S-MAX

SMS

Google、SMS・MMSクライアントアプリ「Android メッセージ」をアップデートして通知エリアで既読にできるように!地味ながらバッジが気になる人はありがたい!?


Androidメッセージアプリがアップデート!通知欄からSMSを既読できるように

Googleは2日(現地時間)、Android向けのSMS&MMSクライアントアプリ「Androidメッセージ」をVersion 2.3.270にアップデートし、次期プラットフォーム「Android O(Android 8.0)」をサポートするなどしています。また新たに通知エリアから届いたSMSやMMSといったメッセージを既読できるようになっています。

これはいわゆるコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」などのような相手に既読を通知する機能ではありませんが、自分自身で通知エリアにて既読とすることで、バッジの未読件数を消費できるのは地味にありがたいという人もいるのではないでしょうか。

続きを読む

Google、Gmailなどの各サービスのログイン時の2段階認証に新しい方法を追加!スマホに届くメッセージに「はい」と答えるだけでより簡単に


ゼロから始めるスマートフォン

Googleが同社のGmailなどのログイン(サインイン)が必要な各種サービスにて2段階認証プロセスにスマートフォン(スマホ)で受信したGoogleからのメッセージ(SMS)で「はい」をタップするだけの簡単な方法を追加しています。AndroidとiPhoneの両方で使えるとのこと。

2段階認証プロセスは、アカウントへのログイン時にパスワードに加えて本人を識別するコードの入力を求めることでセキュリティーをより強固にする仕組みです。

2段階目の認証にはGoogleから発行される認証コードを入力する方法が標準となっていて、この他には物理的なセキュリティーキーを使った方法も用意されていますが、これらとは別にスマホに届くGoogleからの問いかけに答えることで認証を行う方法がこの度追加されました。

続きを読む

ケイ・オプティコム、MVNOサービス「mineo」のau回線プランでiOS 9.2にしたiPhone 6・6 Plusを初期化するとSMSが利用できない事象で注意喚起!NTTドコモ回線のMVNOでは問題なし


mineoのAプランではiOS 9.2にしたiPhone 6と6 PlusでSMSが利用できない不具合が発生!

ケイ・オプティコムは9日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )においてAppleが提供開始した「iOS 9.2」での動作確認についてお知らせしています。

iOS 9.2に更新した場合にau回線を用いたAプランでは「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」では問題ないものの、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」(au版およびSIMフリー版ともに)においてSMSの利用ができない場合がある事象が確認できたとしてSMSを利用する場合はアップデートを控えるように案内しています。

一方、NTTドコモ回線のMVNOについては「IIJmio」を提供するインターネットイニシアティブ(IIJ)でもiOS 9.1と同様の動作状況だということでこれまで通りで問題ないようです。

続きを読む

au回線のMVNOによるデータ通信サービス「mineo」におけるシングルタイプで開始されたSMSオプションを試してみた!CDMA非対応のSIMフリースマホでは利用できず【レポート】


mineoのデータ通信のみの契約におけるSMSオプションを紹介!

既報通り、ケイ・オプティコムは10日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」のデータ通信のみの「シングルタイプ」契約においてショートメッセージ(SMS)を利用できる「SMSオプション」を提供開始しています。

月額利用料およびSMS受信は無料で、SMS送信には国内宛では1通3円(税抜)がかかります。なお、すでにmineoのシングルタイプを利用している人もSIMカードの変更なくオプションに申し込むだけで利用できるようになっています。

今回はやや出遅れましたが、実際にSMSオプションに申し込んで利用してみましたので、申込方法や各機種での動作確認などを紹介したいと思います。なお、音声通話にも対応した「デュアルタイプ」では従来よりSMSが利用可能です。

続きを読む

Google、SMSとMMSに対応した新しいAndroid向けメールアプリ「メッセンジャー」を配信開始!多機能になった「ハングアウト」の代わりにシンプルに使いたい人に


GoogleがAndroid向けアプリ「メッセンジャー」を提供開始!

Google(グーグル)がSMSとMMSに対応した新しいAndroid向けメール(テキストメッセージング)アプリ「メッセンジャー」を提供開始しています。

対応機種はAndroid 4.1(開発コード名:JellyBean)以降を搭載した機種ですでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてダウンロードできます。利用料は無料。

続きを読む

Apple、iPhoneからAndroidなどに乗り換えた時にSMSを受信できなくなるトラブルを解消する「iMessageの登録解除」ツールを公開


iPhoneからAndroidなどに移行してSMSが受信できない場合に!

