に貸し出され、応募期間および貸出期間は第1回目が3月6日(火)〜3月10日(土)および3月15日(木)~3月29日(木)、題2回目が3月19日(月)~3月23日(金)および3月29日(木)~4月12日(木)、題3回目が4月2日(月)~4月6日(金)および4月12日(木)~4月26日(木)となっています。

続きを読む

オッポが次期フラッグシップスマホ「OPPO R15」シリーズのティザー画像を公開!ノッチのある縦長な全画面デザイン採用。近く正式発表、日本でも投入か


次期フラッグシップスマホ「OPPO R15」シリーズもノッチ採用に!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は2日(現地時間)、同社の公式微博(weibo)アカウント( @oppo )において次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「OPPO R15」シリーズのティザー画像を公開してキャッチコピー「#OPPO超视野全面屏R15#​​​​」として展開しています。

OPPO R15およびOPPO R15梦鏡版の2モデルがあることが明らかにされており、公開された画像では画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用していることが判明しています。

また公式Webサイトでも特設ティザーページ( https://hd.oppo.com/2018/R15/index.html )を公開し、AIによるカメラ機能の進化を示唆しており、3月5日(月)より順次情報を公開していくとのこと。日本での販売は不明ですが、OPPO JAPANではしっかりとした製品でブランドを確立することをめざしており、同社のフラッグシップが投入される可能性はそれなりに高そうです。

続きを読む

アジア1位&世界4位のスマホメーカー「OPPO」がついに日本市場参入!フラッグシップとなるカメラフォンの新製品「R11s」をお披露目した発表会を紹介【レポート】


アジア圏を中心に躍進中のOPPOがついに日本市場に進出!

既報通り、中国・広東省に本社を置くOPPO(アルファベット表記「Guangdong OPPO Mobile Telecommunications」、漢字表記「広東欧珀移動通信」)の日本法人であるOPPO Japanは1月31日に都内にて「OPPO Japan 日本市場参入記者発表会」を開催し、正式に日本のスマートフォン(スマホ)市場に参入すると発表しました。

発表会では、日本市場投入第1弾製品として同社のフラグシップモデル「OPPO R11s」を2月9日(金)に発売するとし、当面の販売拠点はヨドバシカメラおよびビックカメラグループのみとなる予定。またすでに2月3日より予約販売が開始されており、それぞれ価格は税抜57,980円(税込62,618円)の1%ポイント還元となっています。

今回はそんなOPPOの日本参入発表会におけるプレゼンテーションにて語られたこれまでのOPPOと現在の海外での実績、そして日本参入第1弾となるOPPO R11sの製品内容について紹介したいと思います。

続きを読む

OPPOの日本参入第1弾はやっぱり“カメラフォン”!オッポジャパンが2月9日に発売するSIMフリースマホ「R11s」を写真と動画で紹介【レポート】


オッポのカメラフォン「OPPO R11s」が日本上陸!

既報通り、OPPO Japanは1月31日に東京・表参道ヒルズにて「OPPO Japan 日本市場参入記者発表会」を開催し、同社初の日本市場向け製品としてSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO R11s」を2018年2月9日(金)に発売すると発表した。

すでに2月3日より予約販売が開始されており、販売拠点はビックカメラおよびヨドバシカメラで、それぞれ価格は税抜57,980円(税込62,618円)の1%ポイント還元となっている。

OPPO(アルファベット表記「Guangdong OPPO Mobile Telecommunications」、漢字表記「広東欧珀移動通信」)は販売台数シェアでグローバル市場で4位、アジア市場で4位となった最も勢いのある中国メーカーの1つで、OPPO R11sはそんな同社のフラッグシップモデルだ。

製品としては流行りのアスペクト比9:18の縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”で、中核モデルとしてQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 660」や4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージなどといったミッドハイレンジクラスとなっている。

防水やFeliCaなどの日本でニーズの高い機能には対応しないが、中国を中心に人気の理由となっているカメラ機能については背面に約2000万画素+約1600万画素センサーのデュアルレンズカメラ、そして前面にも約2000万画素センサーを搭載し、自撮り(セルフィー)機能も充実している。

そんな同社が注目の日本市場第1弾製品としてフラッグシップのOPPO R11sを持ってきたわけだが、一般には「オッポ」という名前も見聞きしたことがないという人も多い日本でどう評価されるのかは注目したいところだ。

今回は発表会におけるタッチ&トライコーナーでOPPO R11sの実機に触れることができたので、まずは製品の外観や特徴、そして発表会の様子を写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。