Apple(アップル)がiPhoneからAndroidやWindows Phoneなどの他社製スマートフォン(スマホ)などに電話番号をそのままで乗り換えた場合に他のiOS搭載機器を利用している人からSMSなどのテキストメッセージを受信できなくなる事象を解消する「iMessageの登録解除」ツールを公開しています。

これはiPhoneではAppleの独自メッセージングサービス「iMessage」を使っていた場合にiMessgaeの機能をオフにせずiOS搭載機種以外に乗り換えてしまった場合に他のiOSユーザーから電話番号宛のSMSなどのテキストメッセージがiMessageとみなされてしまうためSMSなどとして受信できないという問題です。

さらに、送信側に相手が受信できていないことが通知されないため、トラブルとなるケースも出ており、今年5月にはユーザーが集団訴訟を起こし、Appleを提訴していました。

続きを読む

NTTドコモ、ショートメッセージサービス(SMS)の最大送信文字数を全角70文字から670文字に拡大!料金は送信時のみ67文字ごとに3円


NTTドコモのSMSが最大670文字まで送信可能に!

NTTドコモは30日、ショートメッセージサービス(SMS)における送信文字数を全角670文字に拡大したとお知らせしています。これまでは全角70文字まででした。

また、これに伴い利用料金についても改定し、送信時において67文字ごとに3円かかり(最初のみ70文字3円)、SMS1通当たり3〜30円がかかるようになります。なお、受信は無料で、送信時料金もFOMA料金プランの無料通信分の対象となります。

続きを読む

乗り換える?乗り換えない?携帯電話とPHSの番号ポータビリティー(MNP)が10月1日に開始


携帯電話とPHSのMNPが開始!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルの携帯電話・PHS事業者各社は25日、これまで携帯電話のみで利用できた電話番号をそのままで他社に乗り換える「番号ポータビリティー(MNP)」制度において2014年10月1日(水)より携帯電話とPHSの間でも利用できるようになるとお知らせしています。すでに提供されることが決まっていましたが、あらためて正式に案内が出ています。

また、携帯電話とPHS間のショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続も同日より開始されます。

さらに、PHSサービスを提供するワイモバイルでは圏外・電源OFFなどの通話不能時の着信を通話が可能となった後にSMSで通知する「着信お知らせ機能」の提供を同時に開始するとしています。

続きを読む

NTTコミュニケーションズ、格安SIMカードサービス「OCN モバイル ONE」にSMS対応版とマルチSIMに対応したデータシェア版を12月17日から提供開始


OCN モバイル ONEにSMS対応版とマルチSIM対応版が追加!

NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は6日、通信容量や速度の異なる5つのコースを揃えたNTTドコモのFOMA(W-CDMA)およびXi(LTE)網を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)によるモバイルデータ通信サービス「OCN モバイル ONE」において、SMS(ショートメッセージ)の送受信に対応した「SMS機能付きSIMカード」およびSIMカードを1枚単位で追加できる「データシェア型SIMカード」の提供を2013年12月17日(火)から行うと発表しています。

価格はSMS機能付きSIMカードが通常版より126円追加された1,106円、データシェア型SIMカードは通常版より1枚当たり472円を追加(SIMカード発行手数料 1,890円/枚)となっています。

また、あわせてSMS対応SIMカードへの無料交換キャンペーンやプレゼントキャンペーンなどの各種キャンペーンも展開するとのことです。

続きを読む

KDDI、au向けAndroid搭載機種でezweb.ne.jpドメインのEメールが自動受信できない事象を案内!Googleアプリ「ハングアウト」のSMS対応が影響


au向けAndroid搭載機種でEメールが自動受信できない事象を案内!

KDDIは21日、au向けのAndroid搭載スマートフォンおよびタブレットにおいてGoogleのテキストメッセージ&ビデオチャットアプリ「ハングアウト(旧:Googleトーク)」をアップデートし、新しく対応したSMS(ショートメッセージ)機能を有効にするとEメール(@ezweb.ne.jpドメイン)の自動受信ができなくなるとお知らせしています。

また、対処方法についても案内されているほか、SMS機能が有効になっていても手動で「新着問い合わせ」などからメールを受信することは可能ということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。